アクセス解析や成果レポートで分析した結果を生かして

コンテンツの修正をしてみましょう。

 

【PDCAサイクル】

 

PDCAサイクルとは「Plan(計画)」「Do(実行)」

「Check(評価)」「Act(改善)」の頭文字を取った

マネジメント手法です。

 

ブログを立ち上げてアフィリエイト広告を掲載したら

Googleアナリティクスのアクセス解析ツールで効果を測定し

コンテンツを修正していきましょう。

 

アフィリエイト商品が安定的な需要商品なら

更新回数が少なくても、一定のアクセス数と成果を

上げることができます。

 

しかし時間が経つにつれて商品の情報が古くなるので

やがてブログの信頼度が低くなります。

 

更新をしていたとしても記事の書き方や

アフィリエイト広告の掲載箇所を少し変えるだけで

大きな成果が出る可能性があります。

 

PDCAサイクルを定期的に行い自分のアフィリエイトブログや

ホームページを良質なものにしていきましょう。

 

1ヶ月から2ヶ月ごとに行うと良いです。

 

1ヶ月で判断できないアフィリエイト広告は

チェック期間を延ばしたりして柔軟に行います。

 

PDCAサイクルは上手くいった点よりも

問題点や反省点に着目しがちです。

 

上手くいった点も考慮しながら行っていきます。

 

【Check(評価)は重要】

 

バリューコマースやA8.netのレポート

Googleアナリティクスのアクセス解析ツールからのデータをもとに

ブログなどの改善点を見つけていきます。

 

この中でも見逃してはならない主なデータが4つあります。

 

①ブログ全体のアクセス数

 

アクセス数が少ないと、どんなに良い記事を書いて紹介しても

商品が魅力的でもアフィリエイトで成果は出てきません。

 

1ヶ月単位でブログを分析して、アクセス数が少ない時は

更新頻度やキーワードを見直しましょう。

 

②表示回数とクリック率

 

アフィリエイト広告の表示回数に対してクリック率が低ければ

記事のタイトルが良くない、文字数が多い

画像がなくて商品のイメージがわからないといった

問題の可能性があります。

 

③直帰率

 

ユーザーが1ページ目を見て

すぐに離れて行くことが多いほど値は高くなります。

 

ブログのレイアウトに問題があると思われます。

 

④コンバージョン率

 

アフィリエイト広告をクリックした先の

ECサイトに何かしらの原因があると考えられます。

 

購入ボタンが見つかりにくかったり、手続が面倒だったりするなど

わかりにくい不親切なサイトはこの値が低いでしょう。

 

キャンペーン期間が終了しているなどが原因の場合もあります。

 

これらのデータに着目しながらブログのチェックをしていきます。