集客ルート

ブログアフィリエイトは

SEO対策・SNS・メルマガ・ブログランキングなど

様々なルートから集客する必要があります。

 

【集客方法】

 

集客方法は、サイトアフィリエイトはSEO対策

PPCアフィリエイトはリスティング広告など

アフィリエイトの手法によって大体決まっています。

 

これらの手法はたくさんのユーザーを集客することができますが

1つの集客方法に頼っているのが危険と言えば危険です。

 

ブログアフィリエイトは意外で画期的な方法で集客するわけではなく

色々な方法で地道に集客します。

 

様々なルートから訪問者を増やさないといけないということです。

 

色々な集客方法と言っても、その1つ1つの方法が爆発的に

集客できるわけではないので、時間はかかりますが

時間が経てばリピーターも増えて、集客数も増えてきます。

 

最初はアクセス数が少なくても

自分の好きな情報を日々更新することで

確実にアクセス数が増えてきて、安定的なアクセスになります。

 

安定的なアクセスは、アフィリエイトの安定的収入につながります。

 

ブログアフィリエイトは

ゆっくりアフィリエイトしていきたい初心者にとっては

最適なアフィリエイト方法です。

 

【リスク分散】

 

サイトアフィリエイトの場合は

一斉にペナルティを受けてしまう可能性を回避するために

被リンク元を分散させて、リスク分散をしていました。

 

ブログアフィリエイトの場合は

様々なルートから集客することで、リスク分散をしています。

 

ある1つのブログ経由のアクセス数がとても多くて

他のルートからはなかったとしたら

アクセス数がとても多かったブログからのリンクがなくなったり

そのブログが閉鎖した場合集客がほぼなくなります。

 

しかし何か1つの集客方法だけに頼らないで集客していると

リスクを減らすことができます。

 

なので、1つのブログから紹介されてたくさんの

アクセス数があったとしても

もっと多くのブログで紹介してもらう必要があります。

 

【面白い情報】

 

自分のブログで提供している情報が面白くないと

他の人のブログで紹介なんてされません。

 

自分のブログで他人の面白くない情報を

紹介したい人なんていないでしょう。

 

様々なルートから集客するには、自分のブログで提供している情報は

有益で面白くないといけないのです。

 

掲示板などからの集客をする時も、良質で面白い情報を

提供しているブログに誘導するのは問題ありませんが

たいした情報もなく単に商品を売りつけているような

アフィリエイトブログに誘導してしまうと

広告宣伝目的という理由で回答や書き込みが削除される可能性もあります。

SEO対策


「SEO対策」でも説明しましたが、ブログアフィリエイトの

SEO対策についてもっと詳しく説明します。

 

【トップページ】

 

ブログアフィリエイトのSEO対策は

サイトアフィリエイトのSEO対策とは違います。

 

サイトアフィリエイトはトップページを指定のキーワードで

SEO対策していました。

 

ブログアフィリエイトはトップページに対して

SEO対策する必要はありません。

 

個別の記事がキーワードで上位表示されるようなイメージで

SEO対策をすれば良いのです。

 

ただ記事タイトルの決め方や記事中に入れるキーワードは

サイトアフィリエイトでも説明したものと同じような方法で作成します。

 

サイトアフィリエイトとは違い、トップページのことは

意識しなくても良いので、自由に考えることができるでしょう。

 

【急上昇キーワード】

 

まったく検索されないようなキーワードでSEO対策しても

集客できません。

 

ではどのようなキーワードが良いのでしょうか。

 

それは「急上昇キーワード」です。

 

急上昇キーワードとは、今までまったく調べられていない

キーワードなのに、テレビや雑誌などのメディアで紹介されて

急に検索されるようになったキーワードのことです。

 

これらのキーワードはSEO対策されていないキーワードばかりです。

 

このキーワードが入った記事を書くと

上位表示されることがあります。

 

【急上昇キーワードの流れ】

 

急上昇キーワードとか言っていますが

このキーワードは何段階かに分けて急上昇していきます。

 

まず、一般の人が知らない間に話題になり

ある一定の人が知り出すとテレビなどのマスコミに取り上げられ

そして一般の人が知るという段階があります。

 

2chやTwitterで話題になり

インターネットニュースやネットで話題になり

最後にテレビで放映されるという流れです。

 

話題性によっては1日で流れてしまうものもあります。

 

流行している商品やサービスなどはこのような構図が

ほとんどなのです。

 

【急上昇キーワードの見つけ方】

 

2chやTwitterを随時チェックするようにします。

 

これらをどのように利用すれば良いのかと思われるかもしれませんが

2chの場合は2chで話題になっているものだけを集めた

スマートフォンのアプリが出ています。

 

Twitterの場合はログイン後のホーム画面に「トレンド」

という欄があるのですが、このトレンド欄に表示されているキーワードは

Twitterで急激にツイートされている内容で

のちに情報番組で取り上げられることもあります。

 

その他にも日本経済新聞社が発行している

「日経MJ(流通新聞)」という新聞は

とても身近なネタを取り扱っているので役立ちます。

ブログランキング操作法

「人気ブログランキング」では

自分のブログの知名度を上げるためにも

人気ブログランキングへの参加をお勧めしましたが

すぐにランキング上位に上がることはありません。

 

そのためブログランキングを操作するアフィリエイターもいます。

 

【ランキング決定方法】

 

livedoorブログやアメーバブログなどが、ブログサービスの中で

提供しているランキングの決定方法は各社で異なります。

 

アクセス数でランキングを決定しているところがほとんどですが

人気ブログランキングは各ブログのアクセス数を図ることができないので

特殊な方法を用いています。

 

ブログランキングに参加するとクリックするためのバナーを

ブログに設置することができます。

 

おそらく見たことがあるかと思いますが、そのバナーには

「応援クリックお願いします」とか「ポチッとお願いします」

というコメントがあります。

 

このアイコンがクリックされるとランキングが上がるのです。

 

アイコンをクリックするとブログランキングサイトへと飛びます。

 

そのままブログに戻って来ることもあれば

そのランキングサイトから他のブログに訪問することもあります。

 

ランキングに参加していると、ここからも集客することができるのです。

 

【操作方法】

 

アイコンがクリックされるとランキングが上がるのならと

自分のパソコンで何度もクリックしても

1カウントしかされないようになっているので

ランキングは上がりません。

 

しかし自分の代わりにクリックしてくれる業者が存在しています。

 

いわゆる「クリック代行サービス」です。

 

これは法律違反ではないので問題ありませんが

そのようなサービス会社はつぶれたり

新しくできたりと入れ替わりが激しいので

特定の業者はここでは紹介できません。

 

自分で調べる時は「クリック代行サービス」や「ランキング クリック代行」

というようなキーワードで検索するとたくさん出てきます。

 

【デメリット】

 

クリック代行サービスを利用してクリック数を増やす行為は

ブログランキングやブログ会社によっては

禁止しているところもあります。

 

利用していることがバレると、ブログランキングに

参加できなくなることもあるので、注意しておきましょう。

 

本当のランキングではないので、サービスの利用をやめてしまうと

順位は下がります。

 

ブログで提供している内容が有益で面白ければ

サービスを利用して集客できた人がリピーターになる可能性はあります。

 

しかしその反対にブログで提供しているコンテンツが面白くなければ

リピーターにはならないということです。

 

サービスを利用しているうちは

アクセス数やクリック数は確実に上がりますが

記事の内容が良くても悪くても上がるので

結局どの記事が良くて本当のアクセスが増えていたのかは

わからなくなります。

参照リンク

ブログアフィリエイトでは、他のブログで自分のブログを

紹介してもらうことはとても重要です。

 

【同じジャンルのブログ】

 

これはコメントと同じで自分のアフィリエイトテーマと

関連している、同じジャンルのブログを選びます。

 

同じジャンルのブログからリンクを受けることにより

自分のブログに興味を持ってくれそうな人が訪問してくれる

可能性があります。

 

同じジャンルのブログに紹介されることは

好きなブログの運営者が紹介してくれるわけなので

アクセスも増えて信頼度もアップします。

 

ではどのように同じジャンルのブログの運営者が

自分のブログを紹介してくれるようになるのでしょうか。

 

それには自分から先に相手方にリンクを送って

リンクをもらうというやり方をします。

 

自分がその分野の権威的な存在でない限り

何もせずに自分のブログを紹介してくれる人はほぼいないでしょう。

 

しかしこちらから相手のブログに対してリンクを送ってあげれば

相手もこちらのブログを紹介してくれる可能性はあります。

 

まずは進んで相手にメリットを与えるのです。

 

なので、相互リンクをお願いする時に

「相手が自分のブログにリンクをしてくれたら、こちらもリンクをします」

と言う考え方で、相手に先にリンクをお願いするのはいけません。

 

このような考え方では100%自分のブログを

紹介してくれることはないでしょう。

 

【ユーザビリティが高くなる】

 

同じジャンルのブログでユーザーのためになるようなブログを

紹介していれば「このブログは色々な情報も載っていて

関連するブログも掲載されている良いブログ」と思われます。

 

こうなると、お気に入りのブログとして自分のブログで紹介してくれたり

はてなブックマークでブックマークしてくれたりします。

 

そしてリンクを通して他のブログに行っても必ず

自分のブログに戻って来てくれるという特徴もあります。

 

このようなことからもわかるように

「相手方にリンクを送ることは、訪問者を取られて損をする」

という考え方は間違いなのです。

 

【連絡方法】

 

自分のブログを紹介して欲しい時は、自分からリンクを貼った上で

そのブログの運営者に連絡をして

「自分のブログを紹介して欲しい」旨の連絡を取ります。

 

①挨拶文は必ず入れる

 

これくらい常識なのですが

挨拶文のないメールを送ってくる人は驚くほど多いです。

 

いくらネットのやり取りでも確実に非常識です。

 

②ファンであることを伝える

 

「ライバル」ではなく「ファン」というスタンスです。

 

③自分の自己紹介とブログの説明

 

どのようなブログでどのような記事を書き

どのような人をターゲットにしているかなど、説明します。

 

④メリットを伝える

 

自分のブログからリンクされていると

どれくらいメリットがあるかを伝えます。

 

②③を飛ばして、最初からメリットを伝えると

「上から目線」になるので注意しましょう。

 

⑤自分のブログの紹介記事を添える

 

最後に厚かましい感じがしますが

忙しいブロガーでも紹介してくれやすいように

自分のブログの紹介用記事を書いて

その中にリンクタグを付け加えた文例を送ります。

Q&Aサイト


Q&Aサイトからのアクセスは意外に多いので

他のアフィリエイターと差別化したい時に活用しましょう。

 

【誘導方法】

 

Q&Aサイトとは、質問を公開して他のユーザーからの回答を募り

疑問を解決するためのサイトです。

 

FAQサイトとも呼ばれています。

 

ブログへ誘導するのに1番なのは「Yahoo!知恵袋」です。

 

集客を行うには「自分のブログに関連するような悩みについて

自分のブログに誘導するための回答をする」という方法です。

 

【メリット】

 

Yahoo!知恵袋は多くのユーザーが質問や回答をしていて

訪問者も多いQ&Aサイトです。

 

質問をしても回答してくれない訪問者の少ないサイトを利用しても

自分のブログへは誘導できません。

 

Q&Aサイトを利用する3つのメリットです。

 

 ①興味のある人を誘導できる

 

質問者は質問したことに対して悩んでいるか、興味のある人です。

 

このような人をブログに誘導することができるので

アフィリエイト報酬も期待できます。

 

 ②質問者以外にもたくさんの人が見ている

 

1つの質問やその回答を見ている人は、質問した人だけではありません。

 

質問者と同じ悩みを持つ人達も見ています。

 

質問だけ見て満足する人はいません。

 

その人達は質問だけ見ているのではなく

必ず回答も見ているということです。

 

 ③Q&Aサイト自体が上位表示されている

 

Yahoo!知恵袋の1番のメリットは、Yahoo!検索において

様々なキーワードで上位表示されていることです。

 

集客数自体も多く、各キーワードの集客数も多いので

ブログに誘導するのに効果的です。

 

 【優先的に回答する質問】

 

検索エンジンで表示されるには、3つの質問しか表示されません。

 

この3つの質問はYahoo!知恵袋の中の検索エンジンで

何かを検索した時の上位3つがYahoo!検索で

上位表示される仕組みです。

 

そして上位3つに入っている質問は

「質問に対して回答がされて解決済み」です。

 

なので、上位表示されている質問に対して回答するのならば

とにかくその質問されているキーワードで検索して

まだ解決済みになっていない質問に対して回答していくしかありません。

 

Yahoo!知恵袋の中の検索エンジンで上位3つに入るような質問に対して

回答することができれば、集客が期待できるということです。

 

【ベストアンサー】

 

いかにも誘導目的だと思われるような回答ではいけません。

 

Yahoo!知恵袋では質問者が1番良かったと思う回答を選ぶ

「ベストアンサー制度」があります。

 

このベストアンサーに選ばれると、ベストアンサーに選ばれた回答として

回答欄の中で1番上に表示されます。

 

そうするとより多くの人に回答を見てもらえるので

ブログにも誘導しやすくなります。

 

Yahoo!知恵袋(http://chiebukuro.yahoo.co.jp/)