今では世界的なウェブサイトとして

誰もが使うようになったYoutube。

企業・個人を問わず10億人以上のユーザーが

毎日のように動画を視聴し、

一日数十億回再生され、

一分間に300時間分の動画がアップロードされ続けています。

 

使い方も人それぞれ。

旅の思い出を録画した映像を共有したくて動画を投稿する人も

いれば、商品の紹介やセミナーのために動画を投稿する人もいます。

 

それだけではなく、

近年では「Youtuber」と呼ばれるYoutubeの広告収入

収益を得ている人々まで現れ始め、

Youtubeは単なる動画投稿サイトではなくなりつつあります。

 

これは一体どうなっているのでしょう?

ただ動画を投稿していくだけで

どうやってお金を稼いでいるのでしょうか?

 

実はYoutubeには広告が表示されるようになっていて、

広告を表示する対価として、

1再生当たりいくらかの広告収入を得られるようになっています。

 

動画は当然一本だけはなく、何十本、何百本と投稿していくので、

一本あたり数万回再生されれば、全体で数百万回の再生に達します。

そうすると、全体での収益は数十万近くになりますので、

かなりの収益といえます。。

 

また、それ以外にもセミナーや商品の紹介に

動画を使うと言うのは効果的で、

自社サイトやノウハウ講座系サイトのコンテンツとして

動画を提供すると言うやり方もありますね。

 

当然、動画の目的によって撮影の仕方やチャンネルの作り方、

投稿の仕方や活用の仕方まで、

それぞれが全く異なったものになります。

 

Youtubeをビジネスに活用しているユーザーは、

各々自身の目的にあったYoutubeの活用方法を学び、実践し、

Youtubeをビジネスのツールの一つとして使っているのです。

 

こうしてYoutubeがビジネスや社会に広がり始めると、

人は当然「自分でもやってみたい」と思います。

 

ところが、

ブログや写真と違ってYoutubeは「動画」投稿サイトです。

Youtubeで人気の動画を見てみるとどれも上手く取れていて、

自分が携帯で撮影した映像と比べると雲泥の差。

 

自分には無理だな」なんて、すぐに諦めてしまうことでしょう。

 

でも、やってみない内から諦めるには早すぎませんか?

 

確かに動画を上手く撮るのは難しいですし、

上手く撮れたとしても

それを上手く活用するのだって簡単ではありません。

 

これから始めるYoutube講座」では、

今まで動画なんて撮ったことがない、

Youtubeなんて投稿したことがない、

ビジネスの場で活用する方法が分からない、

 

そんなYoutubeが初めての人にも分かりやすいように、

機材の選び方から、動画の作り方、Youtubeの使い方まで、

詳しく説明していきます。