特に撮影計画を立てずに適当に撮ってみると、

やはりどうにも思ったように行かないものです。

 

適当な動画をYouTubeに上げるわけにも行きませんし、

思い通りの構図で撮影するためには予め準備が必要です。

 

外出先やセットを作って撮影するなら、

もちろん外出先のロケーションやセットに必要な機材を

用意する必要があります。

 

また、自撮りで淡々と説明するにしても、

ずっと話し続けるだけではなくて

編集でテロップや差し込み画像などを入れるはずなので、

どこにテロップを入れるのか、どこに画像が入るのか

などを意識しながら撮影しなければいけません。

 

テロップなどは、YouTubeの編集機能を使っても入れられるので、

後回しにしがちですが、顔に被せて入れるわけには行きませんよね。

 

カメラ位置固定の一回撮りであれば良いのですが、

複数の動画を繋ぎ合わせたり、

カメラのアングルを変えたりするのであれば、

予めどういう流れの動画にするのかを決めて置く必要があります。

 

動画の流れは絵コンテを使って決めておき、

実際に撮影・編集を行う際には、その絵コンテを参考にして、

立ち位置や台詞の長さ、カメラの位置などを確認していきます。

 

YouTubeに毎日動画をあげる予定なのに、

いちいちこんなもの作っていられないと言う場合でも、

漫画の四コマみたいな感じでも良いので、

どんな動画になるのかという流れ自体は

確認できるようにしておきましょう。

 

ただし、YouTubeではそもそも撮影のないような動画もあります

 

例えば、YouTubeで写真をスライドショーのようにして、

音楽を流しているだけの動画だったり、

文字と写真だけで構成されるメッセージ動画だったり、

全く動画としての構図に関係のないものもあります。

 

そう言った場合には、絵コンテや撮影計画などは必要ありませんね。

 

この撮影計画を立てるという点で一番重要なポイントは、

各々のシーンをどうやって撮るかを決める

ということです。

 

複数のシーンをつなぎあわせて動画を作る場合、

「このシーンはこう撮る」と決めて一つ一つ撮影していかないと、

撮影漏れが起こりえます。

 

そうなったら悲劇です。

もう一度時間を作って撮影する事になりますし、

大幅に動画の完成は遅れます。

 

また、一回で全てのシーンを取り切るタイプの動画でも、

最終的にはいろいろなシーンをカットした上で動画を作ります。

その時に本当に欲しいシーンが無かったでは済みません。

 

YouTuberに多い自撮りの一回撮りの場合であれば、

慣れてくればコンテの様なものを作らなくても

頭でイメージしてすぐに作れてしまうようになりますが、

なれるまではコンテを作って、計画的に撮影しましょう。