YouTube動画用の映像を撮影したら、今度は編集です。

編集作業と言うと難しそうな響きがするかもしれません。

しかし、本当に必要なことは至極シンプルです。

 

それは必要なシーンと不要なシーンの切り分けです。

 

もちろん、効果音や音楽、テロップやエフェクト追加など、

YouTube動画を投稿する上で出来ることは非常に多いです。

 

ただ、音の少ない動画にBGMを追加するのはともかくとして、

テロップやエフェクトは無くても成立しますし、

見やすさという部分には影響しません。

また、却って使いすぎると、

YouTubeの視聴者を不愉快にさせることもあります。

 

とは言え、バラエティ風のYouTube動画や商品説明動画で

ポイントを強調したり、説明を追加したりするために

テロップを入れるのは有効ですし、

他のYouTube動画との差別化に

自分独自のエフェクトやテロップ使いを作ってもよいでしょう。

 

YouTuberであれば、独自のOPやEDを作って

自身のYouTubeチャンネルのブランド化を図る事がありますが、

編集の仕方でその個性を作ることも出来るのです。

 

さて、これらのYouTube動画編集を行う上で、

どんな編集ソフトを買えばよいのでしょうか?

 

編集ソフトに関しては、無料で提供されているもので十分です。

加えて、YouTube上で最低限の編集はできるようになっています。

人によっては動画編集ソフトを使わずに、

YouTube上で編集することもあるでしょう。

 

ただ、利便性は一般的な編集ソフトに劣るので、

可能な限り編集した後にYouTubeにアップロードしたいですね。

 

YouTube上での編集方法は今後詳しく説明してきますが、

編集の基本は不要シーンのカット・分割にあります。

 

編集ソフトによって微妙に方法は異なりますが、

作業としては一本に繋がった動画に区切りを入れて分割していき、

不要なシーンを削除、必要なシーンだけ残すことで編集します。

 

最も基本的な作業なので、早くなれておきましょう。

また、オリジナル動画に編集後の動画を上書きしないように

気をつけて下さい。

 

基本的には編集ソフト側で動画編集用の

データファイルを作成するのでその心配はありませんが、

不要になったシーンが必要になることもありますし、

分割やカット場所を変えたくなることもあります。

 

映像関係者からすれば常識ですが、

オリジナルの映像は基本的には無編集で残しておきましょう。

 

今回は分割・カットについての簡単な説明だけでしたが、

実は動画を分割し、並べ変えるという作業は非常に奥深いものです。

 

テレビドラマを見るとわかりますが、

テロップやエフェクトなどは殆ど使われません。

それでありながら、一つの物語を上手く切り貼りして編集し、

見応えのあるテレビ番組にしているのです。