YouTubeにアップロードする動画が完成したら、

今度は動画をYouTube上にアップロードしてみます。

 

全世界に動画を公開するのだからさぞ複雑な操作が

必要なのだろうと思うと、全くそんなことはありません。

 

最近ではFacebookやTwitterなどで写真や動画を

簡単に世界中に公開できる様になっていますが、

それはYouTubeでも変わりません。

 

まず、YouTubeに動画をアップロードするにはアカウントを

作る必要があります。

 

ちなみに、必要なのはGmailのアカウントです。

というのも、YouTubeはGoogleが運営するウェブサイトなので、

Googleのアカウントが必要だということです。

 

持っていないという方は、簡単に作れるので一つ作っておくと

良いかもしれません。

また、このアカウントはGoogle+というSNSでも使われるので、

ビジネスで行う予定なのであれば、

Googleのアカウントは別に作っておいた方が良いでしょう。

 

さて、Googleのアカウント作ったら今度はアップロードの画面に

行く必要があります。

当然のことながら、YouTubeのトップページは

動画視聴用のページになっているからです。

 

さて、右上に「アップロード」ボタンがあるはずので、

そこをクリックしましょう。すると、以下のような画面が現れます。

 cap001

 

この画面だけで、非常に多くの操作が可能になっています。

 

まず、画面中央の「アップロードするファイルを選択」という

部分ですが。

 

ここに、自分のパソコン上の動画をドラッグ&ドロップするだけで、

(左クリックで移動させるだけ)アップロードが開始されます。

 

その際に、「ファイルをドラッグアンドドロップします」の下にある

「公開」のチャンネルボタンを「限定公開」や「非公開」に

変更しておかないと、アップロードが完了したら

すぐに世界中にYouTube動画が公開される事になります。

 

ちなみに、アップロード中にも変更は出来ますが、

回線速度が早いとあっという間に終わってしまいます。

とは言え、「完了」ボタンを押さない限りは公開されません。

 

端末や環境によって

ドラッグ&ドロップするのが手間だという場合は、

中央の大きなアイコンをクリックすれば

ファイル選択画面が現れるので心配はありません。

 

アップロード中に画面を変更すると

アップロードが中断されてしまいますが、

アップロードが完了した後の「処理中」という場合には、

画面を変更しても問題ありません。

 

また、「アップロード中」や「処理中」に

タイトルや詳細情報を記入する事が出来ます。

 

これをやらずに「完了」ボタンを押してしまうと、

ファイル名がそのままタイトルになることになりますので、

視聴者に非常にわかりにくくなるので気をつけましょう。

 

これだけでアップロードは終わってしまします。

YouTubeでの動画公開は動画撮影に比べると遥かに簡単です。

 

ただ、アップロードする以外にも沢山機能ありますので、

次回以降にどんどん紹介していきます。