チャンネルというのは、

YouTubeで動画を投稿して視聴者に提供する上で

非常に重要な機能なのですが、

チャンネルを訪れてくれたユーザーに

自身のチャンネルを紹介するために最も重要なのが

チャンネルナビゲーション」の設定です。

 

実はこのチャンネルナビゲーションですが、

最初は基本機能しか使えない設定になっていて、

YouTubeをビジネスに繋げるユーザーにとっては

かなり物足りない仕様のままになっています。

 

チャンネルナビゲーションを自在に使いこなすためには、

チャンネルナビゲーションの一覧表示」を「有効化

しなければ行けません。

 

その方法ですが、使いやすくするためなのか、

人によっては少しわかりにくい状態になっているかもしれません。

 

チャンネルアートの下のスペースにマウスを移動させると、

下の図のようにアイコンが出現します。

 016

 これの「チャンネルナビゲーションの編集」を選ぶと

一覧ビューについての設定画面が出てきます。

 

ここから、「一覧」という部分を「有効化」しましょう。

これで、チャンネルナビゲーション一覧の編集が可能になりました。

 

既に動画を幾つか公開している場合、

画面が以下のように変わります。

 

013

 

これを見ると分かるように、

新規の訪問者向け」と「チャンネル登録者向け」の

トップ画面が選択できる様になっていることが分かりますね。

 

これは、視聴者によって別々のトップページを作れるということを

意味していて、YouTube側が自動的に訪問者を判別して

別々のチャンネルナビゲーション画面を表示してくれます。

 

その際に、

チャンネル登録者には最新の動画や話題の動画を紹介しつつ、

新規の訪問者にはチャンネルの特徴が一目で分かるような動画を

表示するというような事ができるようになっています。

 

特に、チャンネル紹介動画と言うのは特徴的で、

チャンネル未登録のユーザーがチャンネルを開くと

自動で再生が始まります

 

このため、注目度は非常に高く、

「これ」という動画をここに表示するような場合が多いです。

 

この画面上の「セクションを追加」で

様々な動画のリストを表示する事ができるので、

これを使って動画のシリーズ毎に分けた再生リストを表示したり、最近投稿した動画人気の動画のリストなど

を一覧形式でズラリと並べる事が出来るようになります。

 

チャンネルナビゲーションの設定が終わったら、

次のユーザーから見た表示」を

一般公開」と「チャンネル登録者」に順番に変更して、

表示を確認しておきましょう。

 

一般公開」は新規の訪問ユーザー向けのトップページが表示され、

「チャンネル登録者」は登録者向けのトップページが表示されます。

 

所有者用の表示で見ているものとは全く違うものになりますので、

必ず確認しておきましょう。