poster-pont-de-pierre-in-bordeaux-bei-nacht-1568216


せどりという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

せどりとは競取りと書き、大辞林では「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料をとること。また、それを業とする人」とあります。

広義では中国輸入ビジネスもこのせどりのひとつと考えられますが、一般的には古本などを転売して利ざやを稼ぐ人という意味で使われるようです。

現在ではブックオフなどで本やCDを仕入れて、主にAmazonなどのインターネットで転売してお金を稼ぐ方法です。

基本的なやり方は中国輸入ビジネスと似ており、中国輸入ビジネスを実践している方はせどりでお金を稼いだ経験をされている方が多いようです。

せどりでお金を稼ぐ流れ


ブックオフなどでのせどりの流れは
  • 高利益商品のリサーチ、リスト化
  • ブックオフやインターネットで商品の仕入れ
  • Amazonやヤフオクで商品の出品
  • 出品商品の価格調整
  • 売約成立後、商品の梱包、発送
という流れになります。
せどりは中古品を扱うことが多いため手順も多く、中国輸入ビジネスの流れに比べて非常に大変な作業だと感じてしまうのではないでしょうか。
 

高利益商品のリサーチ、リスト化


この部分は中国輸入ビジネスの商品リサーチとほぼ同じ作業です。
どれだけリストを作れるかがポイントになるのも中国輸入ビジネスと同じです。


ブックオフやインターネットで商品仕入れ


せどりの場合主な商品仕入れ先はブックオフなどの古本屋です。実際に商品の仕入れをするのに、実店舗に足を運ばなければなりません。

せどりはお店側から嫌われる可能性があり、店員の目を盗みながら商品仕入れをしなければならないのも辛いところです。 


Amazonやヤフオクで商品出品


Amazonで出品する場合、中国輸入ビジネスではFBAという便利なシステムを利用できますが、せどりで取り扱うのは中古品なので自分で商品を梱包、発送しなければなりません。

ヤフオクで出品する場合は商品の撮影から商品ページの作成まで非常に手間がかかります。


出品商品の価格調整


出品した商品は売れるまで商品の価格調整を行わなければなりません。
この作業は中国輸入ビジネスとそう変わりません。

商品の梱包、発送


商品の梱包、発送作業は基本的には全て自分でしなければなりません。

中国輸入ビジネスではこの辺りを何もしなくても良いのです。


せどりと中国輸入ビジネスを比較した結果


他にも、せどりは同じ商品を仕入れし続けることが難しいのに対して、中国輸入ビジネスでは新品を扱うので同じ商品をまとめて仕入れることができます。

中国輸入ビジネスもせどりの一つの方法なのですが、こうして比べてみると中国輸入ビジネスの良さも感じてもらえるのではないでしょうか。

とはいえ、中国輸入ビジネスは参入者が増えるとお金を稼ぎづらくなる可能性がゼロではありません。
他のビジネスについても一通り知識をつけておいて、場合によってはお金を稼ぎやすいビジネスに移行するという姿勢をもつことも大切ですね。

収入源は複数確保し、1つの収入源が稼ぎにくくなっても大丈夫なように備えましょう。
他のネットで出来る副業ノウハウはこちらにまとめているのでご参考に。
関連記事儲かるネット副業情報のまとめ


また、中国輸入ビジネスのことをもっと詳しく知りたければ、こちらのまとめページを参考にしてください。設定方法から商品リサーチに使うサイト、出品方法まで解説しています。

中国輸入ビジネスのノウハウまとめ(前編)基本設定から商品リサーチ、他ビジネスとの違いを解説!
中国輸入ビジネスのコツまとめ(後編)リサーチと仕入れのコツ、利益を出す出品方法を解説!





Twitterでも情報を配信中!