中国輸入ビジネスでは

タオバオなどの中国のネットモールで仕入れた商品を

日本のAmazonなどのネットモールで販売します。


中国輸入ビジネスにおけるアリババでの商品仕入れ1

中国輸入ビジネスでは

基本的にはタオバオで商品を仕入れますが

アリババで商品を仕入れれば

タオバオよりも安くで商品を

仕入れられる可能性があります。

 

タオバオとアリババの違いについては

基本的にはタオバオが

個人相手のネットモールであるのに対して

アリババが企業相手

ネットモールであると言えます。

 

そのため、アリババで販売されている商品は

基本的には一定のレベルにある商品が多いです。

(とはいえ、不良品やコピー品には気を付けましょう)

 

アリババでの商品仕入れの場合、

タオバオでの商品の仕入れとの

一番の違いは、商品の仕入れに

1商品毎の最低仕入れ数(ロット数)

が設定されており、仕入れ数が多くなるほど

価格が安くなるということです。

 

アリババはタオバオよりも

難易度が高いといえますが

 

アリババでの仕入れの方が

安くで仕入れられる可能性が高いため

中国輸入ビジネスに慣れてきたら

アリババでの仕入れも検討しましょう。

 

商品のリサーチ

中国輸入ビジネスでは

基本的にタオバオでの商品の仕入れを

推奨していますが、

慣れてきたらアリババでも

商品のリサーチを行いましょう。

 

アリババでの商品リサーチの方法は

基本的にはタオバオと違いはありませんが

タオバオが単品の購入なのに対して

アリババは最少購入数(ロット数)が

設定されています。

 

ロット数は3個や5個の場合もあれば

100個単位の場合もあります。

 

そして、アリババのリサーチで表示される金額は

設定されている、一番大きいロット数で

注文した場合の金額が表示されます。

 

タオバオとアリババ両方で商品リサーチ

アリババでの商品リサーチができるようになったら

商品のリサーチをする際には

タオバオとアリババ両方で商品のリサーチを

行うようにすると良いでしょう。

 

アリババでは基本的には

最少ロット数の設定がされていますが

中には1個から購入できる商品もあります。

 

また、タオバオとアリババ両方で

商品リサーチをしているとタオバオにはなくて、

アリババでは取扱いのある商品などもあります。

 

タオバオとアリババ、両方で取扱いのある商品の場合

基本的にはアリババの方が価格が安いケースが多くなります。

また、アリババでは購入数を増やすと

もっと安い価格で購入することができます。

 

大量仕入れは慎重に進める必要がありますが

売れ行きの良い商品などの場合には

思い切って大量に仕入れてみても良いでしょう。

 

中国輸入ビジネスにおけるアリババでの商品仕入れ2

中国輸入ビジネスでは

タオバオやアリババで仕入れた商品を

Amazonなどで販売するビジネスです。

 

中国輸入ビジネスでは基本的にタオバオを利用して商品を仕入れます。

タオバオは非常に大きな規模の中国のネットモールです。

アリババも同じく、規模の大きい中国のネットモールです。

タオバオとアリババの違いはタオバオが基本的に

個人を相手にしたネットモールなのに対して

アリババは企業を相手にしたネットモールであるということです。

 

タオバオでは単品単位での販売なのに対してアリババでは基本的に10個や100個といった

単位ごとに商品を購入することになります。

 

アリババはこの最少ロット数の設定がある代わりに

基本的には購入数が多ければ多いほど安くなります。

タオバオ、アリババ両方で取扱いのある商品では

アリババのほうが価格が安いことが多いですし

タオバオになくてアリババにはある商品もあります。

中国輸入ビジネスではモノレートやオークファンなどで

商品リサーチを行いますがこの商品リサーチの際には

タオバオとアリババ両方で商品リサーチをしておくと万全です。

 

テスト仕入れをする

中国輸入ビジネスではモノレートやオークファンなどで

売れている商品を探しその商品と同じものを

タオバオやアリババで探します。

商品リサーチをして利益の出そうな商品が見つけて

タオバオにもアリババにも

同じ商品があった場合には

基本的には複数購入する

アリババの方が安くで商品を仕入れられます。

 

この時、アリババで商品を仕入れるのも良いですが、複数商品を仕入れる時には

慎重に利益計算をするのと共にできれば、最初はタオバオで数個

テスト仕入れをしてみましょう。

 

アリババでの仕入れは慎重に

中国輸入ビジネスでは売れている商品を複数販売することで利益を得ることになります。

この時、良く売れている商品を大量に仕入れるのには

アリババを利用したほうが安くで仕入れられます。

しかし、

勢いのある商品を販売する場合でも

利益計算は慎重に行わなければなりません。

先に記したように

アリババで商品を仕入れる際にはできれば最初にタオバオで商品を仕入れて

その後タオバオで継続して仕入れるのかアリババで大量に仕入れるのかを決めましょう。

 

在庫管理に気をつける

中国輸入ビジネスのような物販ビジネスは

不良在庫を持つことを極力避けなければいけません

数カ月在庫が残っていたらヤフオクでオークション販売するなど

ルールを決めておくと良いです。