中国輸入ビジネスでお金を稼ぐ方法 ヤフオクを利用する1


中国輸入ビジネスではタオバオやアリババなど、中国のネットモールで仕入れた商品をAmazonやヤフオクなどの日本のネットモールで販売します。
中国輸入ビジネスは安価な商品を仕入れて日本で複数販売することが多いため、商品の発送や梱包、商品ページの作成の手間などの面でAmazonのシステムと相性が良いビジネスです。

 
しかし商品のリサーチの段階からAmazonで良く売れている商品をリサーチして、仕入れますが中にはどうしても売れない商品もあります。
そういった商品を販売するために次に考えるのがヤフオクを利用した商品の販売です。


Amazon輸入ビジネスで活用するヤフオクとは


中国輸入ビジネスでは基本的にAmazonで商品を販売しますが、中には売れ残ってしまう商品もあります。 売れ残ってしまった商品の次の販売チャネルとして考えられるのがヤフオクです。

ヤフオクは日本最大のインターネットオークションサイトで、初値と期間を設定して商品をオークション形式で販売します。 

ヤフオクで新品を出品する場合定価の2~3割引で商品を販売している出品者が多く、そうした出品は売れることも売れないこともありますが、1円スタートにしてしまえば間違いなく商品を処分することができます。

1円で売れてしまえば赤字になってしまうところですがヤフオクでは送料を自分で設定することができます。最低でも赤字にならない金額に設定して販売してしまうことが可能です。


中国輸入ビジネスではAmazonとヤフオク両方で商品を販売する


中国輸入ビジネスでは商品を大量に扱うことから基本的にAmazonでの商品の販売をオススメしていますが、特に取扱いの少ない最初の内はヤフオクでの販売から始めても良いでしょう。 
そうして、ヤフオクで取扱いを始めた商品が順調に売れ始めたら取扱い量を増やしてAmazonで販売するという方法をとるのも悪くありません。 

Amazonで大口出品に登録してしまったりオークファンで有料会員登録をしてしまうと月額固定の料金が発生します。 

中国輸入ビジネスを始めてみたいけど本業が忙しく、どのくらい時間をとれるか心配、という場合にはヤフオクの利用を検討してみましょう。


取扱いが多い商品はAmazonで販売をする


中国輸入ビジネスでAmazonを利用する理由は、商品ページを作成したり商品を梱包、発送する手間を省けるからです。ヤフオクだとこれらのことを一つ一つ行わなければなりません。

中国輸入ビジネスではやはり大量の商品を扱うことが基本ですから、慣れてきた中国輸入ビジネス実践者はAmazonで商品を販売し、売れ残りをヤフオクで販売するという形をとるようにするのが良いでしょう。


中国輸入ビジネスにおけるヤフオクでの出品方法


中国輸入ビジネスでは基本的にAmazonで商品を販売します。
商品のリサーチ段階で売れそうな商品をリサーチして仕入れますがどうしても売れ残ってしまう商品が出てきます。 

旬を逃した商品などいつかは売れることを期待して待ち続けるということは得策ではりません。
中国輸入ビジネスではこうした売れ残った商品の在庫処理のためにヤフオクを利用します。


中国輸入ビジネスでは基本的にAmazonで商品を販売しますが、売れ残ってしまった商品はヤフオクで在庫処理をします。

ヤフオクでの商品販売の流れは以下のとおりです。

・ヤフオクのページ右上の「出品する」を選択する

・出品するカテゴリを選択する
 大カテゴリとサブカテゴリの選択ができます。

・商品の情報を入力します
 商品のタイトルや説明、開始価格、期間、送料負担、決済方法などを入力します。

・商品の写真を撮影して掲載します。最大3枚まで掲載可能。

・出品オプションの設定をします。
 早期終了や自動延長、自動再出品などの無料オプションや注目のオークション、太字テキストなどの有料オプションがあります。

・商品の配送方法の設定をして、商品を出品します。

・出品中は、閲覧者数やウォッチリスト数の確認ができます。

・オークションが終了して、無事商品が落札されたら支払方法や発送方法を決めます。

・代金の受け取りを商品の発送が済んだら、落札者を評価します。

・商品の落札者がいない場合には商品を再出品することができます。


Yahoo!かんたん決済


ヤフオクでは支払方法をYahoo!かんたん決済にすると、落札者に口座番号を知らせることなく取引することができます。また、出品中の質問者とのやり取りや落札者との落札後のやり取りもヤフオクサイト内でやり取りできるためお互いにメールアドレスを伝える必要はありません。


ヤフオクの販売形式には3タイプある


ヤフオクの商品の販売形式には3つのタイプがあります。

1、オークション形式
 入札者の中で一番高い価格で入札した人が商品を購入できます。

2、定額で出品
 商品の価格を定額で設定し、その金額での販売をします。

3、定額で出品(値下げ交渉あり)
 定額で商品を出品し、希望があれば値下げに応じる出品方法です。


中国輸入ビジネスでヤフオクを利用する場合は在庫処理で利用するため、販売形式はオークション形式で、開始価格を少なくして出品すると良いでしょう。

 

中国輸入ビジネスではFBAマルチチャネルサービスを活用


中国輸入ビジネスでは基本的にAmazonで商品を販売しますが、どうしても売れ残ってしまう商品などが出てきます。こうした商品の在庫処理のためにヤフオクを利用します。

中国輸入ビジネスではAmazonを利用して商品を販売する場合、FBAというサービスを利用しますがFBAを利用した場合、Amazonの倉庫からAmazon以外で売れた場合でもAmazonが商品を梱包、発送してくれるFBAマルチチャネルサービスというサービスがあります。


中国輸入ビジネスにおけるFBAマルチチャネルサービスの利用方法


Amazonで出品していた商品が売れない場合に在庫処理としてヤフオクを利用する場合はFBAマルチチャネルサービスというサービスを利用するとAmazonの倉庫から梱包と出品をしてくれます。


FBAマルチチャネルサービスの利用方法

・ヤフオクで商品が落札されたら、Amazonのセラーセントラルから「在庫」→「在庫管理」へ進み、在庫一覧画面にアクセス。

・在庫一覧画面から「変更」→「マルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」

・落札者の送付先住所などの情報を入力。
 この時、メールアドレスを入力する必要がありますが ヤフオクでは相手のメールアドレスを知ることができないため、自分のメールアドレスを入力します。

 Amazonから自分のメールアドレスに届いた内容を そのままヤフオクの取引ナビに入力します。

・入力内容の確認をして、問題がなければ「内容の確定」をクリックする


出荷の保留期間


FBAマルチチャネルサービスでは出荷を最大2週間保留することができます。

ヤフオクでは商品が落札されてからお客様の入金があるまで期間が空いてしまうことがよくあります。

お客様の入金があってから商品の発送をするとその間にAmazonで商品が売れてしまうという事態も起こりえます。

ヤフオクで商品が落札されたことを確認したら早い内にAmazonで出荷手続きを済ませておき、商品を保留状態にしておくと良いでしょう。


【中国輸入ビジネスのまとめ】
中国輸入ビジネスのことをもっと詳しく知りたければ、こちらのまとめページを参考にしてください。
設定方法から商品リサーチに使うサイト、出品方法まで解説しています。

中国輸入ビジネスのノウハウまとめ(前編)基本設定から商品リサーチ、他ビジネスとの違いを解説!
中国輸入ビジネスのコツまとめ(後編)リサーチと仕入れのコツ、利益を出す出品方法を解説!



Twitterでも情報を配信中!