アフィリエイトでは、売れるのに時間がかかる商品と

瞬間的に売り上げる商品があります。

 

【時間をかけて堅実に売れる商品】

 

高額または長く使用するものは

じっくり検討してから購入する商品です。

 

爆発的な売上を記録することはありませんが

常に需要があり、安定して長く収益を上げることができます。

 

食品の宅配サービスや転職サービス

生命保険や損害保険などが代表的です。

 

こういった商品はユーザーが最低限知りたい

費用やメリット・デメリットなどの情報を

必ず載せるようにします。

 

他社の商品と比較ができる一覧表があるのも効果的です。

 

保険や金融商品は多くの企業が参入しているので

ユーザーにとってはわかりにくいものです。

 

ユーザーがわかりやすいように

自分だったらどこを知りたいのかを考えながら

比較・検討できる項目を作ると良いです。

 

検索エンジンで「保険レビュー」などと入力して

インターネットに掲載されているユーザーの体験談を参考にして

記事を書くと実際の使用例として紹介できるでしょう。

 

こうした購入に検討する商品を紹介する時に

広告主の企業がキャンペーンを行っている場合は別ですが

そうでない場合はあおるようなことを書くのはNGです。

 

【一時的な流行商品】

 

メディアに取り上げられた商品です。

 

一時的な流行が生まれることで、収益が上がります。

 

テレビの情報番組やバラエティなどで

「ダイエットに効果的」などと紹介された商品が

次の日には多くのお店で売れ切れになったという話は

聞いたことがあるでしょう。

 

こうした瞬間的に人気が出る商品をアフィリエイトする時は

記事のタイトルを「○○番組で紹介された○○(商品名)です」

とするのが良いです。

 

複合キーワードに番組名・商品名・芸能人の名前を設定すると

検索エンジンにヒットする確率が上がります。

 

もともと扱っているアフィリエイトのテーマと

関連性が薄い場合は、紹介する切り口を変えてみましょう。

 

テレビの情報番組はターゲットによって放送時間が異なります。

 

昼間や夕方は主婦向け

深夜は20代以上をターゲットにしている場合が多いです。

 

テレビの情報番組で紹介された商品をアフィリエイトする時は

その番組と同じターゲットに向けて記事を書きます。

 

情報番組やバラエティ番組はたくさんあり

ターゲットもそれぞれ違います。

 

全部扱うと時間がかかるので

特定の番組に絞り込んで取り上げられた商品を確認します。

 

その場合は視聴率の高い番組を選ぶと良いでしょう。

ユーザーのタイプ

アフィリエイターのブログに訪問してくるユーザーの

それぞれのタイプに合わせた記事の書き方を説明します。

 

【3つのユーザータイプ】

 

ユーザーが持つ性格は3タイプに分かれます。

 

①すぐに買う人

 

気に入った商品があったら

すぐに買ってしまおうとするタイプです。

 

自分で商品を撮影した写真などを

ブログの上部に配置して、特徴を記事で紹介します。

 

画面下部にはバナー広告を配置します。

 

②検討してから買う人

 

複数の商品を比べてから気に入った商品を買うタイプです。

 

2種類以上の商品を同時に紹介する必要があります。

 

③買うのに消極的な人

 

慎重過ぎて商品を買うのに消極的なタイプです。

 

このタイプのユーザーに商品を強く押すのは逆効果です。

 

自分の失敗談や悩みを記事に書いて

共感を得るようにします。

 

同じ世代の同じ職業の人で

インターネットで商品を気に入ったらすぐに買う人もいれば

色々な商品を見比べてから買う人もいるのです。

 

似た環境だからといって同じ商品を紹介しても

人によって購買意欲が異なります。

 

もしどのユーザーに狙いを定めようか迷っている時は

③の1番購入に慎重で消極的な人に向けて記事を書きます。

 

このタイプには自分の体験から商品の特徴などを

紹介していかなければならないので

他のタイプのユーザーに対しても効果的な記事になります。

 

【男女別】

 

職業や生活環境、性格の他にも

性別によってもユーザーの見方は変わります。

 

同じ商品を紹介しても男女で見ているポイントが違います。

 

男性は商品の数値や機能に注目しているのが一般的です。

 

デジタルカメラの場合、画素数や新しい機能を重視しています。

 

男性をターゲットに設定する時は

商品の紹介をできるだけ詳しく説明するようにしましょう。

 

女性は多くの場合

理想的な自分や暮らしをイメージしています。

 

デジタルカメラだと「ペットや自分がキレイに撮れるか」とか

「持ち運びやすいか」といった点に注目しています。

 

女性をターゲットに設定する時は

体験談をできるだけ詳しく説明しましょう。

 

ターゲットが男女どちらかはっきりしている場合は

背景デザインを変更してみるのも良い方法です。

 

例えば、男性なら黒や青

女性なら淡い色などを選択すると良いです。

 

ブログのデザインを決める時は

性別と年齢をセットにして考えます。

 

女性をターゲットにした時は、若い年代なら明るいピンク

それ以上の年代ならクリーム色などの背景にしましょう。

 

ブログを立ち上げたばかりで

ターゲットの性別がわからない場合は

白か扱う商品のイメージカラーにすると良いです。

 

ブログのデザインはいつでも変更できるので

色々試してみると良いでしょう。

自分の体験と趣味を記事にする

アフィリエイトの記事を書く時

誰もが詳しく説明できるほどの知識を

持っているわけではありません。

 

そういう場合は自分の体験や趣味をいかした記事を

書くと良いでしょう。

 

【体験を生かす】

 

人は人生の中で、就職・転職・結婚・引越しなど

必ず何かのイベントを経験しています。

 

特に興味のあるテーマもなく

NAVERまとめなどのテーマを探すのに役立つサービスを利用しても

取り上げたいと思う商品がない場合は

自分の体験を利用してアフィリエイトの記事を書いてみましょう。

 

結婚をした人なら、準備のコツや結婚式場の手配

新居や引越し業者の選び方などの

どのように進めていけばよいか経験しているのでわかっています。

 

こういった情報は初めて結婚する人にはとても参考になります。

 

転職や引越しなど、誰もが経験しているような出来事でも

アフィリエイトのテーマになるのです。

 

自分の体験を生かしてアフィリエイトする場合は

きちんとしたテーマが定まっていないので

ブログのカテゴリ作成機能を利用して

どの記事がどのカテゴリに分類されているのか

はっきりさせておく必要があります。

 

誰もが経験しているような出来事で良く

特別な体験をしていなくても大丈夫です。

 

【趣味を生かす】

 

「興味を引くテーマ」となると深い知識が

必要と思われがちですが、軽い趣味でも記事を書けます。

 

マラソンが趣味なら、ランニングウェアやランニングシューズなど

自分が今まで使ってきたものをお勧め商品として紹介できます。

 

商品と関係ないかもしれませんが

マラソン初心者に対して走り方などをアドバイスするのも効果的です。

 

大手ASPのバリューコマースではランニングウェアや

ランニングシューズ、ランニングに関する書籍などの

アフィリエイト広告が用意されています。

 

読書や映画鑑賞といったありふれた趣味でも大丈夫です。

 

読書感想や映画を観た感想だけでも

これから読もうとしている人

観ようと思っている人には有益な情報になります。

 

趣味が多過ぎて

どの趣味をアフィリエイトのテーマにすれば良いのか迷った場合は

まず趣味を1つ選んでブログを立ち上げます。

 

それが軌道に乗ったら別のブログを立ち上げ

各テーマごとに記事を更新します。

 

同じブログで異なるテーマを扱うと

ごちゃごちゃしてわかりにくいブログになってしまいます。

 

複数のブログサービスを利用するのが大変なら

記事の切り口を工夫してみましょう。