YouTuberにとって、

YouTubeの広告は収益を上げるための生命線となります。

 

そのため、広告の種類やどの広告がどの時点で

収益を上げられるのかを理解する事は大切です。

 

まず、YouTubeの広告には4つの種類があると覚えておきましょう。

 

ディスプレイ広告

オーバーレイ広告

スキップ可能な動画広告(TrueViewインストリーム広告)」

スキップ不可な動画広告

 

ディスプレイ広告」と言うのは、

一般的なウェブサイトの広告と動揺に、

YouTubeのウェブサイトの右上に表示されている広告です。

動画とは関係のない場所に表示され、

動画の再生開始から最後まで表示され続け、消す事も出来ません。

クリックした際に収益が発生しますが、

視聴者の大半が動画に集中しているので、

収益にはつながらない事が多いです。

 

オーバーレイ広告」と言うのは、

再生中の動画の下側に動画に重なる様に表示される方式です。

視聴者は✕ボタンを押して削除することが出来ます。

これもクリックした際に初めて収益が発生するのですが、

ディスプレイ広告と違って動画に重なる形で表示されるため、

視聴者は必ず注目しますし、✕ボタンの押し間違えで

広告ページに飛んでしまうことも多く、

クリック率はディスプレイ広告よりは高めです。

 

スキップ可能な動画広告」と言うのは、

投稿者の動画が再生される前に表示される広告です。

全ての視聴者が最低5秒間は視聴しなければなりませんが、

5秒後にスキップする事ができます。

スキップせずに30秒(もしくは広告終了まで)再生することで

収益が発生するので、視聴者が広告をクリックしなくても

収益が発生する広告形態ということになります。

広告主は広告を見てもらうために面白い動画広告を作っていますし、

何よりもクリックするのが面倒なユーザーは

スキップをクリックせずに最後まで再生する傾向が強いです。

そのため、収益発生率はかなり高い傾向にあります。

 

スキップ不可な動画広告」と言うのは、

基本的にはスキップ可能な動画広告と同じように

投稿者の動画が再生される前に再生される動画になるのですが、

視聴者はこの動画広告をスキップする事ができません

また、収益は動画の再生終了と同時に発生するので、

投稿者の動画が再生されれば

必ず収益に繋がる広告ということになります。

ただし、広告を見るのが嫌で投稿者の動画を見ずに

ページを変えてしまうケースも多く、

そうなった場合、チャンネル登録や他の動画の視聴に繋がりません。

ハイリスク・ハイリターンな形式という事もできます。

また、この形式はデフォルトではオフになっており、

投稿者が独自に設定しなければ表示されるようにはなりません

 

投稿者が操作できる設定は限られていますが、

YouTuberであればこの仕組みは理解しておくべきでしょう。