YouTubeでチャンネルを複数作れるというのはご存知でしたか?

 

と言うより、最初にYouTubeでチャンネルを作った時の

チャンネル名はGoogleアカウントを作った際に入力した

アカウント名のままになっているのです。

 

これは変更が出来るものなのですが、

基本的にはGoogle+のアカウントと連動しているため、

人名として姓名で入力する縛りがついています。

 

そこで、YouTube専用のチャンネルを作って、

必要があればそのチャンネルを

メインのYouTubeチャンネルやGoogle+のアカウントと

関連付ける形になります。

 

また、企業にせよYouTuberにせよ、

本格的に動画投稿を続けていくのであればチャンネルの使い分けは

重要になってきます。

 

まず、チャンネルの作り方からご説明しましょう。

 

チャンネルを作るにはYouTubeの設定画面に入る必要があります。

設定画面はYouTubeのページ右上の歯車のアイコンから入ります。

 

019

 

そして、設定画面の下の方にある

チャンネルを全て表示するか、新しいチャンネルを作成する

をクリックします。

 

すると、チャンネル一覧の中に「新しいチャンネル」という

項目が現れるので、

そこをクリックして新しいチャンネルを作ります。

020

 

新しく作るチャンネルには姓名の縛りが無いので、

比較的自由にチャンネル名を設定できるようになります。

 

各々のチャンネルにGoogle+のプロフィールが割り当てられるので、

どんな人がアクセスしてきても良いように簡単にプロフィールを

作り、各種チャンネルへのリンクを張っておくと良いでしょう。

 

Google+とYouTubeチャンネルのユーザー層は異なっており、

関係のあるチャンネルやプロフィールをリンクで繋げ、

幅広いユーザー層へのアクセスを残すことは大切です。

 

チャンネルの作り分けを考える場合、

最も考えなければならないのはユーザー層の違いです。

 

例えば、バラエティ動画とゲーム解説動画では

ユーザー層が微妙に異なりますし、

家電製品と美容製品の紹介動画ではユーザー層が大きく異なります。

 

仮にこれらの動画を同じチャンネルで配信してしまうと、

ユーザーからすると、そのチャンネルは

必要な動画以外にも不要な動画も投稿されるチャンネル

という認識になります。

 

そうなると、ユーザーはチャンネル登録を躊躇ってしまいますし、

登録しても、時には登録を解除してしまうかもしれません。

 

ユーザーの需要にあったチャンネルを作り、

チャンネルにあった動画を投稿し続ける事で、

チャンネルの登録者数を拡大する事ができるのです。

 

また、チャンネル間の横断性も考え、

おすすめのチャンネル」などに自身が公開している

全てのチャンネルを掲載できるようにもしておきましょう。