YouTubeには再生リストという動画分類機能があるのですが、

音楽プレイヤーのプレイリストのようなものなのですが、

これが非常に便利です。

 

音楽動画をまとめてアップロードして、

アーティスト別やアルバム別に再生リストを作れば、

「あのアーティストの曲が聞きたい」

「あのアルバムの曲が聞きたい」という時に、

簡単に再生を始められますよね。

 

この使い方はまさしく音楽プレイヤーのプレイリストとしての

使い方なのですが、YouTube動画の場合は

更に幅広い使い方が出来るようになります。

 

まずはYouTubeの再生リストの設定の仕方を

簡単に使い方を説明しましょう。

 

方法は大きく分けて二通り。

動画を選んで、動画が属する再生リスト設定する

再生リストを選んで、リストに含まれる動画を設定する

 

要は、動画から再生リストを選ぶか、

再生リストから動画を選ぶかの違いです。

 

動画から再生リストを選ぶ」場合、

まずはYouTubeのクリエイターツールに入り、

動画の管理ページで「動画」を選択し、

リストの中から動画を一つ選択する事になります。

そして、動画の基本情報設定画面から再生リストをクリックし、

その動画がどの再生リストに入るのかを

チェックボックスにチェックをいれて選択」するのです。

 

どういうことかというと、

一つの動画が複数の再生リストに入ることもあるため、

新しく追加した動画や、再生リストに設定し忘れた

動画を再生リストに追加する時はこの方法が効率良いでしょう。

 

一方、「再生リストから動画を選ぶ」場合、

動画の管理ページから、「再生リスト」を選び、

表示された再生リストの一覧の中から編集したい再生リストを

クリックします。

 

そうすると、再生リストの設定画面が開きます。

動画の追加を選ぶと動画一覧が表示されるので、

作った再生リストに入れたい動画を選択していき、

動画の追加を選びます。

 

また、再生リストの設定も便利です。

ベーシック」のタブでは、

再生リストを他の人が見られるようにするかどうかの設定が

出来ますし、並び替えのポリシーも設定できます。

 

並び替えを公開日付(新しい順)のようにすれば、

新しい動画が上に来るようになりますし、

公開日付(古い順)のようにすれば、シリーズ動画の1番から

順番に並べられるようになります。

 

また、手動設定で並べ替えられるようにすると

独自の再生リストの再生順が作れますね。

 

埋め込み許可というのは、

ウェブサイトに再生リストそのものを埋め込めるようにする

どうか設定、

可能にするとウェブサイトに再生リストそのものが並びます。

 

YouTubeを開かずに再生リストが再生されるので、

独自の構成で動画を見て欲しいという時には便利です。

 

次回は、自動的に再生リストに動画が追加される機能について

ご説明します。