中国輸入ビジネスは

タオバオやアリババで仕入れた商品を

Amazonで販売しますが

 

その出品方法として

・相乗り出品

・新規出品

があります。

 

さらに中国輸入ビジネスである程度の

売上を上げられるようになってきたら

・アリババでの商品仕入れ

・OEMでの商品仕入れ

・義鳥(イーウー)での中国現地での商品仕入れ

といった方法を考えることもできます。

 

相乗り出品と新規出品

中国輸入ビジネスでは

最初は取り組みやすい相乗り出品を行いますが

 

相乗り出品で一通りやり方を覚えたら

新規出品をやりましょう。

商品リサーチなどより深く考えるようになり

さらにその後のステップに進むのに役立ちます。

 

また、新規出品を初めても

相乗り出品を並行して行うことをお勧めします。

 

アリババでの商品仕入れ

アリババでの商品仕入れは

タオバオでの商品仕入れと比べてロッド数の制約があるため

タオバオでの商品仕入れで

中国輸入ビジネスに慣れてから行うと良いでしょう。

 

ロッド数の制約があるのですが

たくさん注文すればするほど

単価は低くなり、利益率は高くなります。

 

OEMでの商品仕入れ

アリババで商品仕入れを行うようになり

損益分岐点など多くの商品を取り扱う際の

利益計算ができるようになったら

 

アリババや、代行業者を利用して

OEMでの商品仕入れにチャレンジしてみましょう。

 

OEMでの商品仕入れは

出品方法としては新規出品の進化形のような方法で

出品した商品に相乗りしてくる同業者に対して

参入障壁を設けることができます。

 

義鳥(イーウー)での商品仕入れ

義鳥(イーウー)での商品仕入れは

中国現地での買い付けになります。

ある程度の経験と売上のある

中国輸入ビジネス上級者向けの方法です。

 

現地での仕入れは

利益率を高く取れることに加えて

たくさんの商品を見られるため

商品リサーチ力を磨く上でも良い方法です。

 

現地で良い商品を見つけたら

すぐに買い付けできる力があれば

大きな利益を得られる方法です。

 

基本に忠実に

中国輸入ビジネスを始めるにあたって

最初は基本に忠実に進めていくべきです。

 

どの段階で次のステップに進むべきか、は

どの程度の利益を得たいのかにもよりますし

どの程度の時間を割けるかにもよるでしょう。

 

今回紹介した方法の内、上級者向けになればなるほど

リスクは高くなりますが、そのリスクに比例して

うまく行った時の利益は大きくなります。

 

中国輸入ビジネスで利益を上げることは

そう難しいことではないですが

どの程度の利益を上げたいのか

最初に目標を設定して取り組んでみると

良いのではないでしょうか。