YouTubeの動画は映像だけでなく音もつきます。

映像がメインの動画であっても、

何の音も無いと視聴者は「おや」と違和感を抱くようになります。

 

どんなYouTube動画であっても、

最低限BGMを入れるのは必須と言って良いでしょう。

こうして動画に音をつけるのも、動画編集での役目になります。

 

最初から音と映像をバラバラに収録していた場合は

言わずもがなですが、

音と映像を同時に収録していた場合は音の編集を忘れがちです。

 

基本的には音の編集で行われるのは、以下の三つ。

1.声の追加

2.効果音の追加

3.BGMの追加

 

声の追加と言うのは、いわゆるアフレコです。

YouTubeのドキュメンタリーや解説動画では、映像を撮った後に

動画の説明としてナレーションを入れる事が多くなります。

 

また、YouTubeに沢山ある実況動画などでも、

ゲームの音声と実況者の音声が別々に収録されていますので、

動画の編集時に合わせる作業が必要です。

 

二つの音が存在し、それを合わせる時に気をつけるべきことは、

音の開始視点に分かりやすい音を入れておくということです。

「はい!始まりました」や「さて!今回は・・」などがそれです。

いわゆる音合わせですが、その開始地点に合わせて、

二つの音を組み合わせられるようにしておきます。

 

 

効果音の追加では、大きな出来事のある場面などで

その出来事に合わせた効果音を挿入します。

 

この場合、音源が必要になりますが、この手の音源に関しては

ネット上に無料のものが沢山配布されている上、

有料のものがたくさん売られています。

 

YouTubeにアップロードする動画であれば、

そこまで高価な音源集は必要ありませんので、

用途に合ったものを手に入れましょう。

 

 

BGMの追加もほぼやることは効果音の追加と同じです。

場面に合わせて音楽を入れ、適宜シーンに合った音楽に変えます。

これも無料のBGM集などが沢山ありますので、

効果的に使いましょう。

気をつけなければいけないのは、

効果音とは違い勝手に使えない音楽が沢山あることです。

 

効果音でも勝手に使えないものはあるのですが、

音楽ほど厳しい規制は行われていません。

 

しかし、実際のYouTube動画には、

著作権法に抵触する音楽の使われ方をしている動画が沢山あり、

申し立てを受ければ、YouTube上から削除されてしまいます。

 

YouTube上でアクセスが集まって注目された所で、

権利の保有者に見つかって削除されることになりますので、

BGMの使い方には特に気をつけましょう。

 

以上の様に、

声、効果音、音楽の挿入が編集によって行われます。

 

そのそれぞれで、気をつけるべきことが変わってくるので、

全て頭に入れておきたいですね。