情報商材はアフィリエイトが始まった頃からの

人気商品でしたが

今では難しい状況になってきています。

 

1番根気のいるアフィリエイト商品と言えるでしょう。

 

【情報商材の特徴】

 

情報商材とは「こうすれば稼げる」などの稼ぐ系や

「異性からモテる方法」などの恋愛系まで

情報を商品としているものです。

 

他にも「FXで稼げるツール」なども販売されています。

 

アフィリエイトをしようと思った人や

現在している人は情報商材を1回は

購入した経験があるのではないでしょうか。

 

アフィリエイターで情報商材を知らない人は

少ないと思われます。

 

情報商材の価格はとても高いのがほとんどで

それによりアフィリエイト報酬も高額です。

 

1番の特徴として購入してみないと

中身がわからないことが上げられます。

 

そこには当然高い価格に見合わない

がっかりする中身も存在します。

 

しかしつい「簡単に稼げる方法」といった

稼ぐ系情報商材にひかれて

興味本位で購入してしまうことがあるのです。

 

【自分のブランド力】

 

情報商材の場合「この情報を手にしたら簡単に稼げる」と言っていても

販売している当の本人が稼いでいないと信用できません。

 

なので「自分はこんなに稼いでいる」という

売上が記載されている通帳画像や

ASPの管理画面で多額の報酬が発生している画像などを使って

大いにアピールしているものがたくさん出ています。

 

正直言ってこれすらも信用できません。

 

なぜならそんなに稼いでいるノウハウを

他人に教えたい広めたいと普通なら思わないはずだからです。

 

もちろん本当に良心的な使える情報商材もありますが

大々的に販売せずにこっそり行っていることでしょう。

 

情報商材は自分自身にカリスマ的なブランド力がない限り

良い悪いに関わらず販売が難しい商品です。

 

【詐欺まがい商品】

 

情報商材すべてが中身の薄い詐欺まがい商品ではありませんが

良質なものは少ないです。

 

とにかく中身の薄さに対して高額なのが問題です。

 

恋愛系商材でも古本の中身をまとめただけの内容で

5千円~1万円しているものなんてザラにあります。

 

たまに優れている情報商材もありますが

残念ながら少ないのが現実です。

 

販売者は自分が販売している商材で稼いでいるわけではなく

その商材を販売して稼いでいるのです。

 

または自分が販売している情報で過去に稼いでいたけれど

今ではそれでは稼げなくなってきたため

その情報商材を販売して儲けようと

方向転換してきたパターンが多いです。

 

つまりはその情報商材をアフィリエイトしても売るのが

難しいということです。