中国輸入ビジネスでは

タオパオやアリババなどのネットモールを利用します。

タオバオやアリババを利用して仕入れる場合、

手数料はかかってしまいますが、

基本的には輸入代行業者を利用します

 

代行業者を利用しないこともできるの?

代行業者を利用せず個人で購入する場合は

代行業者に支払う手数料を払わなくて済みます。

しかし、タオバオやアリババでの個人での購入には

銀行口座を準備しなければならないことと、

アリペイという決済サービスへの登録が必須となります。

これらは中国現地で行わなければならず、初心者には敷居が高いです。

また、税関の手続きや配送の手続きも複雑です。

基本的には輸入代行業者を利用しましょう。

 

代行業者は信頼できるの?

輸入代行業者は中国人が運営していることもありますが

日本人が運営している業者もあります。

対応は業者によって異なりますので、

少しずつ利用してみて納得のできる業者を見つけていくと良いでしょう。

 

代行業者を利用する場合の購入の流れ

・輸入代行業者に注文を伝えると中国現地スタッフが商品を購入

・中国現地スタッフから日本の代行業者事務所に商品が発送される

・日本の代行業者事務所から注文者のもとに納品

という流れで商品を輸入できます。

注文を伝える際には、日本語で代行業者に注文を伝えるだけで済みます。

また商品の購入代金も日本円で支払うことができます。

代行業者を利用すれば日本にいながら日本語、

日本円で輸入を完結させることができます。

 

輸入代行業者を選ぶポイントは?

輸入代行業者は数多くありますが料金やサービスは業者によって異なります。

最初にしっかりと確認しておきましょう。

また、業者によって

コピー品や不良品を購入してしまった場合の対応に違いがあります。

例えばコピー品を購入してしまった場合に

輸入代行業者から教えてもらえる場合もあります。

不良品を購入してしまった場合には

購入代金の一部を返金してもらえる業者もあるようです。

 

それ以外に大事なポイントは納品のスピードです。

中国輸入ビジネスでは発注から商品が自宅や倉庫に届くまで

だいたい2週間くらいかかりますが、業者によって

1週間で済む場合もありますし、1カ月かかる場合もあります。

発注から1カ月もかかってしまっているようでは

折角売れる商品を見つけてもタイミングを逃してしまうかもしれません。

 

納品のスピードは旧正月など

中国の休日をしっかりと把握しておくことも大切ですが

日数がかかってしまう場合、

単に輸入代行業者の怠慢ということもあります。

 

利用する前に問い合わせをしてみてその反応をみるなどしてみましょう。