YouTubeの動画アップロードは極めて簡単で、

使い方を教わらなくても

誰でも動画をアップロードできる様になっています。

 

それこそ、YouTubeにログインして画面右上のアップロードを

クリックしたらすぐにアップロード画面が開くほどに。

 

しかし、そのアップロード画面の右枠には、

PCの中の動画をアップロードする以外にも

様々な動画アップロードを方法がある事を示唆する

メニューが存在しています。

 

それが、下記のメニュー画面です。

 003

まず、「Google+からインポート」というコマンドからご説明します。

 

Google+ってなんぞや?

という方には関係ないのですが、

Google版Facebookとでも呼ばれるSNS「Google+」を

Googleが運営していて、そこにアップロードされた動画を

YouTube側に取り込む事ができるのです。

 

Google+に投稿された動画とYouTubeの動画では

公開先の選択や検索のされ方などが全く異なるので、

自分がGoogle+にアップロードした動画を、

Google+のコミュニティ以外にも動画を見せたいという時に

使う機能になります。

 

Google+にアカウントを作っていない場合は

当然意味がありませんし、

アカウントを持っていても動画をアップロードしていないなら

これまた意味がありません。

 

ただ、Google+でアカウントを持っていて動画もあるという場合、

まずアカウントを統合する必要があります。

 

複雑な作業は必要なく、規約などに同意するだけです。

数秒で終わります。

 

ただ、二つのメールアドレスが別々の場合には注意が必要です。

統合したいYouTubeアカウントとGoogle+アカウントを設定し、

統合させる事になります。

 

基本的には同じアカウントで統合するようにしましょう。

 

そして、アカウントが統合された状態で

インポートをクリックするとGoogle+でアップロードした

動画のリストが表示されます。

この動画のリストからインポートしたい動画を選択して、

複数ある場合は全て選択した状態で「完了」ボタンを押します。

 

この時、それが全世界に公開されるものなのか、

限定的に公開されるものなのかきちんと決めておきましょう。

既にGoogleサーバーにアップロードされているものなので、

わざわざ自分のPCからアップロードする必要はありません。

 

自動的に処理が進み、YouTube上に公開されるようになっています。

 

Google+でアップロードされた動画は、

コミュニティの間では素早く共有されます。

 

YouTubeのチャンネルとは違って、写真やメッセージを含めて

幅広いコンテンツ共有能力を持つGoogle+で宣伝活動をすることも

あるかもしれません。

 

事実、YouTuberや企業の多くが

Google+にアカウントを作って情報共有を行っています。

YouTubeは動画を見る目的でしかログインしませんが、

Google+は友人や知人の近況を知るために、

かなり頻繁にログインします。

 

すると、Google+上で共有した情報や動画も

素早く確認される事になるので、スピーディな情報共有が可能です。

 

これを機にGoogle+を使ってみるのも良いかもしれませんね。