中国輸入ビジネスにおいて、

商品のリサーチにモノレートというサービスを利用します。

モノレートはAmazonに出品されている

商品の価格や出品者数、商品のランキングを調べることができるサービスです。

 

中国輸入ビジネスにおけるモノレートでの商品リサーチ1

 

モノレートをつかった商品リサーチの流れ

・モノレートを利用して売れている商品をリサーチ

・売れる商品が見つかったらタオバオで同じ商品を探す

・価格を調べて利益が取れそうであれば輸入

・Amazonで出品

ご覧のようにモノレートでは

すでに売れている商品を探すので安心して出品できます。

しかもAmazonを利用すれば

在庫を補充する感覚で出品することが可能です。

これは相乗りと言われている方法で、

初心者の方にとっては非常に取り組みやすい方法です。

 

価格競争になりやすい

しかし、同じようにモノレートを使って商品リサーチをする

中国輸入ビジネス実践者もいます。

中国輸入ビジネス実践者同志が同じ商品を出品してしまうと

価格競争になってしまいます。

出品する商品を決める際には

中国輸入ビジネス実践者の出品の少ない商品を選ぶのも一つのポイントです。

 

中国輸入ビジネス実践者を探す

中国輸入ビジネス実践者はAmazonで見つけることができます。

販売したい商品が見つかったら

Amazonでその商品の商品ページを開きましょう。

商品ページで出品者情報を確認して、

その出品者の他の出品を確認します。

その他の出品物がノーブランドや中国の製品で

FBAを利用していたらその出品者は中国輸入ビジネス実践者です。

 

取扱いたい商品の出品者の多くが

中国輸入ビジネスの実践者であればその商品は

価格競争に陥ってしまう可能性が高いです。

 

取扱う商品を決める際には

出品者情報にも気をつける必要があります。

 

在庫を補充するように出品できる

先に説明したように

モノレートをつかった商品リサーチでは

すでにAmazonで売れている商品から

取り扱う商品を探し、その商品を

タオバオで仕入れてAmazonで販売します。

 

Amazonではマーケットプレイス出品という

システムを利用することができ、

このシステムを利用する場合出品の際に

面倒なページの作成や写真の撮影などをしなくて済みます。

 

また中国輸入ビジネスでは在庫管理にFBAを使いますから

モノレートで商品リサーチをして

タオバオで商品を輸入したあとは

Amazonの倉庫に商品を送るだけ、

という非常に簡単な方法で始められることができます。

 

中国輸入ビジネスになれるまで

まずはこの方法で始めてみることをおすすめします。

 

中国輸入ビジネスにおけるモノレートでの商品リサーチ2

 中国輸入ビジネスでは商品リサーチにモノレートという

Amazonのランキングなどを調べられるサービスを使います。

非常に簡単に中国輸入ビジネスを始められるので

まずはモノレートをつかった商品リサーチをマスターしましょう。

ノーブランド品を探す

中国輸入ビジネスではノーブランド品を扱います

モノレートで商品リサーチをするにあたって

まずはノーブランド品を探すようにしましょう。

それには

・ノーブランド

・ノンブランド

といったキーワードをAmazonで検索しましょう。

Amazonで出品されているノーブランド品にはすべて

ノーブランドと明記するルールになっているので、

多くのノーブランド品が見つかります。

その他

・中国製

・PRC

といったキーワードでの検索も効果的です。

「中国製」のキーワードが入った商品は

メーカー品の場合もありますので気をつけましょう。

なお、PRCとは中華人民共和国、つまり中国のことです。

ここで見つけた商品を

モノレートで分析しても良いですが

その前にやることがあります。

 

中国輸入ビジネス実践者を探す

Amazonでノーブランド品を検索したら

その中から中国輸入ビジネス実践者を探します

先に触れましたが、

ノーブランド品の出品者情報を確認し

FBAを利用している出品者で、

ノーブランド品を他にたくさん扱っていれば

中国輸入ビジネス実践者である可能性が高いです。

尚、FBA利用者であるかどうかを見分けるには

商品情報の「配送」を確認します。

FBA利用者は

AMAZON.CO.JP配送センターより発送されています

と記載があるのでそこで見分けます。

 

モノレートでリサーチする商品を決める

FBA出品者であり、ノーブランド品を他にたくさん扱っている

中国輸入ビジネス実践者を見つけたら

その出品者の他の商品もモノレートでリサーチしていきます。

その出品者の他の商品をすべてリサーチし終えたら

そのリサーチした商品の他の出品者も調べましょう。

そこでも中国輸入ビジネス出品者は見つかるはずです。

・Amazonでノーブランド品を検索

・ノーブランド品の出品者情報を確認し

 FBA出品者で、他にノーブランド品の出品が多ければ

 中国輸入ビジネス実践者の可能性が高い

・その出品者のその他の商品情報から他の商品をモノレートでリサーチ

・すべての商品をモノレートでリサーチし終えたら

 その他の出品者情報を確認の商品情報を確認。

 

これを繰り返すだけで

たくさんの商品をモノレートでリサーチをすることができます。

 

中国輸入ビジネスにおけるモノレートでの商品リサーチ3

 中国輸入ビジネスでは

商品リサーチにモノレートというサービスを使います。

このサービスはAmazonの価格や出品者数、商品のランキング

などを調べることができます。

このモノレートをつかった商品リサーチでは

どの商品をリサーチするかが大切です。

 

リサーチする商品を楽にみつける

他の中国輸入ビジネス出品者の出品情報から

リサーチする商品を見つける方法はすでの説明しましたが

この方法だけでは

新しくリサーチする商品がなくなってしまうこともあります。

リサーチする商品がなくなってしまったという方のために

さらにリサーチする商品を拡げる方法をお伝えします。

あなたがAmazonを利用したことがあるのなら

Amazonから何か商品をオススメされたことがあると思います。

これはあなたがAmazonで検索したキーワードをもとに

そのキーワードに関連のある商品を

オススメしてくれるレコメンド機能というものです。

ここまでで中国輸入商品を検索していれば

すでに関連商品に

中国輸入商品が表示されているのではないでしょうか。

しかも検索するたびに表示される商品が変わります。

この機能をつかってリサーチする商品を見つけます。

 

モノレートでリサーチする前に

このようにしてモノレートでリサーチする商品を探していきますが

実際にモノレートでリサーチする前にやってほしいことがあります。

・出品者数の少ない商品を選ぶ

・商品の評価を確認する

・販売価格の価格帯を決める

この3つを基準にして

効率的にモノレートでリサーチする商品を決めていきましょう。

 

出品者の少ない商品を選ぶ

出品者が多いとそれだけ人気の商品だとも言えますが

価格競争におちいってしまう可能性が高いです。

出品者が多く価格競争におちいってしまうと

最初に予測した利益が確保できない可能性が高くなります。

出品者が多い商品=価格競争になる商品

と考えて出品者の少ない商品を選びましょう

 

商品の評価を確認する

商品を購入したお客様からは評価が投稿されます。

高評価を得た商品は良い商品というのも、もちろんそうですが

購入を検討されるお客様はこの評価を購入の検討材料にします。

儲かりそうな商品でも

商品の評価が低い商品には充分に気をつけましょう。

 

販売価格の価格帯を決める

取り扱う商品の価格帯を決めて商品を選びましょう。

特に最初の内は

高価な商品と、その逆に安すぎる商品の取り扱いは

しないようにしましょう。

仕入れ値と手数料などを考えると

最初は3000円前後の商品を取り扱うと良いでしょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるモノレートでの商品リサーチ4

中国輸入ビジネスでは

商品のリサーチにモノレートを使います。

モノレートをつかったリサーチ方法では

すでに売れている商品をリサーチするので

安心感がある方法です。

すでにお伝えしたいくつかの方法で

モノレートでリサーチする商品を探していきますが

探していくうちに

中には、ノーブランド品なのかコピー品なのか

判断の難しい商品もあることに気づくでしょう

 

コピー品をつかまないために

中国輸入ビジネスではノーブランド品を扱うのは鉄則です。

ブランドのコピー品などをつかんでしまった場合

輸入時に税関でつかまってしまうと

代金を全部捨ててしまうことになってしまいますし

仮に税関を通過した場合

その商品を販売してしまえば、

販売者のあなたは罪に問われるのです。

中国輸入ビジネスではノーブランド品を扱う

と肝に銘じておけばほぼ間違いないのですが

中にはノーブランド品かコピー品か

判断の難しい商品もあります。

例えば、中国輸入ビジネス実践者は

他の中国輸入ビジネス実践者と

同じ商品を取り扱うことを避けるため

個人輸入した商品に自社名をいれる場合があります。

こういった商品の場合は

もともとがノーブランド品なので問題ないのですが

そうでない場合、つまりメーカー品である可能性もあるのです。

 

商標権を確認する

メーカー品である疑いを解消するために商標権を確認します。

商標権はインターネットで簡単に調べることができます。

商品に記載のあるメーカー名や商品名で検索してみましょう。

商品名やメーカー名の検索でヒットしてしまえば

その商品はコピー品である可能性が高いです。

 

インターネットで検索する

インターネットにはさまざまな情報がありますので

商品がコピー品でないかどうかを直接検索するのも有効です。

商品名やメーカー名の後にコピーもしくは偽物などと

キーワードを入れて検索サイトで検索してみましょう。

 

コスプレ商品にはご用心

中国輸入ビジネスではコピー品をつかまないために

細心の注意を払う必要がありますが

もう一つ注意しなければならないことがあります。

それはコスプレ商品の取り扱いです。

実際にコスプレ商品を取り扱っている出品者はたくさんいますが、

コスプレ商品は商標権の侵害にあたる可能性があります。

過去にコスプレ商品を取り扱っている業者が

逮捕されたケースもあるようです。

判断の難しいコスプレ商品ですが

取扱いの際には充分に調べてから取り扱ったほうが良さそうです。

特にキャラクターもののコスプレなどは

問題になる可能性もあるので気をつけましょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるモノレートによる商品リサーチ5

中国輸入ビジネスでは

商品のリサーチにモノレートを使います。

モノレートはAmazonの出品情報をリサーチするサービスです。

Amazonの出品情報は膨大なので

リサーチする商品の絞り込みが重要です。

今回はリサーチする商品を見つけて、

実際にモノレートでリサーチする方法についてお伝えします。

モノレートでは

・ランキング

・最安値

・出品者数

の3つを確認します。

 

モノレートでランキングを確認する

モノレートでは最初にランキングを確認します。

モノレートでは商品の

Amazonでのランキングの推移をグラフで確認できます。

Amazonのランキングは

・商品が売れると上昇

・売れない期間があると下降

という仕組みで推移しています。

中国輸入ビジネスで取扱いたい商品はどういう商品かというと

「コンスタントに売れている商品」です。

コンスタントに売れている商品は

上下を繰り返しているグラフになります。

 

モノレートで最安値を確認する

最初にランキングの推移を確認して、

ギザギザしたグラフをもった商品だったら

次に最安値と出品者数を確認しましょう。

最安値のグラフでは、

価格が急降下していないかどうかの確認をします。

中国輸入ビジネス実践者が複数出品をしている商品の場合

各出品者が自分の商品を売るために価格競争が始まります。

すでに価格が急降下している商品の場合

その価格からさらに下降していく可能性が高いです。

どの商品もいつかは価格が下降していく可能性をもっていますが

リサーチの段階ですでに価格が下降している商品には

参入しないほうが良いです。

 

モノレートで出品者数を確認する

最安値と共に出品者数の確認も行います。

直近で出品者数が急激に上昇している商品の場合

参入を見送ったほうが良いです。

現段階で最安値が下降していないとしても

いずれ価格競争がはじまり価格は下降していくでしょう。

また、出品者が多い商品への参入は

自分の商品を売るのが難しくなる点でも問題です。

一般的には商品が売れれば出品者は減るのですが

中国輸入ビジネス実践者の多い商品では

次から次へと出品者が現れます。

 

また、出品者が減少している=売れている

といえない時もあります。

出品者が減少している場合、

併せてランキングのグラフも確認しましょう。

出品者が減少してランキングが上昇している場合

売れている商品と言えますが、

出費者が減少してランキングに変動がない場合

出品者がAmazon以外の媒体で販売したり

販売を取りやめた場合も考えられます。

 

以上がモノレートを活用した中国輸入ビジネスでお金を稼ぐための

リサーチ方法です。マスターすることで利益の出る商品をしっかりと見つけていくことが

出来ます。