屋内の後は、屋外で撮影する場合の映像機器についてご説明します。

 

「ハンディカムや一眼レフでいいんじゃないの?」

と思うかもしれません。

 

確かにそれらの機器でも十分屋外での撮影は可能です。

どちらも軽量で高画質なので、

屋外でも屋内でも良い映像が撮影できるでしょう。

 

ただ、この二つは大きな欠点があります。

それは「重くて扱い難い」ということ。

 

特に動きまわったりせず、三脚を使って一点で撮影するのであれば、

全く問題は無いのですが、

移動しながら撮影するのは非常に困難です。

 

例えば、秘境や廃墟の探検、

ツーリングの映像などを撮影する場合には、

ハンディカムだと決定的な映像を撮影出来ない事があります。

 

あとで編集するとはいえ、立ち止まって構図を決めて撮影する、

というプロセスが必ずしもとれるとは限りません。

基本的にハンディカムや一眼レフでの撮影は、

時間を掛けて撮影できるのが前提です。

 

そのため、常に移動しながら撮影する場合や、

いつ撮影したい対象が映るか分からない場合には、

ウェアラブルカメラが推奨されています。

 

GoProなどが有名ですが、パナソニックなども高性能な

ウェアラブルカメラを販売しています。

 

ウェアラブルカメラと言うのは、体や自転車、

バイクなどに直接取り付けて撮影するカメラです。

基本的には撮影しっぱなしが前提ですので、

容量やバッテリーは長持ちします。

 

映像を見ながら撮影する想定はされていませんので、

ズームなどの調節機能は最低限です。

 

ウェアラブルカメラの強みは、移動しながら撮影できることにありますが、使い方によってはそれ以上の強みが出ます。

 

その一つが、

頭に取り付けて撮影者の視線をそのまま追う撮影方法です。

 

普通のカメラでも撮影者の視線と同じものを追っているのですが、

ウェアラブルカメラでは、完璧に撮影者の向いている方を向きます。

こうすることで、非常に臨場感のある撮影が可能になります。

視聴者は本当に自分が撮影者になった気分で

動画を見ることができるようになるでしょう。

 

ただ、ハンディカムの特徴として手ブレがあったり、

被写体がどう写っているのか確認出来ない欠点があるので、

映像自体はあまり見やすいものにはなりません。

 

どちらかという特殊用途の撮影になりますので、

あまり一般的に使われるものではありませんが、

ハンディカムやデジタルカメラでは撮影できない映像を撮れる事が

強みですので、決定的な映像を撮影できれば、

圧倒的な再生数を出すこともあります。

 

趣味でドライブするとか、海外旅行などに行くことの多い方は、

ウェアラブルカメラというのも

撮影機器の選択肢として考えられるかも知れませんね。