YouTubeにはチャンネル機能というのが付いていて、

視聴者は気に入ったチャンネルを登録して、

チャンネルの新着動画をチェックしたり、

人気の動画を探したりすることが出来るようになっています。

 

このチャンネルは、YouTubeをビジネスに活用する上で

最も重要な機能の一つです。

 

というのも、視聴者がYouTubeチャンネル登録することで

ユーザーの定期的な動画視聴が望める様になる上、

ユーザーあたりの動画視聴本数を飛躍的に伸ばすことが出来ます。

 

このYouTubeチャンネルを有効に活用する上で重要なのが、

チャンネルのコンセプトを分かりやすく提示することです。

 

と言っても、まず最初にやることは決まっています。

 

それが、YouTubeの

「チャンネルアイコンの設定」

「チャンネルアートの設定」

「チャンネル説明の設定」

「チャンネルナビゲーションの設定」

です。

 

どの設定も自身のチャンネル画面から進むのですが、

チャンネル画面に行くにはYouTubeのページ左上の

アイコンの右側をクリックしましょう。

 

すると、以下の様な画面が出てきますので、

018

 

マイチャンネル」をクリックして

自身のチャンネル画面へ進みます。

 

チャンネルアイコン」というのは、

いわゆるYouTube上のアバターのことです。

視聴者は、そのアイコンを見ることで

誰がそのチャンネルを運営しているのか

ひと目で分かるようになります。

 

014

 

上記のデフォルトのアイコンの状態ですが、

これでは味気ないですし、何よりもパッと見で

誰の動画なのかわかりにくいです。

 

 

チャンネルアート」と言うのは、

チャンネル上部に表示される帯状の背景のことです。

ウェブサイトの用語ではヘッダーとも呼ばれます。 

015

 これがデフォルトの状態です。

何も表示されていない場合、このように設定ボタンが表示されます。

クリックすると画像を選ぶ画面が出てきます。

 

ちなみに、大きさが横長なので、

普通の四角い画像などを差し込もうとしても綺麗に収まりません。

チャンネルアート用に別途画像を作成する必要があります

 

チャンネルの説明」は、そのチャンネルが

どんなチャンネルなのかを文章で説明する部分です。

チャンネル紹介の基本となります。

視聴者が興味を持って初めて読んでくれる部分なので、

丁寧に分かりやすくチャンネルについて記述する事が望ましいです。

 

チャンネルナビゲーション」とは、

チャンネルのトップページを構成する部分です。

オススメの動画や再生リストを表示し、

登録ユーザーと未登録ユーザーを区別することが出来ます。

 

非常に重要な上に、やや手間がかかりますので、

次の記事にてご説明することにしますね。