カメラやマイクを準備して

「さあ早く取ってYouTubeにアップしよう」と思っても、

実際に撮ってみた映像がガタガタで誰にも見てもらえなかった、

なんてことがあります。

 

これは、カメラが安定した状態で撮影できていないからです。

Youtuberがやっている良くある自撮り撮影の場合、

三脚かテーブルに固定して撮影していますが、

テーブルの場合には角度が自由に変えられないので

毎回同じアングルで飽きられてしまいます

 

YouTubeの動画には新鮮さが求められるので、

カメラアングルには多様性が合ったほうが面白い動画が作れます。セミナー動画であれば製品紹介であれ、

似たような角度からばかり撮られたYouTube動画は

面白くありません。

そのため、YouTubeの動画撮影には三脚は必須アイテムです。

 

三脚にもいろいろあり、ただ固定するだけのもの。

パン・チルト(左右上下の角度)を変更できるもの、

高さを変えられるもの、折りたたんで収納できるものなど

いろいろあります。

 

用途に合わせて選べば良いのですが、

気をつけなければいけないのが固定具合です。

安価な三脚の場合、

せっかく固定してもカメラがガタガタと揺れてしまい、

ずっと固定している自撮りのYoutuberならなら良いのですが、

第三者に撮影してもらってカメラ動かしながら撮影しようとすると

振動が激しく、かなり見難い映像になってしまうのです。

ずっと固定している場合はともかく、

本格的に動的な映像をYouTubeに上げようと思うのなら、

多少高くてもしっかりとしたYouTubeを買うべきですね。

 

もう一つ、カメラを固定できる良いアイテムがあります。

それが「カメラスタビライザー」と呼ばれる安定装置です。

これは、人が手に持って撮影する場合に使う安定装置で、

歩きながら撮影したり、

激しい動きのある映像を撮ったりする場合に非常に便利です

さすがに全く手ブレが無くなるわけではないのですが、

少なくとも視聴者を苛立たせるようなブレはなくなるでしょう。

 

使い方としては肩に当てながら使ったり、

大きな錘がついていて、

カメラのバランスを取りやすくなっていたりします。

撮影方法やカメラの種類によって、

最適なスタビライザーは変わりますので、

よく調べてから買いましょう。

 

YouTubeで移動しながら撮影されている動画の多くが、

普通に手でもって撮影しているだけの手ブレの多い動画ですので、

カメラスタビライザーを使って手ブレのない

綺麗な動画を撮影するだけでも有意な差別化が出来ますね。

 

これらの固定用機材はカメラなどに比べれば遥かに安価です。

本気でYouTubeをビジネスに活用していきたいの出れば、

ぜひ自身の動画にあった固定用機材を用意しておきたいものです。