中国輸入ビジネスは

タオバオやアリババで仕入れた商品を

Amazonで販売するビジネスですが

 

出品する商品によって大きく2つの方法があります。

・相乗り出品

・新規出品

の2つです。

 

相乗り出品とは

相乗り出品とは、Amazonにおいて

既に商品ページのある商品、

他に出品者のいる商品を出品することです。

 

商品ページをつくる必要がなく

「既に売れている商品」をリサーチして出品するため

売れ残りのリスクは低くなります。

 

しかし、出品者が増えれば触れるほど

価格競争が起きて販売単価が落ちてしまいます。

 

商品リサーチではモノレートなど

Amazonでの価格や出品者数を参考にします。

 

「既に売れている商品」を販売するため

売りやすい方法ですが、利益が少なく

場合によっては収支がマイナスになってしまう可能性もあります。

 

新規出品

新規出品はまだAmazonで売られていない商品

新規に商品ページを作成して販売する方法です。

 

まだ販売されていない商品を販売するため

・商品ページを一から作成しなければならない

・売れる残るリスクが高い

という点で相乗り出品と比べて敷居の高い方法です。

商品ページを作成するのは慣れれば誰でもできますが

商品リサーチ力に関しては

相乗り商品と比べるといっきに難易度が高くなります。

 

新規出品の最大のメリットは

商品リサーチがうまくいき

新規出品した商品が売れ始めると

最初の内は競合がいなく、

独占して販売しつづけることができるということです。

 

そのまま売れ続けると

参入者が現れて次第に価格競争にはなっていきますが

最初の独占販売できる時期の利益は大きいのです。

 

新規出品の商品リサーチには

オークファンなどAmazon以外の

データを活用することになります。

 

相乗り出品と新規出品

それでは相乗り出品と新規出品

どちらに取り組むのが良いでしょうか?

 

まず初心者の内は相乗り出品に絞って

中国輸入ビジネスを始めると良いでしょう。

 

商品のリサーチをして出品して

価格競争時の価格改定など一通り実践したら

新規出品に取り組んでみましょう。

 

必要とされる商品リサーチ力には

大きな隔たりがあるので最初は苦戦するかもしれません。

 

新規出品を始める時には

相乗り出品も並行して続けることをオススメします。

 

相乗り出品の商品リサーチが

新規出品の商品リサーチに活かされることも多く

 

また相乗り出品でも新規出品でも

利益が出るようにしておけば

どちらかの利益が出なくなった時の

リスクヘッジにもなります。