今では当たり前の用にYouTubeに動画を投稿して

広告収入を貰えるようになっていますが、

どういう仕組みで投稿者が広告を貰っているのでしょうか?

 

知っている人は知っている当たり前のことかもしれませんが、

YouTubeの運営の歴史も含めて簡単にご説明いたします。

 

YouTubeがGoogleによって運営されるようになって久しいですが、

実は、YouTubeと言うのは

創設以来かなり長いこと赤字が続いていました。

 

というのも、大量の動画を各ユーザーに待ち時間なく提供するには、

サーバーの処理速度はもちろんのこと、

優秀なエンジニアを使って、絶え間なくYouTubeのアップデートや

メンテナンスを行っていく必要があったからです。

 

さらに、YouTubeは動画投稿サイトですので

必要になるサーバーの容量も馬鹿にならず、

運営費用が膨れ上がっていくばかりでした。

 

運営者は何とか収益を確保し続けようとしたものの目処がたたず、

YouTubeはGoogleに買収される事になります。

 

Google検索サイトの大手ですが、

収益の大半は広告収入によって得ています。

当然の用に、YouTubeにも広告を掲載するようになります。

 

YouTubeやGoogleは世界中から何億人というユーザー

アクセスしているため、YouTube動画に企業の広告が載れば、

その広告効果は計り知れません。

 

そこで、企業は多額の広告報酬をGoogleに支払って

広告を載せてもらうようになります。

 

基本的には、YouTuberやパートナーシップに登録したユーザーが

得ている広告から得ている収益は、

企業がGoogleに支払った広告掲載料の一部」です。

 

しかし、何故わざわざYouTubeは自分たちに支払われている

広告掲載料をユーザーに分け与えたりするのでしょうか?

 

そこには、YouTube動画の質の向上という重要な目的がありました。

 

当初は皆好き勝手に動画を投稿しているだけでしたが、

それではYouTubeの動画の質は上がりませんし、

何よりも「違法動画に広告が載る」様な事態も発生していたため、

YouTubeに広告を載せてもらう行為に二の足を踏む企業も

多かったのです。

 

しかし、YouTubeとGoogleの審査に合格したユーザーなど

一般ユーザーにもパートナーシップを開放し始めると、

収益を得るために、規約を順守した高品質の動画」が

一般ユーザーからも投稿されるようになり、

動画の品質やYouTubeの視聴者層が拡大するようになります。

 

チャンネル機能を拡張することで、

次第にYouTubeというのがTVなどのメディアに置き換わるような

形に変化してくるようになってきたのです。

 

つまり、YouTubeが広告掲載料の一部を投稿者に支払うことで、

YouTubeの動画が健全化され、質が向上し、投稿者が増え、

インターネットメディアとして独自の立ち位置を形成することが

出来るようになったのです。

 

広告掲載料の一部をユーザーに分配しているのは、

当たり前と言ってしまえばそれまでですが、

決してYouTubeの厚意などではなかったのですね。