皆さん、中国輸入ビジネスに興味を持たれたのは

「お金が稼げる」という点でしょう。

しかし、「お金が稼げる」ビジネスは

中国輸入ビジネス以外にもいくつもあります。

 

また、輸入ビジネスには中国輸入ビジネス以外にも

欧米輸入ビジネス、欧州輸入ビジネスといくつか種類があります。

その中で、中国輸入ビジネスを選ぶメリットは

どんなものがあるのでしょうか。

 

数ある輸入ビジネスの中でなぜ中国輸入ビジネスが良いのでしょうか?

・市場規模が大きく長く売りつづけることができる

・準備資金が少なくてもはじめられる

・利益率が圧倒的に高い

の3つの理由があります。

市場規模が大きく長く売りつづけることができる

前にも触れましたが、

中国のECサイトの規模は日本と比べてみても非常に巨大です。

そして扱う商品がノーブランド商品なので競合が発生しづらいというメリットもあります。

市場規模が巨大で、ノーブランド商品のため、競合に気づかれることなく売り続けることができます。

また、欧米輸入ビジネスなどではブランド品を扱います。

ブランド品は中国輸入ビジネスにない安心感はありますが

在庫不足などで同じ商品を売りつづけるということが難しくなります。

その点、ノーブランド品を扱う中国輸入ビジネスは

同じ商品を売りつづけることが可能です。

 

準備資金が少なくてもはじめられる

ノーブランド品を扱う中国輸入ビジネスは仕入れる商品の価格が低く

せいぜい数百円から数千円程度の商品を複数仕入れる方法をとります。

ブランド品を扱う欧米輸入ビジネスなどが

1点数万円の商品を扱うことと比べると大きな違いです。

最初に数十万円を用意しないといけない欧米輸入ビジネスより

随分と敷居が低いことを感じてもらえると思います。

 

利益率が圧倒的に高い

中国輸入ビジネスで扱う商品は利益率が圧倒的に高いです。

日本で3000円で取扱いのあるワンピースが

中国では400円程度で売られているということもあります。

中国の商品が日本では7.5倍の金額で売れるのです。

このような商品の場合各種手数料を差し引いても

かなりの利益率を得ることができます。

 

 

仮に、このワンピースを10商品仕入れた場合、

準備費用が4000円程度、8割売れた場合で24000円の売り上げですから

粗利益は20000円です。

少ない資金で高い利益率の商品を

扱う中国輸入ビジネスのすごさを感じてもらえる数字ではないでしょうか。

 

このように中国輸入ビジネスは長く売りつづけることができ、

少ない準備資金で高い粗利益を確保できるビジネスです。

中国輸入ビジネスは個人が小資本で始めるのに非常に取り込みやすいビジネスなのです。