YouTubeではハングアウトオンエア機能が提供されていて、

それを使って動画のライブ配信が可能です。

 

しかし、オンエア機能のリアルタイム配信中に表示された広告を

クリックする可能性は低く、時間あたりの収益率は低いのです。

 

そこで、このYouTubeのオンエア機能を収益に繋げるためには、

使い方を考えなくてはいけません。

 

ビジネスで企業などがこの機能を使う場合、

自社で主催するイベントの中継や製品を実際に使っている場面を

リアルタイム配信する事で

製品や会社の宣伝として使うことが出来ます。

 

企業がオンライン配信を行う強みは、

編集なしの正直な映像」というのが何よりの強みとなります。

また、「時間差なしの最新映像」であるというのも大きな強みです。

 

企業の動画と言うのは、お金を掛けて編集され、

絶対に「実物よりもよく見せている映像」だというイメージがあり、

せっかくYouTubeで素晴らしい広告動画を配信しても

全く収益に繋がらないことがあります。

 

しかし、リアルタイムのライブ映像であれば、

編集や加工のしようがないため、視聴者の信用を得られやすいです。

ちょっとしたハプニングや予想外の出来事なども

想定した上で配信するとよいでしょう。

 

それでは、YouTuberの方はどうでしょう?

 

YouTuberはYouTube上の広告によって

収益を上げるビジネスモデルを取っています。

収益率か低いと活用するメリットは少ないように思われます。

 

しかし、YouTuberもリアルタイム配信を

活用するメリットはあります。

 

「他の配信者とのコラボ」「イベント性の高い配信」で、

チャンネル登録者を増やしたり、

既に登録されたユーザーとの繋がりを強化することが出来ます。

 

ハングアウトオンエア機能の強みの一つに、

他のユーザーとのディスカッションを第三者が見ることが出来る

ということがあるからです。

 

つまり、リアルタイムのチャットや会話を配信することで、

双方のチャンネル登録者を共有することが出来るようになります。

 

また、リアルタイム配信をYouTube上に残さない。

もしくは、YouTube上で公開するまでにタイムラグを設けることで

イベント性の高い動画配信を提供する事もできるようになります。

 

基本的にターゲットはYouTubeチャンネル登録者になりますが、

こういったイベント性の高い動画を定期的に提供すれば、

登録者のチャンネル動画全体の視聴率が上がり、

広告収入に繋げやすくなるのです。

 

このように、企業にしろYouTubeにしろ、

ハングアウトオンエア機能は収益に繋げるための

一つの強いアクセントとして高い効果を発揮します。

 

基本はYouTubeでの普通の動画投稿を重ねつつ、

時折ライブ配信などを行って、

印象に残るチャンネルづくりを心がけましょう。