以前、オリジナリティを出すためにプロフィール欄に

自分のキャラクターを記載しましょうと書きました。

 

ではプロフィールをどのように書くと良いのでしょうか。

 

もう少し踏み込んで説明します。

 

【積極的に公開】

 

インターネットでは誰が記載したかわからない

匿名のメディアが多いです。

 

この場合、責任の所在やウソの情報

誹謗中傷が出やすくなります。

 

そういうこともあり、インターネットビジネスでは

実名などある程度の個人情報を公開して

責任の所在をはっきりさせる必要があります。

 

アフィリエイトも同じです。

 

プロフィールに何も書いていない状態と

自分の情報を記載しているのとではユーザーの

信用度が違います。

 

自分の情報を記載していると

ユーザーに信用されるだけではなく

記事にも信憑性が生まれるのです。

 

アフィリエイトで収益を上げたいのなら

プロフィールを積極的に公開しましょう。

 

特定商取引法によりインターネットで商品を売る時は

運営者の名前や住所、電話番号をECサイトに

記載しないといけません。

 

アフィリエイトは商品を売買しているわけではないので

そのような情報を載せる必要はありません。

 

プロフィールはサイドバーの上部に配置します。

 

アフィリエイト広告をサイドバーの1番上に掲載しているのなら

その下2番目に掲載します。

 

アフィリエイト広告がない場合は1番上に掲載すると

ユーザーの目に止まりやすくなります。

 

【人柄がわかるような情報】

 

プロフィールにはアフィリエイトのテーマに合うような

自己紹介にすると良いです。

 

例えば料理関連をアフィリエイトテーマにしているのなら

「主婦歴15年、毎日夫と子供のお弁当作りを楽しんでいます。

最近では○○メーカーのこんな機能がついたランチジャーを使っています」

などこれから取り扱う商品に対して

どれくらい詳しいのかを記載します。

 

さらに「調理師免許も持っていて週3回近所のレストランで

料理を作っています」といった情報も加えると

ユーザーは「料理のプロがお勧めしているキッチン用品」と判断し

ブログに信憑性が出ます。

 

自己紹介には自分の人柄がわかる情報を入力します。

 

プロフィール画像は必ず配置しましょう。

 

イラストやアバターでも良いし

自分を象徴するような画像でも良いです。

 

性別・年齢または年代・住んでいる地域・趣味などの

情報を記入します。

 

ハンドルネームやニックネームの由来などで

親しみやすさを演出するのも面白いです。

 

特別な実績や特技・趣味などがなくても良いのです。

 

ありのままの自分を書きます。

 

ユーザーは自分に近い普通の人に好感を持つものです。