中国輸入ビジネスにおけるAmazonマーケットプレイス出品1

中国輸入ビジネスではタオバオなどの中国のネットモールで商品を仕入れて

Amazonで商品を販売します。

中国輸入ビジネスでAmazonを利用して商品を出品する際には

・マーケットプレイス出品

・新規出品

の2つの方法がありますが

マーケットプレイス出品を利用すれば

・商品の写真撮影、商品ページの作成

をせずに出品することができます。

 

しかし、マーケットプレイス出品の際には

色や形、付属品など、微妙な差異がないように

気を付けて出品する必要があります。

 

Amazonマーケットプレイス出品は競争率が高い

中国輸入ビジネスでは

出品の際にAmazonのマーケットプレイス出品

という方法で出品をします。

 

Amazonのマーケットプレイス出品は

同じ商品であればだれでも手軽に出品できる

というメリットがありますが、

商品を出品する側としては

競争相手についても考えなければなりません。

 

中国輸入ビジネスでは

モノレートやオークファンのデータを基に

取り扱う商品を決めますが同じように商品リサーチを行った

中国輸入ビジネス実践者が

どんどん参入してくるリスクがあります。

 

Amazonマーケットプレイス出品と新規出品

Amazonマーケットプレイス出品は手軽に出品できるメリットがありますが

それは誰にとっても同じことです。

中国輸入ビジネス実践者が同じような商品リサーチを行って

販売する商品を決めればどんどん競合相手がでてきます。

通常、中国輸入ビジネスでは商品リサーチを行い、輸入する商品を決めた後

実際に商品が届くまで10日~14日程度はかかります。

およそ半月の間に、競争率があがってしまうことも考えられます。

 

Amazonにはマーケットプレイス出品以外に新規出品といって新規に出品する

商品ページを作成する方法があります。

新規出品であればマーケットプレイス出品と比べて

最初の内は独占して商品を販売することができます。

 

Amazonマーケットプレイス出品とJANコード

Amazonマーケットプレイス出品では

以前はJANコードというコードを記載した商品については

他者が出品することはできませんでした。

以前は同じ商品でもJANコードを取得することによって

競合相手との競争を避けることができました。

 

しかし、現在ではJANコードの記載があっても

同じ商品であれば、マーケットプレイス出品で

同じ商品ページへの出品が可能になっています。

中には、ルールの変更を知らずJANコードを取得した商品であることを

掲載している商品もありますが気にせず出品することができます。

 

中国輸入ビジネスでは

タオバオなど中国のネットモールで仕入れた商品を

日本のAmazonで販売します。

 

中国輸入ビジネスは他の輸入ビジネスと比べて

1つ1つの商品価格が安く大量の商品を販売する

薄利多売のビジネスを行います。

 

そのため1つ1つの商品の出品作業や梱包作業、発送作業が多くなり

多くの売上げをあげることが難しくなります。

 

そこで利用するのが

Amazonの各サービスです。

 

Amazonを利用すれば

・出品時に商品の写真をとったり商品ページをつくる

・在庫の保管

・1つ1つの商品の梱包作業

・1つ1つの商品の発送作業

といった手間を省くことができます。

 

中国輸入ビジネスはAmazonを利用することで

何倍も楽に稼ぐことができます。

 

今回は、この内

Amazonのマーケットプレイス出品について

ご紹介します。

 

中国輸入ビジネスにおけるAmazonマーケットプレイス出品2

中国輸入ビジネスでは

商品の出品にAmazonを利用しますが

Amazonには

・マーケットプレイス出品

・新規出品

の2つの出品方法があります。

 

この内、マーケットプレイス出品では

出品時に商品の写真をとったり

商品ページの作成の手間を省くことができます。

 

Amazonのマーケットプレイス出品は

Amazonですでに出品されている商品ページを利用して

出品、販売する方法です。

 

Amazonマーケットプレイス出品の際の注意事項

中国輸入ビジネスでは

Amazonのマーケットプレイス出品を利用しますが

気をつけなければいけないことがあります。

 

それは、出品する予定の商品と

すでにページがある商品の商品ページが

同じ色、形、付属品であるかどうかに

気を付けなければなりません。

 

同じ商品に見えても

色や形、付属品が微妙に違う商品があります。

これらを間違えて出品してしまった場合

クレームとなってしまいます。

 

また、このようなミスを繰り返してしまうと

Amazonからアカウント停止措置をとられる可能性もあります。

充分に気をつけて出品しましょう。

 

Amazonマーケットプレイス出品で、判断に迷う場合

しかし、判断に迷うこともあるでしょう。

例えば付属品がある商品の場合

付属品の内容の説明や画像がない場合があります。

このような場合はどうすれば良いでしょうか?

 

どのようは付属品がついているのか

判断に迷うような場合には

商品ページをつくった出品者に

問い合わせをして付属品の画像をもらうか

説明をしてもらいましょう。

 

また、Amazonのテクニカルサポートに

相談するのも手です。

この場合、付属品の明細が分からないが

分かる範囲の付属品をつけるので

出品しても問題ないかの確認をします。

 

中国輸入ビジネスにおけるAmazonマーケットプレイス出品3

中国輸入ビジネスではタオバオなどの中国の

ネットモールで商品を仕入れてAmazonで販売します。

中国輸入ビジネスで利用するAmazonでは、出品方法に

・マーケットプレイス出品

・新規出品

の2つの方法があります。

 

マーケットプレイス出品は

・商品の写真撮影や商品ページの作成

といった手間を省くことができますが

競争率が高くなる可能性が高くなります。

 

一方、新規出品では出品時に多少手間がかかりますが

新規出品後、しばらくは独占して商品を販売することができます。

 

中国輸入ビジネスでは、最初はすでに売れている商品を出品する

マーケットプレイス出品の利用を推奨しています。

今回はマーケットプレイス出品の手順についてご紹介します。

 

Amazonマーケットプレイス出品の手順

中国輸入ビジネスで利用するAmazonではマーケットプレイス出品

という方法をとることで商品の写真撮影や商品ページの作成の

手間を省くことができます。

 

マーケットプレイス出品には

・商品ページから出品する

・セラーセントラルから出品する

という2つの方法があります。

どちらの方法を選んでも違いはありません。

やりやすい方法で出品を行います。

 

商品ページから出品する中国輸入ビジネスで利用する

Amazonのマーケットプレイス出品では

・商品ページから出品する

・セラーセントラルから出品する

の2つの方法があります。

 

今回は商品ページから出品する方法をご紹介します。

商品ページから出品する手順

・出品したい商品の、商品ページ右下にある

 「マーケットプレイス出品する」をクリックする

・「コンディション」では新品か中古品かを選択します。

 中国輸入ビジネスでは「新品」を選択します。

・「在庫数」販売する在庫数を入力します。

 手元に商品がある場合は販売する商品数を。

 まだ手元に商品がない場合は「0」を入力します。

・「商品の販売価格」「最低価格に一致」を選択すると

 商品の最低価格が入力されます。

・「商品管理番号」商品を管理する場合は

 商品管理番号を入力できます。

 商品管理番号は入力しなくても出品可能です。

・「提供する配送オプション」商品の発送形態の選択を行います。

 FBA利用か自己発送かを選択できます。

 

以上の内容を確認して

・「今すぐ出品」

・「出品を確定し、納品手続を開始する」(FBA利用の場合)

を選択すると、出品完了です。

 

「今すぐ出品する」場合は即出品となり「出品を確定し、納品手続を開始する」場合は

納品の設定をするページに移行します。

 

中国輸入ビジネスにおけるAmazonマーケットプレイス出品4

中国輸入ビジネスではタオバオやアリババなどの

中国のネットモールで商品を仕入れて日本のAmazonで商品を販売して

その差額が利益となるビジネスです。

 

中国輸入ビジネスではAmazonで商品を出品しますが

Amazonでの商品の出品には

・マーケットプレイス出品

・新規出品

の2つの出品方法を選択できます。

 

中国輸入ビジネスをこれから始める方には

・マーケットプレイス出品

での出品をおすすめしています。

 

マーケットプレイス出品での出品には

・商品ページから出品

・セラーセントラルから出品

の2つの方法があります。

今回はセラーセントラルから出品の手順をご紹介します。

 

セラーセントラルから出品の手順

中国輸入ビジネスで利用するAmazonマーケットプレイス出品では

出品の手順に

・商品ページから出品

・セラーセントラルから出品

の2つの方法がありますが

どちらの方法で出品をしても大丈夫です。

 

今回はセラーセントラルから出品の手順を紹介します。

・セラーセントラルにログイン

・「在庫」タブから「商品登録」をクリックする

・商品登録ページの

検索ボックスに、出品する商品のASINコードを入力する

 ASINコードはAmazonにおける商品のコードです。

 商品名での検索もできますが、たくさんの商品がヒットする

 場合があるので、ASINコードで検索を行ったほうが良いです。

・「コンディション」出品する商品が新品か中古品かを選択します。

 中国輸入ビジネスの場合新品を扱うので新品を選択します。

・「販売価格」「最低価格に一致」を選択すると、

最低価格が入力されます。

・「出荷方法」商品の発送方法を選択します。

 FBAか自己発送かの選択をします。

・「在庫」出荷方法で自己発送を選択した場合のみ選択します。

 納品する商品数を入力します。

手元に商品がない場合は0を入力します。

 

以上の入力を済ませて「次へ」をクリックすれば出品作業は完了です。

以上のように、Amazonマーケットプレイス出品では

「商品ページから出品」「セラーセントラルから出品」両方とも非常に簡単に出品ができます。

商品ページの作成や商品写真の撮影などを行う必要のある

ヤフオクなどと比べると大きなメリットと言えるでしょう。

 

販売価格は最低価格にする

「商品ページから出品」「セラーセントラルから出品」

の両方とも販売価格の設定では最低価格に一致を選択します。

商品を出品後は商品が売れなければいけません。

販売価格を最低価格にすることで

その商品のカートを取得できる可能性が高まります

 

中国輸入ビジネスにおけるAmazonマーケットプレイス出品5

中国輸入ビジネスはタオバオなどの中国のネットモールで商品を仕入れて

日本で販売するビジネスです。

日本で販売する際にAmazonを利用して出品すると非常に楽に商品を販売することができます。

薄利多売型の中国輸入ビジネスとAmazonの商品販売システムは非常に相性が良いのです。

Amazonの出品方法には

・マーケットプレイス出品

・新規出品

の2つの出品方法がありますが

中国輸入ビジネスをこれから始める方はマーケットプレイス出品から始めます。

今回はマーケットプレイス出品における販売価格の設定についてお伝えします。

 

Amazonマーケットプレイス出品でカートを取得する

中国輸入ビジネスではAmazonを利用して商品の販売を行います。

Amazonでの出品方法の内マーケットプレイス出品を選択した場合は

・手軽に商品を出品できる

・すでに売れている商品を扱う

といったメリットがある代わりに

・競争率が高くなりやすい

というデメリットがあります。

 

Amazonで商品を出品する場合はいかなる場合でも

「商品のカートを取得する」

ことが大切になります。

 

「商品のカートを取得する」とは購入者が購入したい商品を

閲覧するときに最初に表示される出品者になるということです。

「商品のカートを取得する」方法にはいくつかの方法がありますが

商品の出品時に選択する商品の販売価格が一つの条件になります。

 

もう一つにFBA利用者はFBA利用者でない出品者と比べて

商品のカートを取得しやすくなりますが中国輸入ビジネス実践者は基本的には

FBAを利用していますマーケットプレイス出品では中国輸入ビジネス実践者のライバルがいる

可能性が高いため販売価格を最低価格にする必要があるのです。

 

Amazonマーケットプレイス出品の販売価格

中国輸入ビジネスでマーケットプレイス出品を利用して

商品を出品する場合には販売価格は基本的には最低価格での出品をします。

中国輸入ビジネスでマーケットプレイス出品をする場合

商品リサーチの段階で「すでに売れている商品をリサーチする」という方法をとるので

基本的には中国輸入ビジネス実践者のライバルがいると考えましょう。

 

一方でマーケットプレイス出品をする場合でも

他に中国輸入ビジネス実践者のライバルがいない場合には

販売価格を少しあげても大丈夫です。

中国輸入ビジネス実践者は基本的にFBAを利用しますが

FBAを利用した出品者と利用していない出品者では

FBAを利用した出品者が優先されることが多いからです。

どちらにしても「商品のカートを獲得する」

販売価格の設定を行うことが大切です。

 

中国輸入ビジネスにおけるAmazonマーケットプレイス出品6

中国輸入ビジネスではタオバオやアリババなどの

中国のネットモールで仕入れた商品を日本のAmazonで販売します。

 

中国輸入ビジネスでAmazonを利用して出品する場合

すでに商品ページのある商品を出品する

・マーケットプレイス出品

と、新規に商品ページを作成して出品する

・新規出品

があります。

 

今回はマーケットプレイス出品において出品できない商品についてお伝えします。

マーケットプレイス出品のカテゴリー

中国輸入ビジネスにおいてAmazonを利用して

商品を出品する場合

・マーケットプレイス出品

・新規出品

の2つの方法があります。

 

この内、マーケットプレイス出品ではすでに商品ページがある商品でも

出品できない商品があります。

商品の出品の際に出品する商品はいくつかのカテゴリーに

分けられているのですが特定のカテゴリーにおいては

出品許可申請をしなければ出品ができません

 

マーケットプレイス出品で出品できないカテゴリー

中国輸入ビジネスにおいてAmazonを利用した出品のうち

マーケットプレイス出品では出品できないカテゴリーがあります。

・食品&飲料

 食品&飲料に関しては、

個人輸入者は取り扱うことはできません。

このカテゴリーの商品は出品できないと覚えておきましょう。

 

・コスメ

 コスメに関しても 食品&飲料と同じく出品することができません。

 コスメはAmazonで並行輸入品(この場合中国からの輸入のため)

 の取り扱いが禁止されています。

 

上記以外にも

・ヘルス&ビューティー

・時計

・服&ファッション小物

・ジュエリー

・シューズ&バッグ

・ペット用品

の分野で出品許可申請が必要になります。

 

出品許可申請を済ませておく

中国輸入ビジネスで利用するAmazonのマーケットプレイス出品では

出品許可申請をしないと出品できないカテゴリーがあります。

食品&飲料とコスメに関しては基本的には中国輸入ビジネスでは取扱いをしません。

それ以外の6カテゴリーにおいては出品許可申請を行うことで

出品が可能になるので事前に出品許可申請をしておきましょう。

出品許可申請は出品する予定がなくても申請は可能です。

しばらく取り扱う予定がないという場合でも

先にまとめて許可をとっておけばいざそれらのカテゴリーの商品を

取り扱う際に余計な時間がかからずにすみます。

最初に済ませておきましょう。

 

出品許可申請ができるのは大口出品者だけ

Amazonにおける出品では大口出品と小口出品を選択することができますが

出品できないカテゴリーに出品許可申請を出せるのは大口出品者だけです。

 

以上が中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法として重要な

Amazonマーケットプレイスでの出品方法についてです。

中国輸入ビジネスでお金を稼ぐためにはAmazonマーケットプレイスでの出品方法を

マスターすることはとても重要です。