動画の撮影計画が出来たのは良いけれど、

思いの外長くなってしまった

 

長い動画はYouTube動画には禁じ手です。

そもそも見てもらいにくくなりますし、

広告の再生数を伸ばす妨げにもなります。

 

そんな時に考えられる手段は二つ。

 

一つ目は、動画を分割する。

二つ目は、そのままYouTubeに投稿する

 

基本的には分割するのが常套手段ですが、

そのまま使うという方法もあるにはあります。

 

そのまま使うのであれば、YouTubeに動画を投稿したあと

動画説明にタイムコードを入れましょう。

 

タイムコードはYouTube動画のURLの末尾に

「#t=*m*s」(*部分は数字)を入れることで作成できます。

 

例えば、再生開始から1分30秒の場面から見て欲しい時は、

“https://www.youtube.com/watch?v=abc”が動画のURLとして

「https://www.youtube.com/watch?v=abc#t=1m30s」

というリンクを作って下さい。

このリンクをクリックすることで、その時間から動画が始まります。

ある程度長い動画であれば、

数分おきに一箇所はタイムコードを作って置きたいところです。

 

とは言え、基本的にはこの方法は避けて下さい。

動画の説明をわざわざチェックする人はそれほど多くありません。

 

セミナー動画など、元々視聴者が限られているケースや

視聴した時点で目的が達成される場合は特に問題は無いのですが、

最後まで見てもらいたい場合や

次のYouTube動画に繋げたい場合には、

一つ一つの動画は短くしておく必要があります。

 

長い動画を分割することを基本にする場合は、

YouTubeに投稿した際に動画がどこで切れるのかを

予め考えながら動画の撮影・編集を行っていくのがベストです。

 

動画の切れ目はシーンの切れ目であり、

連続したシーンの中で急に動画を終わらせるわけにはいきません。

 

何が撮れるかわからないドキュメンタリー形式の場合は、

編集時に判断するしかありませんが、

予め撮影計画に沿って撮影する場合、

どこでYouTubeの動画を切るか考えながら撮影する事ができます。

 

YouTubeに上げるような短い動画でも、

長編動画の分割されたパートであっても、

次に繋がる上手い切り方と言うのは非常に重要です。

 

ドラマやテレビ番組のCM入りをイメージしてみてください。

ドラマ途中の続きが気になる場面で終わる事が普通です。

 

これはある程度CMを意識した撮影と編集がなされています。

適当に撮影して、CM用に編集しているわけではありません。

長い映画をテレビで放映する場合にも、

大幅な編集が加えられる事が普通です。

 

長編動画の分割は、一つ一つの引きを上手く用意できれば、

一つの動画で3回、4回の再生を期待出来ます。

YouTuberなど広告収入を目的に動画を投稿している場合には、

注意しておくべきポイントといえるでしょう。