動画を作るのは良いのですが、

一つ重要なポイントを忘れてはいけません。

 

それはYouTubeが対応している動画形式です。

せっかく素晴らしい動画が作れたのに、

作った動画のファイルフォーマット(形式)が、

YouTubeに対応していなければ話になりません。

 

別にやり直しというわけではなく、変換すれば良いのですが、

時間もかかってしまいますし、二度手間です。

 

もし、ファイルをアップロードして「無効なファイル形式」と

YouTubeで表示されたら動画の拡張子をチェックして下さい。

 

まず、YouTubeが対応している動画形式の一覧は

以下の様になっています。

.MOV

.MPEG4

.AVI

.WMV

.MPEGPS

.FLV

.3GPP

.WebM

 

ずらりと並んでいますが、問題は拡張子が上の様になっていなくても大丈夫ということです。

 

というのも、上記のファイルフォーマットには多数の亜種が存在していて、動画ファイルの拡張子がぴったり来るということはあまりありません。

 

ただ、.mov .avi .wmv .flv あたりは

拡張子がそのまま来るのであまり心配はいりませんね。

 

mpeg4等の場合、mp4形式として表示されてしまうこともあり、

非常にややこしいのです。

 

YouTube動画がmp4でアップロードされている事はよくあります。

圧縮形式として優れている(容量の割には画質が良い)のは、mpegやMovですが、使い勝手が良いのはaviやflvです。

 

とはいえ、どれも一長一短ですので、

これじゃないとダメということはありません。

購入した撮影機器によって動画として出力されるファイル形式が

変わって来ますが、動画形式で機材を選ぶ必要はありません。

 

では、動画のフォーマットについて

代表的なものをいくつか簡単に説明していきます。

 

MOV形式はQuickTimeプレイヤーなどでサポートしている

アップル製品でよく使われている動画形式です。

Macユーザーなどは親しみのある形式ですね。高画質の動画などを保存するのに最適です。

 

MPEG4形式と言うのは、その圧縮率の高さと簡便さから小型端末でよく使われている形式です。デジカメや携帯でよく使われおり、実は携帯専用の動画形式と言っても良い3GPP形式というのも、一部にMPEG4を利用しています。

 

ちなみに、mp4形式と言うのは、名称は似ていていますが、指しているものが違います。mp4と言うのは、ファイルの格納形式であって、動画形式ではありません。言ってみれば、動画形式がDVDかブルーレイだというのなら、mp4はディスク形式かテープ形式と言っているようなものです。ディスク形式の動画がビデオテープのデッキに入らないのはわかりますが、それがブルーレイプレイヤーで使えるのかどうかはそれだけではわからないですよね。

 

また、フラッシュ動画であるFLVもYouTubeでは人気があります。

動画形式はかなりややこしいので、

実際はYouTubeにアップロードしてみてうまくいくかいかないか、

というところもあります。

 

あまり深く考えず、こういう形式に対応しているんだと

理解していれば良いでしょう。