YouTube動画で収益を上げる方法は、

何も「面白い動画を作って広告を出す」だけではありません。

 

YouTubeを使って

動画そのもので商品の宣伝をする」ことだって出来るのです。

 

会社のマーケティング担当者が広告動画を作ってみたり、

動画制作のプロが企業の依頼を受けて動画を作ることもあります。

 

こういった動画の内容そのものに商品の宣伝が含まれるような場合、その動画は、YouTubeにおいて

プロダクトプレースメントを含む動画」という事になるのです。

 

こういった動画で広告表示機能を利用する場合、

YouTube側に報告する必要があります

 

012

 

この時点で違和感を持つ方もるかもしれませんが、

実際、「動画そのものが宣伝」である動画

「他の広告を入れる理由」なんて本当は無いのです。

言ってみれば、CM中に別のCMが流れるようなものです。

 

ただ、動画の本編全てが広告ではなく、

動画の一部に広告的な要素を含んでいる場合や

広告的な要素が副次的なものであり、

基本的には視聴して楽しむ動画である場合は別です。

 

しかし、ここで問題になるのが、

YouTubeにお金を払って広告を載せている広告主」です。

 

自分の広告が

競合する他の製品を宣伝する動画に載っていたら大変です。

 

提供している広告が素晴らしいもので、むしろ競合製品と比べて

よく見えるのであれば良いのですが、

普通に考えて長時間を自由に使えるYouTube動画本編の方が

宣伝コンテンツとしては充実しているはずです。

 

そのため、多くの場合競合他社の動画に自社の広告が載った場合、

却って自社製品のイメージダウンに繋がってしまうことがあります。

 

これを防ぐのが、「有料プロダクトプレースメントの報告」です。

有料プロダクトプレースメントと言うのは、

お金をもらって宣伝しているということ。

 

なぜ、有料かどうかが問題になるかというと、

個人が良いと思って勝手に宣伝していることに対しては

YouTubeとしては干渉しにくいということと、

それまで含めると定義の幅がかなり広がってしまうからです。

 

では、この有料プロダクトプレースメントの項目を有効化すると

どうなるのでしょうか?

 

一つ目は、「YouTubeの監査が入る」ということ。

YouTube上で宣伝を行う場合には様々な規約があります。

 

動画のコンテンツとして宣伝するのは良いのですが、

YouTubeの広告を差し置いて、

自分が契約した第三者の「広告を載せる事」は許されていません。

YouTubeとしては規約違反に対して罰則や指導を行う必要があり、

プロダクトプレースメントの設定をせずに利用した場合、

悪質な行為とみなされて罰則が重くなることがあります。

 

二つ目は、「競合しない広告が載るようになる」ということ。

これについての利点は上述のとおりです。

 

あまり一般ユーザーが使うものではありませんが、

そういう機能があるということは覚えておいて損はないですね。