YouTubeの動画をアップロードするときに、

右枠に幾つか機能があるのをご存知ですか?

 004

「Google+から動画をインポート」

「ウェブカメラで撮影」

「写真のスライドショー」

「Google+ハングアウト オンエア」

「動画エディタ」

 

とありますね。

 

「Google+から動画をインポート」については以前ご説明しました。

 

また、

動画エディタについても語ることが多いので詳しくは語りません。

 

今回はYouTubeの「ウェブカメラで撮影」という機能について

ご紹介したいと思います。

 

ウェブカメラで撮影というのは、

YouTubeにアクセスしている端末に

ウェブカメラが搭載されていないと意味がありません。

 

ですが、

ウェブカメラが搭載してあるのなら、この機能を利用できます。

 

この機能はブラウザ側からウェブカメラを起動させ、

映像を直接YouTubeにアップロードして

公開する事ができる機能です。

 

「試しにやってみよう」と安易にノートパソコン辺りで起動すると、

ノートパソコンの前面ウェブカメラ(使用者の顔を映す)が

作動し始めます。

もちろん、その前に許可を求める画面などが表示されますが、

何も考えずクリックするとカメラが作動します。

そして、自分の顔が録画され始めるわけです。

 

そのままいきなり公開されてしまうわけではありませんが、

アップロードをクリックすると

YouTube上のサーバーに上げられて編集可能な状態になります。

そして、公開を選択すると動画が公開される事になります。

 

備え付けのウェブカメラで、

これといったアプリケーションを使わずにそのまま動画投稿が

出来るので非常に便利ではあるのですが、

如何せん機能が撮影できるものが限られています。

 

これを一体どう使えば良いのでしょう?

 

実は、これはかなり便利でよく使われている機能だったりします。

 

まず、すぐにアップロードできるので、

ニュースやその時のトピックに合わせて即座に動画を

YouTubeに公開する事ができるというのは大きな強みです。

 

また、設備らしい設備が全く要らないので、

どこにいても動画投稿が可能というのも便利な要因と言えます。

 

しかし、こんな簡易なものでアクセスが集められるのかというと、

手段は限られますが確かに方法はあります。

 

それは、メッセージを伝えたい時

ラジオ形式の語りチャンネルだった場合、

またはイベント動画の即アップロード等のケースです。

 

何か重要な出来事や思いがあり、

それを伝えたいときにはこのウェブカメラ機能で十分です。

 

また、ラジオの様に投稿者の話が面白くてユーザーが見ている

というようなケースでも、

後から簡単な編集はYouTubeでできるので

この機能だけで十分です。

 

イベントの内容をその場でアップロードしたい時にも便利ですね。

 

何よりも、そのシンプルさとスピード感が売りの機能です。

それを活かせるYouTube動画コンテンツを作れるのであれば、

これ一つで十分です。