情報コンテンツを提供する

どんなに上位表示を達成しても

アフィリエイトのためだけのサイトは転換率が悪くなります。

 

サイトアフィリエイトに陥りがちなミスを説明します。

 

【商品紹介より情報提供】

 

検索エンジンから訪問してくるユーザーは

情報が知りたいと思っている人が多いです。

 

ということは「商品紹介」より「情報提供」に

力を入れたサイトにしなくてはいけないのです。

 

サイトアフィリエイトの場合

検索エンジンに何かしらの悩みを入力して

その原因や解決策を探しているので

商品を紹介しているだけのサイトは直帰率が高くなります。

 

しかし商品やサービスを売るためのアフィリエイトをするのですから

商品を購入する人の欲しい情報を多く掲載するのが

サイトアフィリエイトの特徴ともいえます。

 

【上位表示】

 

SEO対策をしているキーワードで検索された時に

検索エンジンで上位表示させて集客するのが

サイトアフィリエイトです。

 

実はこの表示順位は「人気順」ではありません。

 

実際はGoogleが定めている数多くの指標で

順位が決められています。

 

SEO対策に詳しい人なら知っていることかもしれませんが

多くの人はこのことを知りません。

 

画面の上位に載っているリスティング広告でさえ

「人気があるから上位に表示されている」と

思っている人がたくさんいるのが現状です。

 

なので、SEO対策で検索エンジン内において

上位表示することができれば、多くの人は「このサイトは人気がある」

「この分野で有名」と判断してくれるということです。

 

つまり、上位に表示されれば転換率は上がるのです。

 

それなのに転換率が上がらず、直帰率が上がるというのは

そのサイトが商品紹介の情報ばかりで、ユーザーが欲しがっているような

情報サイトではないからです。

 

【Googleからのペナルティ】

 

Googleもアフィリエイトのためだけのサイトに

目を光らせています。

 

そのような品質が悪いサイトはGoogleから

ペナルティを受けてしまう場合があります。

 

ほとんどの人がペナルティを受けるのはリンクの購入などによる

外部対策だと思っていますが、それだけではありません。

 

・アフィリエイト商品の説明だけのサイト

 

・コンテンツが自動生成されている

 

・たいした情報が載っていない

 

などの状態はペナルティを受けてしまいます。

 

もちろん他のサイトから文章をコピーして貼り付けただけの

コピーコンテンツのサイトもペナルティを受けますが

自分で記事を書いていても上記の3点のような状態のサイトは

ペナルティを受ける可能性があるのです。

転換率の上がる記事

繝「繝ウ繝槭Ν繝医Ν4

トップページ、下層ページどちらのページを

SEO対策するにしても、

記事の書き方で結果は違ってきます。

 

【悩みを解決する記事】

 

[23]の「ユーザーの興味を引くコンテンツ」と

[24]の「お悩み系商品の強さ」でも扱いましたが

人に相談しにくい商品は売れやすいです。

 

記事も同じです。

 

[24]では転換率アップのことにも触れていますが

この転換率をアップさせる記事を詳しく説明していきます。

 

悩みを解決してくれる記事は

それで悩んでいる人には有益な情報です。

 

では、悩んでいない人が買う商品はどうすれば良いのでしょうか。

 

実はそこには必ずその商品に関連する悩みというのがあるのです。

 

旅行のツアーを販売しているアフィリエイトの場合を

例に考えてみます。

 

この商品は別に悩みを解決するようなものではありませんが

このアフィリエイト広告をクリックしてツアーに申し込むか検討すると

おのずとそれに関する悩みが出てきます。

 

・キャンセル料

 

・現地でトラブルが発生した時はどこに問い合わせたら先

 

・トラブルに巻き込まれた時の保険

 

・予約フォームの必須記入欄

 

・どのツアーが人気があるのか

 

など。

 

いざ購入するとなるとこのような悩み・不安はつきものです。

 

これらを解決するような記事を書くのです。

 

【利用した体験談】

 

[18]の「読者に興味を持たれるブログ記事作成」の

記事作成ルールに自分の体験を書くと説明しました。

 

ブログでは自分の体験談を詳しく記事にするのが良いのですが

サイトアフィリエイトの場合は「たくさんの人の体験談」を

掲載するのが効果的です。

 

しかしすべての商品やサービスを自分で利用するのは無理なので

自分が利用体験のない商品やサービスの体験談を掲載する

2つの方法を紹介します。

 

①体験談をサイトから集める

 

これは「他の人のサイトからコピーしましょう」と

言っているのではないので、勘違いしてはいけません。

 

多数のサイトで紹介されている体験談を簡単にまとめて

良い意見・悪い意見を紹介するのです。

 

②体験談を募集する

 

ランサーズやクラウドワークスなどの記事制作などを

代行できるサービスを利用して、体験談を集める方法です。

 

これには費用がかかります。

 

【記事のタイトル】

 

サイトアフィリエイトはSEO対策を意識しながら

記事を書かなくてはいけません。

 

まずは記事のタイトルにトップページで

SEO対策しているキーワードを入れます。

 

そのキーワードが「美白」と設定しているのなら

記事のタイトルにも入れるようにします。

 

ただ単に「美白」だけをタイトルにするのではなく

[25]の「SEO対策」で説明した複合キーワードも入れて

記事のタイトルを作成します。

 

そしてタイトルに入れたキーワードに合った記事を

書いていきましょう。

サイトアフィリエイト③サイトデザイン


サイトアフィリエイトに適したサイト構成を説明します。

 

【左カラムとメニューバー】

 

サイトの基本的な構成は

左カラムで上部にメニューバーがあるものです。

 

一般的なサイト構成で

ユーザーが利用しやすいという特徴があります。

 

利用しやすいサイトというと「行きたいページにすぐに行ける」

「見たい情報がすぐに見つかる」サイトです。

 

「どこに何があるのかわからない」サイトは論外です。

 

【サイトの基本色は青】

 

特にサイトの色にこだわりがない場合は

「青」にするのが無難です。

 

太陽光発電のサイトであればオレンジなどでも問題ありませんが

こだわりがないのなら青が良いでしょう。

 

これには「青は落ち着きのある色」とか

「赤は気持ちを高ぶらせる色」などといった

心理的効果を利用しましょうと言っているのではありません。

 

なぜかはわかりませんが

多くのサイトの基本色が青を基調としているからです。

 

サイト上のリンク色も青が多いのでもわかるように

サイトではリンク文字は青というのが基本です。

 

その結果、インターネット上では青は

安心感を与える色になっています。

 

アフィリエイト初心者で色にセンスがないと思われる人は

青基調でサイトを作成すると

それなりにまとまったサイトになるでしょう。

 

【デザインへのこだわり】

 

論外である「どこに何があるのかわからない」

サイトのレベルではいけませんが

利用しやすいサイトデザインであればそんなにこだわる

必要はありません。

 

左カラムで情報が整理されていれば良いのです。

 

特にサイトアフィリエイトの場合は多少デザインがおかしかったり

古くてもきちんとした情報なら

訪問してくれたユーザーは見てくれます。

 

逆にどんなにかっこいいデザインでも利用しにくいサイトであれば

訪問してくれてもすぐに離れて行くということです。

 

アフィリエイト初心者で多いミス3点

 

・サイトのデザインにこだわる

 

・サイトロゴにこだわる

 

・画像にこだわる

 

ということに時間を費やしてしまうことです。

 

デザインが変でも、ロゴがなくても、画像が少しぼやけていても

情報量とその質(中身)にこだわった方が良いのです。

 

アフィリエイターの仕事は情報を提供して

商品を売ることです。

 

そのためわかりやすいサイト構成にすることが条件なのです。

 

オシャレなサイトを作るのが仕事のwebデザイナーでは

ないのです。

 

左カラムとメニューバーの配置をして

サイトの基本色を青にしているサイトはとても多くあります。

 

だからこそありきたりなデザインとも言えますが

多くのユーザーに安心感を与えるサイトなのです。

使用する写真


サイトアフィリエイトでは商品写真は

どのような写真を使うと良いのかを説明します。

 

【ASPのアフィリエイト広告の写真】

 

ネットショップは別ですが、アフィリエイトの場合

実際に商品を購入したり、撮影キットを使って

商品撮影したりする必要はありません。

 

たまたま自分の手元に商品がある場合は撮影しても良いですが

そうでなければわざわざ仕入れる必要はないのです。

 

なので、アフィリエイトをする時の商品写真は

ASPで用意されている広告画像を使用すれば良いです。

 

アフィリエイターの中には

ASPの用意している画像がいまいちだったり

気に入らなかったりすると、アフィリエイト商品の企業サイトから

画像をスクリーンショットで保存して

画像修正ツールで編集して使う人もいます。

 

こういった行為に黙認している企業もありますが

問題が起きる場合もあります。

 

その写真に芸能人やモデルを起用している場合は

契約期間が過ぎているのに

アフィリエイターがその写真をまだ使用していたら

無断使用で訴えられる可能性があります。

 

そんなことが起きないように

企業サイトのスクリーンショットは使わないようにしましょう。

 

【記事中に写真を使用】

 

サイトアフィリエイトは他のサイトとコンテンツ内容が

似てしまうところがあるので、写真などを利用して

差別化していきましょう。

 

各記事中に写真入れると、その記事が独自の記事と

判断されやすくなるので、SEO的にも有効な方法です。

 

インターネット上にある写真を勝手に使用してはいけません。

 

例えば「エステで契約してきました。これからどんどんキレイになります」

などと行ってもいないのに、行って体験したような記事を書き

信じさせるために契約書のような画像をどこからか探してきて

それっぽい画像をコピペして記事に掲載してしまいがちです。

 

この行為はSEO的には問題なかったとしても

著作権や人が写っていたら肖像権の侵害に

該当してしまう可能性があり法律的にはNGです。

 

【フリー素材を使用】

 

写真やイラストは無料サイトのフリー素材を使いましょう。

 

実際の商品写真がないのなら

商品のイメージに合ったフリー素材の写真を使うのです。

 

フリーの写真やイラストを提供しているサイトの中には

「商用利用不可」のサイトもあるので注意しましょう。

 

アフィリエイトでの使用も「商用利用」です。

 

まずは各サイトの利用規約で「商用利用」OKか

確かめてから使うようにします。

 

フリー素材専用サイトの『pro foto』にある写真は

商用利用できるのでアフィリエイトに利用できます。

 

pro foto(http://pro.foto.ne.jp/)