Youtuberってご存知ですか?

聞いたことある人、聞いたことのない人、様々だと思います。

言葉としては比較的新しいもので、ここ数年で誕生した言葉です。

 

Youtubeで生計を立てるクリエイターを指して

Youtuberと呼ぶのですが、

Youtubeが広告収入を個人の報酬として支払うようになったのは、

2011年からのことで、

実際にYoutuberが有名になり始めたのは

2013年や2014年頃となります。

 

一体彼らはどれくらいの収入を得ているのでしょうか?

 

トップラクスのYoutuberともなれば、

実に年収1億円を超えてきます。

他にも年収数千万から一千万程度のYoutuberがゴロゴロいて、

普通のサラリーマンレベルであれば、もっと数が増えるでしょう。

こう言った人たちは既にヒットした動画を沢山持っているので、

そうでない人が誰でもすぐにこのレベルに行けるというわけでは

ありません。

 

ちなみにYoutubeの広告収入は、あくまで目安としてですが、

再生1回あたり0.1円から0.05円程度と言われています。

これは広告提供側がいくら払って広告を載せてもらっているかに

依存するので一概には言えませんし、変動しやすい数字です。

 

とは言え、だいたい5万回の再生で2500円から5000円には

なるということ。

ヒット動画などは数十万回規模のアクセスを集めるので、

それだけで数万円の収入になりますね。

 

加えて、

一旦ヒットを出すと他の動画も見てもらえるようになるので、

相乗効果でどんどん動画の再生数が増えていきます。

当然、口コミで面白い動画が広がりやすくなり、

ヒットが出る可能性も高くなるので、

二次曲線的にぐぐっと収益が増える形になります。

 

何がヒットするかは誰にもわからないので、

彼らは殆ど毎日動画を投稿し、

次々と動画の再生数を伸ばしていきます。

 

そんな先人たちに習い、

既に沢山の人がYoutuberを目指して動画投稿を行っていますが、

実際にまとまった収入を得られるようになった人たちは極僅か。

 

というのも、

動画投稿自体はスマホで撮ってアップロードするだけなので、

かなり簡単に出来てしまう一方で、

動画の作り方自体はちょっとしたコツが要ります

ユーザーが見たくなるような質の良い動画を、

誰にでも作れるというわけではありません。

 

なにせ、Youtubeにある動画は数万どころではないのです。

その中から自分の動画を選んでもらうと言うのは、

ただダラダラと動画を投稿するだけでは

アクセスを集めることは出来ません。

 

商品紹介の動画やセミナー動画、

旅先で偶然見つけた面白い動画とは違って、

Youtuberはコンスタントに良質なコンテンツを

提供していかなければならないので、

適当に動画を投稿しているだけでは上手く行きません。

 

このYoutube講座を読んで、

みなさんもYoutuberになるための動画投稿を

初めてみてはいかがですか?