YouTubeと言うのは動画をアップロードするためのものなので、

意外に見落とされがちなのが音響機器(マイク)です。

 

ハンディカムならマイク機能も付いているのですが、

マイクには最低限の音響機器としての性能しか備わっていません。

どういうことかというと、カメラ付属のマイクでは音が悪いのです。

 

ハンディカムや最近の一眼レフであれば、

音響機器接続用のプラグがついているので、

それに繋いで高性能なマイクの音を直接カメラの記録媒体に

収録してしまうことが出来ます。

 

というのも、

基本的に動画において「映像」と「」は全く別のものなので、

本格的な撮影では、映像と音を別々に収録し、

編集時につなぎ合わせるというような方法が取られます。

 

YouTubeに投稿する動画で

映像と音を完璧に分けて収録する必要はありませんが、

カメラに別途高性能なマイクを繋ぐぐらいはしてもよいでしょう。

 

この時に重要になるのが、マイクの指向性です。

指向性とは、マイクが拾える音の偏りのことです。

 

マイクには、その特定の方向に特化して音を拾うものや

周辺全体からバランスよく音を拾うものがあります。

 

カメラの前にいる人やモノから出る音を拾うだけなら、

指向性のあるマイクの方が適しています。

 

前方から出ている音しか拾わないということは、

背後や左右の音を拾いにくいということで、

カメラに映った人が淡々と喋るような動画には最適です。

 

指向性あるマイクを上手く使えれば、

撮影者の声がかなりクリアに聞こえるようになります。

視聴者に声が聞き取りやすい動画を作りたければ、

指向性のあるマイクを使いこなせるようにしておきましょう。

 

映画の撮影などで、大きな棒の先にマイクを付けていたりますが、

ああいったマイクはかなり指向性が強く、

雑音が入らないようになっています。

 

一方、どこから必要な音が来るかわからない場合や

マイクを常に人のいる方向に向けておけない場合には

無指向性のものがよいでしょう。

 

指向性のあるマイクをカメラに取り付けて

常に前方に向けられるようなものなら良いのですが、

そうでない場合には、

カメラとマイクを別々に動かさなければなりません。

 

そんなことをするぐらいなら無指向性のマイクを使いましょう。

また、外であちこちから音が聞こえてくるような場合にも有効です。

 

指向性の高いマイクは、

下手をすると必要な音が聞こえにくくなってしまうこともあるので、

初心者は素直に無指向性のマイクを使いましょう。

 

マイクまで使い分けなければいけないと思うと

大変に思うかもしれませんが、

基本的には自分の撮影スタイル合ったものを買えばよいで、

あまり難しく考え過ぎないようにしましょう。