よし。Youtubeに動画をアップロードしよう。

と決意するのは良いのですが、闇雲に投稿するのはよくありません

 

まずは何故動画を投稿するのか、

何が目的なのかをはっきりさせるのが先決です。

会社や製品の宣伝材料に使うのか、

製品の使い方説明や教育材料に使うのか、

それとも、Youtuberとして広告収入を得るために

多くの人に見られる動画を作るのか、

それらの目的によってこれから必要なものが

全く違ったものになってきます。

さらに、目的を決めた後は、

アピローチの仕方を考えなければいけません。

 

例えば、ブランドや製品イメージを向上させたいのであれば、

 

会社の顔となるような品質の良い動画が必要になります。

それは何年間もホームページに乗るかもしれませんし、

会社の説明会で流すかもしれません。

どんなイメージを視聴者に持って貰いたいのかを、

きちんと考えた上で要所要所にプロを起用し、

機材やリソースを惜しみなく使っていきましょう。

それは、会社のこれからを左右する一大プロジェクトです。

 

これが単なる商品の説明であったり、

使い方のマニュアルであれば話は別です。

なぜなら、その動画は商品を補足するものでしかありません。

ユーザビリティを向上させ、使いやすくするのが目的です。

その動画だけで完結するタイプのものではないので、

あくまで何が行われているのか分かりやすく作りましょう。

 

それこそ、退屈でありきたりな動画になるかもしれませんが、

楽しませることが目的ではありません。

何かを理解してもらうことが目的なのです。

 

 

また、Youtuberとして稼ぎたいのであれば、

 

自分にはどんな動画が作れるのか、何が得意なのか、

どんな人間なのか、

そして、その動画をどんな視聴者に訴求していくのかを、

しっかりと考えましょう。

 

あなたはよく面白いと言われる人ですか? 

それとも、物知りと言われる人ですか?

 

面白い人なら、視聴者が思わず笑ってしまうような動画を作れます。

物知りな人なら、

読者があっ驚くような発見を与えられる動画になるかもしれません。

 

沢山の人に見てもらえるような動画を作るのに必要なことは、

尖った個性です。

 

個性が必要だからと言って、

投稿者が個性的である必要はありません。

 

動画が個性的であれば良いのです。

バラエティ番組に出ている様な芸人さんも、

実は日常生活では退屈な普通の人だったりします。

 

これから作りたいと思っている動画と、

似たような動画はありませんか?

似たような動画が見つかったら、

あなたが作りたい動画はそれと何が違ってくるのでしょう?

 

動画を作り始める前に、どうして作るのか、

その動画で何がしたいのかをきちんと考えることから

初めてみたらいかがでしょうか?