中国輸入ビジネスでは

モノレートやオークファンで商品リサーチした商品を

タオバオやアリババで仕入れて

Amazonで販売します。

 

中国輸入ビジネスのこの流れの内

今回はタオバオでの商品仕入れについて

お伝えします。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて1

 

タオバオ仕入れではキーワードで検索する

中国輸入ビジネスでは

商品リサーチして売れる可能性の高い商品を見つけたら

タオバオで仕入先を探します。

タオバオで仕入先を見つけるにはまずタオバオで商品検索を行います。

 

タオバオで商品を探す時には最初にAmazonなどと同じように

キーワードを入力して検索します。

 

タオバオ仕入れのキーワードは中国語

中国輸入ビジネスでは

中国から仕入れた商品を日本で販売するため

仕入先のタオバオやアリババは

中国のインターネットモールです。

 

今回はタオバオで

商品をキーワード検索するにあたり

検索窓に入れるキーワードを

中国語に翻訳しなければなりません。

 

タオバオ仕入れのキーワードは商品の特徴を分解する

中国輸入ビジネスにおいて

売れそうな商品をリサーチして

タオバオなどで商品を仕入れようとする時

タオバオでの商品名は

Amazonの商品タイトルと異なります。

 

そのため、検索窓に入力するキーワードは

商品の特徴を分解して入力する必要があります。

 

例えばAmazonで

「フェイスマスク 3色ネックウォーマー♪

 鼻から首まであったか! バイク 自転車

 スノーボード スキー(ブラック)」

というタイトルで販売されている商品があります。

 

このタイトルを

・単語に分解する

・記号や絵文字があったら省く(この場合、!や♪、括弧)

 

という作業を行います。すると

 

「フェイスマスク 3色 ネックウォーマー

鼻から首まであったか バイク 自転車

スノーボード スキー ブラック」

と分解できます。

 

もっとも商品の特徴をあらわしている

単語を抜き出して検索する

Amazonの商品タイトルを単語に分解したら

その中で、商品の特徴を

もっともよくあらわしている単語を抜き出します。

 

今回の場合

「バイク 自転車 スノーボード スキー」

などは商品の特徴とはいえません。

「フェイスマスク ネックウォーマー」

といった単語を中国語に翻訳します。

 

これらの単語を翻訳してタオバオで検索をかけます。

なお、今回は2単語のみですが、

商品の特徴をあらわす単語が多い場合(5単語以上など)

検索結果を狭めてしまうので、

より重要と思われる単語のみで検索をかけるようにしましょう。

 

例えば、

「エレガント スタイルに! 大人 かわいい

 ボーダー フレアー スカート ミディアム丈

 スリム 長袖 ブラウス シャツ」

というタイトルの商品の場合

重要な単語は

「ボーダー フレアー スカート ミディアム丈 ブラウス 長袖」

といった単語になりますがこの内の

「フレアー スカート ブラウス」

の3単語を翻訳して検索します。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて2

中国輸入ビジネスでは

タオバオやアリババなどの中国のネットモールで

仕入れた商品をAmazonで販売して

その差益を利益とするビジネスです。

 

中国輸入ビジネスで利用するタオバオやアリババは

中国のネットモールなので

日本語で売れそうな商品をリサーチした後は

中国語に翻訳して、仕入先を見つける必要があります。

前回、売れそうな商品のタイトルを分解して

中国語に翻訳し、タオバオの検索窓で検索する

という方法をご紹介しました。

今回はさらに検索結果を絞る方法についてお伝えします。

 

商品名で検索したら、価格帯で絞り込む

中国輸入ビジネスのうちもっともポピュラーなタオバオでの

商品仕入れですが、前回は売れそうな商品をリサーチした後

タオバオでキーワード検索を行う方法をお伝えしました。

 

キーワードが多すぎる場合は検索結果を狭めないため

キーワード数を減らすとお伝えしましたがキーワード検索をしたら

次は価格帯で絞り込みます。利益の出ない商品は取り扱う意味がないからです。

 

価格帯の絞り込みは上限を設定する

タオバオにおいてキーワード検索をした後は

利益のでる商品に絞って価格帯で商品を絞り込みます。

タオバオでは商品を価格帯で絞り込む際

最低価格と最高価格の入力ができますが

今回は利益がでる商品のみ表示させるため

上限のみ入力します。

 

すでにAmazonで出品されている商品をタオバオから仕入れる場合

中国輸入ビジネスでは

タオバオなどの中国のネットモールで仕入れた商品を

Amazonで販売します。

その商品リサーチにはAmazonですでに売れている商品をリサーチする方法と

ヤフオクなどで売れていてまだAmazonで売られていない商品を

取り扱う方法があります。

 

商品リサーチして売れそうな商品だと判断した商品が

すでにAmazonで売られている商品の場合

Amazonでの販売価格から

タオバオでの商品仕入れ代金や代行手数料

出品手数料、配送料などを差し引いて利益計算をしなければなりません。

 

タオバオからの仕入れ時に代行業者を使うか使わないか

代行業者を使う場合代行手数料や配送料はいくらかによって

事情は変わりますがAmazonでの販売価格÷50~70位で簡単に利益計算をすると良いでしょう。

もちろん、実際に発注する際には詳細な利益計算を行います。

 

タオバオから仕入れたものをAmazonで新規出品する商品の場合

中国輸入ビジネスで出品の際に利用するAmazonでは

すでに商品ページのある商品を出品する方法と新規出品する方法があります。

新規出品をする場合、価格は自分で決められるため

上記のような計算式を考慮する必要はありません。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて3

中国輸入ビジネスではモノレートやオークファンなどのツールで

商品リサーチを行い、売れそうな商品をタオバオやアリババで格安で仕入れて

Amazonで出品するという方法をとります。

 

中国輸入ビジネスで利用するタオバオやアリババでの商品仕入れの際には

中国語での商品検索になるので

商品検索にも工夫が必要になります。

中国輸入ビジネスのAmazonでの出品には

すでに商品ページのある商品に出品する相乗り出品と

新規で商品ページを作成して出品する新規出品があります。

 

相乗り出品の場合にはAmazonですでに販売価格が表示されているため

その販売価格をもとに仕入れ価格を絞り込む必要があります。

その際に簡略化した数式

Amazon販売価格÷50~70

といった計算式を用意しておくと利益計算の時間を短縮できます。

これは実際に仕入れる際には再度詳細に利益計算します。

 

タオバオから仕入れる際の簡略化した数式の設定方法

中国輸入ビジネスでの相乗り出品、

つまりすでにAmazonに商品ページのある商品への出品の場合

Amazon販売価格÷50~70

といった簡略化した数式を用意しておくとタオバオでの商品検索をスムーズに行えます。

この50~70の計算式ですが輸入代行手数料や配送料、出品手数料など

中国輸入ビジネスの

・商品リサーチ

・商品仕入れ

・商品出品

・梱包、発送

にかかる手数料を一度計算して算出しましょう。

また、これらは日本円と中国元の為替によっても変動するので、適宜見直しをしていきます。

 

キーワードで検索して価格帯を絞り込んだ後について

ここまで、モノレートやオークファンで売れそうな商品をリサーチして

タオバオで中国語での商品リサーチと価格帯の絞り込みを行いました。

この結果、希望の価格帯の商品が見つからない

こともあるでしょうが、ここで諦めてはいけません。

例えば、検索で利用したキーワードは翻訳ツールを使ったキーワードなので

実際に使われている言葉と違うものかもしれません。

 

検索結果に出ている商品の商品タイトルをよくみて

共通して何度もでているキーワードがあれば

今度はそのキーワードを利用して検索してみましょう。

現地の言葉で検索することによってもっと安い商品が見つかるかもしれません。

 

再検索を行い最安値の商品を探す

上記の方法はたとえ希望の価格帯で商品が見つかった場合でも同様です。

上記方法以外にも、最初に絞り込んだキーワードのうち

使っていないキーワードで商品を検索してみても良いです。

複数回キーワード検索を行い。

同じ商品でも最安値の商品を根気強く探していってください。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて4

中国輸入ビジネスはタオバオやアリババなどの中国のネットモールで仕入れた商品を

Amazonで販売して利益を得るビジネスです。

中国輸入ビジネスで仕入れに使うタオバオは中国語表記になっているため

検索方法や価格帯の絞り込みで工夫が必要です。

 

検索方法や絞り込みのコツを掴んで常に最安値での仕入れを目指しましょう。

今回は、中国輸入ビジネスにおいて

タオバオで商品仕入れをする際の注意事項を

・1つの商品ページで複数の商品の販売

・カラーやサイズによって価格が変わる

・ショップの評価

に分けてお伝えします。

 

タオバオでは1つの商品ページに複数の商品が売られていることがある

中国輸入ビジネスで仕入れに利用するタオバオは中国のネットモールです。

サイトの表記も中国語のため使いづらいところもあります。

タオバオを利用した商品仕入れの際に気を付けたいことの1つめが

タオバオでは、1つの商品ページに複数の商品が売られていることがある、

ということです。

 

トップに表示されている商品以外にも取扱いがある可能性があるので

確認しておきましょう。

 

タオバオではカラーやサイズによって価格が変わる

中国輸入ビジネスで利用するタオバオでは検索結果に表示される価格は

その商品の最低価格になります。

価格帯を絞り込んで検索してもカラーやサイズを変えると

希望の価格より高い商品価格が表示されるということもあります。

 

タオバオ内のショップの評価

中国輸入ビジネスで利用するタオバオでは日本のAmazonと同じように

出品者の評価を閲覧することができるようになっています。

タオバオでは

・ハート

・ダイヤ

・王冠

の順番で、それぞれに5段階の評価がされます。

ハート1つが最低評価、王冠5つが最高評価です。

 

中国輸入ビジネスでは中古品や不良品はつきものですが

中古品や不良品を仕入れてしまうリスクをできるかぎり排除しましょう。

タオバオにおいてはハートの評価(1~5段階全て)がついている

業者が不良品率が高いようです。

少なくとも、ダイヤ、出来れば王冠のついた業者を利用しましょう。

 

タオバオ内の複数の業者を調べておく

中国輸入ビジネスでは商品仕入れにトラブルはつきものです

同じ商品を扱うにもできれば2~3業者の発注先をおさえておきましょう。

代行業者を利用する場合には複数の業者を調べておいて

トラブルのないように進めてもらうよう依頼しておくと良いです。

個人で行う場合でも在庫不足といったトラブルを回避するために

事前に複数の業者をピックアップしておきましょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて5

中国輸入ビジネスはタオバオやアリババで仕入れた商品を

Amazonで販売するビジネスです。

中国輸入ビジネスで最初に利用するのはタオバオでの仕入れですが

タオバオは中国語のサイトなので仕入れ時にはいくつかの注意事項があります。

 

これまでいくつかの商品検索の方法や注意事項をお伝えしましたが

これらの方法でも商品が見つからない場合もう一つ方法があります。

それは画像で検索する方法です。

 

タオバオからの仕入れをグーグル画像検索で行う

中国輸入ビジネスではタオバオで商品仕入れを行いますが

タオバオで商品を検索するにあたって中国語に翻訳する必要があります。

しかし、タオバオで商品を検索するにあたって

うまく翻訳できないことも出てくるでしょう

 

せっかく売れそうな商品を見つけたのに

翻訳はうまくできずに商品が仕入れられないのはもったいないです。

翻訳サイトを利用してもうまく翻訳できない場合には

グーグル画像検索を利用してみましょう。

 

手順は

・Amazonなどで売れそうな商品の画像URLをコピーする

・グーグル画像検索で商品と似たような画像のサイトを検索

・グーグル画像検索結果をもとに商品の中国語表記を見つける

・商品の中国語表記を見つけたらタオバオで検索する

という流れです。

 

画像URLを貼り付ける

Amazonなどで仕入れたい商品の画像が見つかったら

画像の上で右クリックして画像URLをコピーします。

次にグーグルの検索サイトを開き、画像をクリック後

検索窓に先ほどコピーした画像URLを貼り付けて検索しましょう。

なお、画像URLがコピーできない場合のありますが

その場合は保存した画像をアップロードしたり

画面キャプチャした画像をアップロードして検索することもできます。

 

グーグル画像検索結果

URLや画像アップロードで同じ商品の検索結果が表示されます。

この時タオバオの商品ページが表示されれば

それが一番良いですが、なかなかそうはいきません。

それで、どうするかというと

表示された検索結果の内中国語表記のものを探すのです。

 

検索結果の中に中国語表記のものを見つけたらそのサイトを表示して、

その商品のタイトルや説明が表記されていないか確認しましょう。

 

タオバオで検索する

グーグル画像検索の結果で中国語表記されたサイトを開いたら

商品タイトルや説明らしい文章を探します。

商品タイトルや説明らしい文章が見つかれば

そのタイトルや文章をタオバオで検索します。

後は、今までと同じやり方で最安値の商品を探しましょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて6

中国輸入ビジネスではモノレートやオークファンで

売れる商品のリサーチを行いタオバオで商品を仕入れて

アマゾンで商品を販売します。

ここまで中国輸入ビジネスにおいて

オークファンでのリサーチや画像検索でのリサーチ方法など

お伝えしてきました。

そうして、いざ、売れそうな商品が見つかった後は

本格的な仕入れをする前テスト仕入れをしましょう。

 

タオバオからのテスト仕入れ

モノレートやオークファンやグーグル画像検索など

さまざまな手法を駆使して見つけた売れそうな商品ですが

中国輸入ビジネスでは最初から多くの商品を仕入れるのではなく

まず、数個の仕入れを行う「テスト仕入れ」を行いましょう。

テスト仕入れを行う理由は

・仕入先の確認

・売れ行きの確認

の2つの理由があります。

 

タオバオから仕入れは問題ないか確認のためのテスト仕入れ

中国輸入ビジネスで仕入れる中国の個人商店は

不良品や質の悪い商品が当たり前で多くが返品、交換不可能です。

大量発注してしまってから仕入先の問題に気づいてしまっては

取り返しがつきません。

中国輸入ビジネスの取引先の商店に関してはまず疑ってかかるくらいが良いです。

 

Amazonでの売れ行きの確認のためのテスト仕入れ

テスト仕入れを行う理由の2つめは仕入れた商品がちゃんと売れるかどうか

売れ行きの確認です。

 

仕入れた商品が即日完売するのか1カ月かかるのかによって

どれくらい出品するかを決めます。

テスト仕入れの際に数個仕入れた商品が何カ月で売れるかによって

2回目の仕入れをどれくらいにするかを決めます。

テスト仕入れの目安個数は3~5個程度です。

このテスト仕入れの段階で完売までに1カ月かかるようであれば

その後の取り扱いを考え直したほうが良いかもしれません。

テスト仕入れの完売に勢いを感じられるようであれば

2回目の仕入れを行いましょう。この時は5~10個程度仕入れます。

 

タオバオからの本格的な仕入れは3回目以降

1回目の出品では新規出品の場合、「新規出品」

と表示される売れやすい状態です。

しかし2回目以降はその利点がありません。

2回目までは売れ行きの確認と思って仕入れましょう。

2回目の売れ行きを確認したら

売れ行きに合わせて仕入れる数を決めます。

 

どれくらいの期間で売れるのかを仕入れの目安にする

仕入れる商品の数量はテスト仕入れと2回目の仕入れの売れ行きを確認したら

そのデータを基に、どのくらいの期間で売れるのか

目安に仕入れる数量を決めます。

具体的には、仕入れた数量が1カ月~1カ月半程度で

完売できる数量を仕入れます。

この期間は短すぎても、長すぎてもいけません。

仕入れてみて完売までの期間が短すぎればもっと多く仕入れ、完売までの期間が長ければ

仕入れる数量を少なくしましょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオでの仕入れについて7

中国輸入ビジネスではタオバオで仕入れた商品をアマゾンで販売します。

中国輸入ビジネスでは基本的に中国語でのやり取りが

必要となりますので輸入代行業者等を利用します。

 

また中国輸入ビジネスにおいて中国から商品を仕入れる際には

関税や送料などいくつかの経費がかかります。

商品を仕入れてから日本のAmazonで商品が売れるまでの

経費を差し引いても利益がでるように利益計算をしなければなりません。

今回は中国輸入ビジネスにおける利益計算について説明します。

 

中国輸入ビジネスの利益計算

中国輸入ビジネスでは売れそうな商品をリサーチして

タオバオで仕入先を見つけたら代行業者に発注をかけます。

リサーチ中や仕入先選定中に行うアバウトな計算方法としては

「Amazonの販売価格÷60の計算式で利益がでるかの判断を行いました。

そして、いざ商品を仕入れる際にはそれぞれの経費を詳細に算出していきます。

 

アリババからの仕入れ商品価格

商品価格は現在の為替レートで変換して計算します。

代行業者を使う場合は代行業者のサイトで確認しましょう。

 

中国輸入代行業者手数料

輸入代行業者を利用する場合は業者に手数料を支払う必要があります。

5~10%程度が多いようです。

 

為替交換手数料

輸入代行業者には円で支払いますが、輸入代行業者は元で商品を購入します。

その際の円と元の交換手数料です。

一般的には1元につき0.5円~2円程度が為替レートにプラスされます。

代行業者によっては為替レートに含まれている場合と

含まれていない場合があるので確認しておきましょう。

 

関税

商品を輸入するときに掛かる税金です。

一般的には商品が自宅に届いた時点で支払います

代行業者によっては先払いのシステムをとっている場合もあります。

 

中国国内送料

商品購入先から代行業者の中国国内の倉庫への送料です。

 

国際送料

代行業者を利用する場合は、

中国国内の代行業者倉庫から日本国内の代行業者倉庫への送料です。

重さと大きさで分けられており、業者によって大きく変わります。

 

日本国内送料

日本国内の代行業者倉庫から、自宅までの送料です。

FBAを利用している場合はFBAの倉庫まで送付してくれる輸入代行業者もありますが、

その場合はFBAの倉庫までの送料です。

 

納品手数料

輸入代行業者を利用する場合、

検品をどの程度まで行ってくれるかは業者によって違います。

また、簡易検品はサービスで行ってくれる業者は多いですが、

詳細な検品の場合は別途手数料がかかるケースもあります。

中国輸入ビジネスでは、仕入れる商品の販売予定価格から

上記の経費を差し引いて、利益計算を行います。

実際には値下げも行うので余裕をもった利益計算を行いましょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるタオバオ仕入れのまとめ

以上が中国輸入ビジネスでお金を稼ぐためのタオバオからの仕入れについてです。

タオバオからの仕入れは中国輸入ビジネスでは大きな軸となりますので

ぜひマスターしてください。