20161217_135315-540x405

自由なコンテンツ


Googleアドセンス
はASPに登録するタイプのアフィリエイトとは違い、訪問者やサイトに合った広告を自動で表示してくれます。

 

【アドセンスの仕組み】

通常のアフィリエイトは自分のサイトで紹介する商品をASPを通じて自分で決めます。その後、サイトの訪問者に商品を紹介しその商品を自分のアフィリエイト広告を通じて訪問者が購入すると一定の割合の報酬を得ることができる仕組みです。

アドセンスアフィリエイトはこれとは少し違います。 

アドセンスはGoogleが提供しているアフィリエイトシステムです。何をアフィリエイトするか自分で決めることはできません。

サイトに「広告タグ」を貼り付けるとその場所に自動で何かしらの広告が表示されます。

その広告をサイトの訪問者がクリックしてくれると報酬が発生する、クリック報酬型のアフィリエイトです。

どのような広告なのかと言えば、サイトの内容に合った広告や訪問してくるユーザーに合った広告が表示されるようになっています。
 
検索エンジン経由で訪問してくるユーザーの場合、ユーザーの過去の検索履歴などから広告が表示されます。

 
【得意分野】

通常のアフィリエイトと異なり、アフィリエイトする商品の分野に特化したサイトでなくても、収益につながるのがGoogleアドセンスのメリットです。

通常の場合はアフィリエイトできる商品を選ばないといけませんでした。
その商品の中に自分の得意な分野や興味のあるものがあれば良いのですが、ない場合は商品に合わせたサイトを無理やり運営しないといけないのです。

しかしGoogleアドセンスの場合はGoogleが自分のサイトのコンテンツや訪問者の興味に合わせてクリック率が高くなる広告を自動で判別して表示してくれます。自分の得意な分野、興味のある分野で、コンテンツに制限されることなくアフィリエイトすることができるのです。

 

【マニアックな情報提供】

アドセンスアフィリエイトは自分の得意分野のコンテンツでアフィリエイトできるので、かなりマニアックなコンテンツも提供することができます。ユーザーの満足度を得て、ブックマーク数や被リンク数の上昇も期待できるのでSEO対策もしやすいでしょう。

さらに何かの商品を紹介している感じのサイトではなくなるのでユーザーも「売りつけられている」とは思わないため好意的に受けとめます。

Googleアドセンスなら、商品やサービスがアフィリエイトできるものではないものを紹介しているサイトでもGoogleアドセンスを貼り付けておけば収益化できます。

人気分野はやめる


アドセンスアフィリエイトは自由なコンテンツでアフィリエイトできるのが魅力です。その強みをいかすサイトを作りましょう。
 

【デメリット】

 
Googleアドセンスは自分の得意分野でサイトを運営してユーザーの興味がありそうな広告を自動で表示してくれるのでメリットばかりと思われがちですが、クリックさせるだけで報酬が発生するため、1クリックの報酬額が少ないというデメリットがあります。

通常のアフィリエイトは報酬単価は高いですが、ライバルが多く、コンテンツにも制限があるのがデメリットです。 

Googleアドセンスはその反対で、コンテンツ制限がないのでライバルの少ない分野のアフィリエイトはできますが報酬単価は低くなります。

 
【ライバルの少ない分野で】

 通常のアフィリエイトで人気のある分野は当然、ライバルが多いです。 

わざわざそのような人気分野には手を出さず、アドセンスアフィリエイトの強みとなるコンテンツに制限されないことをおおいにいかしましょう。 報酬単価が低いというデメリットもあるのでライバルの多い分野で勝負するのは難しいです。

なので、通常のアフィリエイトで扱えるような商品の分野はやめてライバルの少ない分野でアフィリエイトするのが得策です。
 

【集客が簡単】

通常のアフィリエイト分野以外のSEO対策は、それほど難しくありません。リスティング広告で集客する時も1クリックあたりの広告料金が高くならずに済みます。

ライバルが少ないからといって、それに伴い必要とする人も少ないということはアフィリエイト業界ではあてはまりません。 

一般的なビジネスであてはめると、需要が少ないということになるのでこれは成り立ちますが、アフィリエイトではまったく成り立たないのです。

通常のアフィリエイトはアフィリエイトできる商品があるからこそ、その商品やサービスに関するサイトが多くなるわけであって、その分野以外の商品がネット上で売れない情報を必要とされていないわけではありません。


【マニアックな世界のメリット】

 どんなにマニアックな世界でも商品や情報を必要としている人は必ず存在します。

例えば、人生に数えられるくらいの回数しか利用されないような結婚式場や葬儀屋などもたくさんあります。このようなサービスでも、ビジネスとして成り立っているのです。

これらに比べても、マニアックな情報を提供しているサイトに訪問してくることなんて何度でもあるでしょう。

ライバルが少ない分野はもともとその分野でのサイトが少ないので、基本的な情報を掲載しただけでも訪問者は満足してくれる可能性があります。

他のサイトとコンテンツが似てしまうことも少なくなるので、Googleからのペナルティも避けることができます。

クリック率とクリック単価


アドセンスアフィリエイトの報酬はクリック率とクリック単価に大きく影響されます。

 
【平均クリック率】

 Googleアドセンスはクリック報酬型なので、貼り付けている広告がクリックされて報酬が確定するようになっており、当然広告をクリックされなければ報酬は得られません。 

クリック率はサイトによって異なりますが平均1~3%くらいです。

 

【2種類の広告】

Googleアドセンスの広告はテキスト広告とディスプレイ広告の2種類です。 テキスト広告はYahoo!のリスティング広告のような形で表示され、ディスプレイ広告はアフィリエイト広告のような画像で表示されます。 

テキスト広告とディスプレイ広告はそれぞれ3個ずつ、合計6個貼り付けることができます。 

無理やり6個全部貼ってサイトのバランスやデザインがおかしくなってはいけませんが、そうでなければ6個貼っても構いません。 

もともとクリック単価が低いので、1つしか広告を貼り付けていない場合、訪問者がその広告に興味がなかったらクリックしてくれません。 

この時6個の広告を貼っていたとしたら、もしかすると残りの5個の広告のどれかに興味を示してクリックしてくれる可能性もあるのです。
 

【平均クリック単価】 

Googleアドセンスの広告の単価はバラバラで、10円という低い単価の広告もあれば1クリックで何百円も稼げる広告もあります。 

クリック率と同じでクリック単価もサイトによって異なりますが、平均30円前後くらいです。FXやカードローンなど、金融ジャンルのサイトではクリック単価が高くなる傾向にあります。

 

【収益計算方法】

クリック率とクリック単価を利用して、アドセンスアフィリエイトの収益計算をすることができます。

サイトへの訪問者の数値には「訪問者数」と「PV数」の2種類あります。

「訪問者数」はサイトに来てくれた人の数です。 「PV数」は訪問した人が何ページ見たのかという数です。
この「PV数」が多いと「魅力的なサイト」と言えるでしょう。 


収益計算方法です。

PV数×クリック率×クリック単価=アフィリエイト報酬 

で計算できます。


  • PV数1万PV
  • クリック率2%
  • クリック単価30円
のとき、

1万PV×2%×30円=6000円

これを見るとGoogleアドセンスで収益を上げるには、PV数を上げるか、クリック率を上げるか、クリック単価を上げるかの3種類しかありません。

PV数を上げるにはマニアックな情報やユーザーにとって有益で魅力的な情報を提供し続けるしかないでしょう。 

クリック率とクリック単価を上げるにはクリックされやすい広告を貼り、クリック単価の高い広告が表示されるようにしなくてはなりません。

これらについては別の章で説明します。

高い広告を表示2


Googleアドセンスの中で高い広告を表示させる方法です。

 

【アドセンス広告】

平均クリック単価は30円前後くらいと説明しましたが、すべての広告のクリック単価が30円前後というわけではありません。極端に言えば、1円の広告もあれば1000円の広告もあるのです。

それらの広告がランダムに表示されて、結果的に平均30円前後くらいになります。

つまり特にどのような広告が表示されるか意識しないでサイトを構築すれば、クリック単価は30円前後になるということです。
 

【クリック単価の高い広告を表示させる方法】

Googleアドセンスの中でクリック単価の高い広告は以下のジャンルです。

  • FXや株
  • 消費者金融
  • クレジットカード
  • 保険
  • 転職
  • エステ
  • ダイエット
  • 中古車
などです。

これらの高い広告を表示させたければ、意図的に広告単価の高い広告が表示されるようなサイトを構築します。エステの広告を表示させたいのなら、エステについて書かれたサイトを構築すれば良いのです。

Googleアドセンスは「訪れたユーザーがどんなことに興味があるのか」ということも表示される広告と関係してくるので、必ずしも意図した広告が表示されるわけではありません。

しかしコンテンツを合わせることにより、コンテンツに合った広告が表示される確率は高くなります。

他にも広告単価の高い広告があるかもしれないと思ったら、「人気キーワードを探す」で紹介した「Googleキーワードプランナー」を利用しましょう。

このツールで「このキーワードの広告単価はいくらか?」と思ったキーワードを入力して調べます。 

人気キーワードを探す」の章を参照しながら<キーワード候補>をクリックすると、各キーワードの広告単価が表示されています。1クリックあたりの広告料金が表示されているのですが、これは広告主がGoogleに支払う広告費です。

なので、実際にGoogleアドセンスで得られる報酬は表示されている広告料金に0.2~0.3の数字をかけたものが報酬となることが多いです。


Googleアドセンスで得られる報酬の計算方法

(例)1クリックあたりの広告料金が1000円だった場合 

1000円×0.2=200円

 1クリック単価の報酬は転職シーズンなどの時期によっても異なります。

 

【デメリット】

 気づいた方もいると思いますが、この方法だと得意の分野でサイトを構築したりマニアックな分野でライバルとの差別化を図れる本来のアドセンスアフィリエイトの強みがいかされません。これは単に戦略の違いです。

アドセンスアフィリエイトの強みをいかす方法は、1サイト5万円稼ぐことができる初心者向けと言えます。

クリック単価の高い広告を狙ったサイトの構築は通常のアフィリエイトでもライバルの多い人気分野なので、上級者向けの方法です。


2種類の広告


Googleアドセンスで表示される広告は「テキスト広告」と「ディスプレイ広告」の2種類です。

 
【テキスト広告】

 テキスト広告は「クリックされやすい」「デザインが崩れない」という特徴があります。 ディスプレイ広告は目立つのでクリックされやすいと思っているアドセンスアフィリエイターは多いですが、違います。 

確かに目立ちますが、広告だとひと目でわかるのでクリックされにくいのです。

テキスト広告だとコンテンツに合ったテキスト広告が表示されるので、広告なのか他の記事なのか何なのかわからずクリックされることもあります。

テキスト広告は当然テキストだけが表示される広告なので、デザインが崩れないというメリットもあります。
 

【ディスプレイ広告】

ディスプレイ広告は「クリック単価が高い広告が多い」「サイトイメージが良くなる」という特徴があります。 

ディスプレイ広告は広告主が画像を用意しているので自社の商品・サービスをしっかりと伝えられる広告です。多くの広告主が広告出稿したいので、自然とクリック単価が高くなります

テキスト広告はデザインを崩しませんが、ディスプレイ広告はサイトを彩ることができます。テキストばかりのサイトは少し寂しいです。サイトにディスプレイ広告を貼り付けると「しっかりしたサイト」に見えます。

 
【設定方法】

テキスト広告とディスプレイ広告はどちらか一方に絞り込む必要はありません。

貼り付けている広告数が多いと「表示される広告がない」という状態になる時があります。

これはサイトのコンテンツが「FX」だとして、ディスプレイ広告を3つ貼り付けていたとします。

サイトを訪問するユーザーも検索エンジンで「FX」に関連したキーワードで調べているとしたら表示される広告は「FX」関連の広告です。 その時に「FX」関連の広告を出稿している企業が2つしかなかったら1つの枠は余っている状態になります。 

この場合、余った1つの枠に広告が表示されることはありません。 

Googleも表示されない広告枠がないように色々な対策をしているようですが、それでもたまに広告が表示されない時もあるのです。
 

表示される広告がない場合、広告を貼り付けている場所は空白になります。

この時1つでもテキスト広告を貼り付けていたらテキスト広告の枠で「FX」関連の広告が表示されていたのでこのようなことは起きませんでした。

このことからもわかるように、広告はテキスト広告とディスプレイ広告の両方貼り付けるようにしましょう。

クリックされる方法


アドセンスアフィリエイトはクリック報酬型なので、クリックされやすい場所に広告を貼り付けることが重要です。

 

【PCサイト】

GoogleアドセンスにはGoogleが提供している「ヒートマップ」というものがあります。「ヒートマップ」とは「どこに配置された広告が良く見られて、クリックされやすいか」というデータを色分けした図のことです。

それによると、記事コンテンツの下に配置された広告が最もクリックされやすく、ヘッダーの右上が1番クリックされにくい場所です。

これはGoogleが公式に公開している「ヒートマップ」なので利用しましょう。

Googleアドセンスの広告のサイズは大きく分類して7種類あります。
サイトの制約やこだわりがない場合は「推奨」の広告サイズを使います。多くの企業がこのサイズで広告出稿しているためです。

推奨広告とヒートマップとかけ合わせて、クリックされやすい配置で広告を貼り付けていきましょう。


①コンテンツの下に配置する広告

ここは最もクリックされやすい場所なので、推奨広告の中でも目立ちやすい「レクタングル大」または「レクタングル中」を配置します。

②サイドバーに配置する広告

サイドバーは縦長のサイトが多いので、推奨広告の中でも「ワイドスカイスクレイバー」を配置します。 

③フッターに配置する広告

クリックされにくい場所なので「ビッグバナー」という横長の大きな広告を配置します。

 

【スマホサイト】

Googleアドセンスをする場合、必ずスマホサイトを用意しましょう。スマホ対応することで、平均でも収益が1.5~3倍以上に上がります。

スマホは画面が限られているので貼り付けた広告がとても目立ちます。購入しなくてもクリックさえすれば報酬になるので、スマホサイトに最適です。

スマホサイトの広告の配置で気をつけなければならないのは、サイト上部に大きな広告を貼り付けて最初の画面が広告で占領されてしまうことです。

この行為は確かにアピール力は大きいですが肝心のコンテンツが下に押し下げられてしまうので、ユーザーは不便な思いをします。これはGoogleアドセンスの利用規約でも禁止されているのでやってはいけません。 

このようにサイトを訪れてすぐに広告が占領しているやり方は禁止ですが、サイトの上部に広告を貼り付けることは重要です。スマホ用大きめ広告で「ラージモバイルバナー(モバイルバナー大)」というのがあるので利用します。

コンテンツの下部は「レクタングル中」を配置します。
この時画面上に2つの広告が表示されないように注意します。それはGoogleアドセンスの規約違反になるからです。