中国輸入ビジネスでは

タオバオやアリババで仕入れた商品を

Amazonで販売します。

 

Amazonでは

・マーケットプレイス出品

・代金の回収代行

・商品の受け渡し代行

といったサービスがあり、

非常に楽に、レベルの高いサービスを提供することができます。

 

 マーケットプレイス出品

Amazonではマーケットプレイス出品という出品方法をとると、

すでに商品画像や説明分のついた商品ページを利用することができます。

これにより、出品者は単に商品を補充するような感覚

出品をすることが可能になります。

他のネットショップで出品経験のある方はご存知かと思いますが

出品には通常、

画像撮影や商品説明分でかなり時間をとられてしまいます。

その手間を省けるマーケットプレイス出品は

低価格品を多数出品する中国輸入ビジネスと非常に相性が良いのです。

 

 

代金の回収代行

Amazonに出品すると、購入者はAmazonに代金を払い

出品者はAmazonから代金を受け取ることになります。

代金の回収など面倒な作業を全てAmazonが代行してくれます。

 

 

商品の受け渡し代行

AmazonにはFBA(フルフィルメントbyAmazon)というサービスがあります。

このサービスは

・専用の納品書をプリントアウトして商品と同梱。

・一括してAmazonの指定している倉庫に送る。

・注文が入ると、Amazonが倉庫から自動的に商品を発送。

・クレームがあった場合はAmazonのカスタマーサービスが代行

 

と、商品を指定の倉庫に送るだけで、

面倒な梱包と発送作業を代行してくれ、

さらにお客様からクレームがあった場合に

クレーム対応の代行まで行ってくれるというものです。

 

 

これだけでFBAの利用を充分おすすめできる理由になりますが、

FBAの利点はこれだけではありません。

 

FBAを利用すると販売促進につながるというメリットが大きいのです。

 

FBAを使って販売する商品には

Amazonプライム特典という特典がつきます。

これは、購入者がAmazonプライムの会員の場合、

国内配送料無料で、翌日には届くといった特典です。

 

さらに、FBAを利用して出品すると、

複数の出品者がいる商品の場合に上位に表示されます

購入者は気に入った商品を「カートに入れる」選択をした後、

どの業者から購入するかを選びます。

この時に上位に表示されていることと、Amazonプライム特典がついていることが有利に働くのです。

 

Amazonのマーケットプレイス出品は

商品を気に入ってもらったとしても

業者を選んでもらえなければ売上につながりません。

 

Amazonに出品する上で

FBAを利用することは

非常に大きなメリットになります。

 

中国輸入ビジネスではFBA(フルフィルメントbyAmazon)という

Amazonのサービスを利用することは先に説明しました。

AmazonのFBAを利用すれば

・面倒な梱包、発送作業を代行してもらえる

・クレーム対応を代行してくれる

・商品の販売促進につながる

といったメリットがあります。

しかし、当然ながらAmazonの利用には料金がかかります。

・出品手数料

・大口出品

・小口出品

のそれぞれについて説明していきます。

 

出品手数料

AmazonFBAを利用すると通常、

自宅などに保管しなければならない商品を

Amazonの倉庫に保管することができます。

Amazonの倉庫に保管した商品は

商品が売れるとAmazonが出荷までしてくれます。

商品の保管場所に苦慮しやすい輸入ビジネスにとって

これは非常に大きなメリットです。

これには

・配送代行手数料

・在庫保管手数料

の2つの手数料がかかります。

この手数料の計算にはAmazonが用意している

FBA料金シミュレーターというツールを利用します。

上記2つの手数料はおおよそ販売価格の5%程度になります。

 

大口出品と小口出品

Amazonに登録しようとすると、

大口出品と小口出品という2つの出店方法があることに気づきます。

簡単にいうと、

大口出品は大量に販売する出品者向け、

小口出品は少量の出品者向けです。

 

大口出品は月額4900円の基本料がかかりますが、

小口出品には基本手数料はかかりません。

 

そして成約手数料が大口出品は0円、

小口出品は100円かかるというシステムになっています。

また価格の違いだけではありません。

機能やサービス、管理ツール、商品登録の可否、出品カテゴリーなどに違いがありますが、

一番大きいのは大口出品は新規商品登録が可能だが、

小口出品では不可能ということです。

先に触れましたが、中国輸入商品はコピー品、偽物が多いため、

中国輸入ビジネスで扱う商品は基本的にノーブランド商品です。

仕入れた商品がAmazonでは取扱いがないということも多いですし

そのような商品のほうが多く売れる可能性があります。 

 

月額4900円発生しても大丈夫です。

大口出品形態を選択すると、月額利用料が4900円かかります。

小口出品形態でかかる成約手数料が1品につき100円なので

金額だけみると50商品売れると

大口出品形態のほうがお得ということになります。

最初に結論だけお伝えすると、

中国輸入ビジネスは手順を守って実践すれば

50商品の販売はそう難しくありません。