さて、どんな動画が撮りたいかが決まったら、

遂に撮影する準備をしましょう。

 

要はカメラ選びの話です。

 

既に何を使って映像撮影するか決まっている場合は良いのですが、

全く決まっていない場合は、

これからご説明する内容が役に立ちます

また、何を使って撮影するか決まっている場合でも、

本当にそれで良いのか確認する手助けになるかもしれません。

 

どうやって映像を撮影するか考える時に重要なのは、

どうやって」「なにを」「どこで」撮影するかです。

 

「どうやって」「なにを」に関しては無数にあるので、

それだけで一概に機材の選び方を分類する事はできませんが、

場所に関しては基本的には「屋内撮影」か「屋外撮影

ということになるでしょう。

 

今回は屋内撮影の時に便利な撮影機器にフォーカスしてみます。

 

まずは、「ビデオカメラ(ハンディカム)

いわゆるハンディカムというやつですね。

比較的大型で撮影方式も様々選べる、映像撮影の決定版です。

音声と映像を単体で収録的できて、素人でも使えます。

YouTubeで映像を撮影するといえば、これを選ぶ人も多いでしょう。

汎用性が高く、容量も多いので、様々な用途で使えます。

 

メーカーとしてはソニーの独壇場と言った感じで、

ハンディカムで撮影するYoutuberの多くがソニーを選んでいます。

ハンディカムと言うように手に持って撮影する事もできますが、

実際には三脚など使って固定して撮影する事がほとんどです。

 

次に、「デジタルカメラ(一眼レフ)

デジタルカメラといえば写真を撮るというイメージかもしれません。

しかし、最近のほとんどのデジタルカメラは映像も撮影できます。

そのため、YouTubeに投稿するための映像を撮影するカメラに

デジタルカメラを選択するケースが増えています。

 

デジタルカメラの利点は、

なんといっても拡張性の高いレンズと解像度です。

ピントを外してわざとぼかしたり、望遠撮影したり、

これ一つで業務用カメラ並みの映像が撮れてしまいます。

ただ、高い技術が必要なので自身のある方向けですね。

 

少しイレギュラーですが、「ウェブカメラ」という選択肢もあります。

非常に安価で手に入る上に、PCに直接取り込む事もできるので

編集も簡単で初心者に好まれています。

ただ、固定撮影ぐらいにしか使えない上に解像度も低いです。

 

自宅でいつも同じ形式で撮影してYouTubeにアップロードする

ような使い方であれば、ウェブカメラでも良いかもしれません。

 

このように沢山の機材がある中から、

自分の目的に合った機材を選ぶようにしていきましょう。