中国輸入ビジネスでは

タオバオやアリババなどの

中国のネットモールで仕入れた商品を

日本のAmazonなどのネットモールで販売します。

 

Amazonを訪れた人が商品を購入する場合

・購入者が商品を選択。

・その商品を出品している商品の一覧が表示される。

・購入者はどの出品者から購入するか決めることができる。

という手順で進みます。

 

あなたは購入者から

・商品を選んでもらう

・出品者を選んでもらう

の2つの選択をクリアしてはじめて売上につながるのです。

 

商品を選んでもらう

中国輸入ビジネスでは

商品の販売にAmazonを利用します。

Amazonの集客力とブランド力は非常に高く

良い商品を出品すれば商品は売れます。

 

中国輸入ビジネスにおいては

商品を選んでもらうために必要なことは

商品リサーチ力を高めることです。

 

これにはすでにいくつかの方法をご紹介しました。

モノレートやヤフオク(オークファン)を利用したり

他の中国輸入ビジネス実践者の出品履歴を見たりして

売れそうな商品をリサーチしましょう。

 

出品者を選んでもらう

折角売れる商品を見つけて出品し商品を購入してくれるお客様がいても

出品者として選んでもらわなければ商品を売ることができません。

 

中国輸入ビジネスではAmazonへの出品の際に

FBAを利用することを推奨しています。

このFBAを利用すると商品の発送、梱包をAmazonが行ってくれたり

またクレーム対応もAmazonが行ってくれるなど

さまざまなメリットがありますが、

 

さらに、大きなメリットといえることが

FBAを利用するとFBAを利用していない出品者と比べて

商品のカートを取得しやすくなることです。

 

とはいえ、中国輸入ビジネス実践者同士で

同じ商品を出品することはよくあるです。

FBAを利用すれば有利になるとは言えません。

 

商品リサーチの際に

・出品者が少ないが売れている商品を探す

・中国輸入ビジネス実践者(FBA利用者)の少ない商品を探す

という視点を持って取り組むことが大切です。

 

他にも、購入者から選んでもらうために

工夫できることがあります。

 

お店の名前を決めて、ロゴを作成する

Amazonでの出品では小口出品と大口出品がありますが

このうち大口出品を選択すると会社のロゴを登録することが可能です。

 

ロゴを作成すると

・信頼感が増す

・自分のお店を持っているという意識になる

といったメリットがあります。

 

ロゴは120×30ピクセルの

画像ファイルを用意する必要があります。

 

ロゴの登録は

大口出品を選択していれば無料でできることなので

是非実践してみてください。