alibaba

中国輸入ビジネスでは商品の仕入れに

タオバオやアリババといった中国のネットモールを使い、

Amazonで販売します。

 

今回はアリババへの登録についてご紹介します。

タオバオとアリババの違いは、簡単に言うと

基本的にはタオバオが個人向けであるのに対して

アリババは企業向けのネットモールです。

 

アリババに無料会員登録

まずはアリババのサイトを表示します。

そうすると英語と日本語で表示されたアリババのサイトが表示されます。

サイトの左上の無料会員登録ボタンを押すと

 

国家、サプライヤーかバイヤー、名前、勤務先名

電話番号、メールアドレス、パスワードと認証コード

を入力する画面が表示されるので入力して発送ボタンを押します。

 

登録したアドレスにメールが届いているので

メールでの確認を済ませてしまいましょう。

これで無料会員登録は終了です。

 

アリババの使い方

アリババとタオバオの一番の違いは

アリババで購入する時には最少ロット数があることです。

最少ロット数が100であれば100個単位での商品の購入になります。

 

また購入数に応じて単価も変わります。

なので表示されている価格は幅のある価格として表示されます。

 

アリババでの商品仕入れは

最少ロット数があるため、初心者の利用には向きませんが

タオバオと比べて安くで仕入れる可能性が高い方法です。

 

価格表を取り寄せる

アリババでは商品の価格は

幅のある価格として表示されます。

しっかり価格が明示されていないこともありますので

個別に価格表を取り入れる必要があります。

 

商品を表示したときに価格の近くに

価格表を取り寄せるというボタンがあるので

気になる物件はどんどん

クリックして価格表を取り寄せましょう

 

利益を計算する

価格表を取得できたら

タオバオでの商品仕入れと同じように

利益を計算して仕入れる商品を決めましょう。

 

アリババを使用する一番のメリットは

多くの商品を仕入れれば

単価を安く仕入れることが

できるということです。

 

最少ロット数100個の商品の場合と

タオバオで1個ずつ仕入れる方法とでは

利益計算の方法も変わってきます。

 

100個の内何個売れたら利益になるのか、

また全部売るのに何カ月かかるのか

といった計算もしなければなりません。

 

アリババでの商品仕入れは

タオバオでの商品仕入れに慣れた後に

チャレンジしてみるのが良いでしょう。

 

アリババでの商品仕入れは準備金の少ない内は

経費や手数料などの計算を誤ってしまうと

大きな損失につながりかねません。

慎重に利益計算を行いましょう。