YouTubeの再生リストの自動追加機能はとても便利なのですが、

使い方に少々コツがあります。

 

タイトル、説明、タグに特定の語句を含むYouTube動画を

リスト化するのですが、自動化していることを忘れて適当に

タイトルや説明を書くと再生リストに入れるつもりのなかった

動画が再生リストに入ってしまうような事も起こります。

 

そこで、再生リストを自動化設定する場合の

キーワードの選び方を簡単にご説明します。

 

YouTubeの動画でそんな面倒な事しないという人でも、

やり方次第ではSEO対策にもなりますので、

合わせて上手く使って行けると作業の効率が上がります。

 

まず、明確なシリーズものであればタイトル指定で良いでしょう。

ゲーム実況や続き物のYouTube動画であれば、

【】や『』などの記号を使って、

【マリオカート】という記号まで含めたキーワード指定を

することで、再生リストに追加することが出来ます。

 

問題は、明確にシリーズものではない

動画を再生リスト化する場合です。

 

その場合、

タグかYouTube動画説明にキーワード挿入する形になるでしょう。

例えば、

「可愛い動物シリーズ」という再生リストを作りたい場合、

最も簡単なのが、

タグに「可愛い動物シリーズ」を作ってしまうことです。

 

それ以降、動画のタグに可愛い動物シリーズを入れるだけで

分類されるようになります。

複数の再生リストに動画を入れたい場合、

その分だけタグを新造することになりますね。

 

タグを新造する方法は、

ピンポイントにそのシリーズを探している人には

確実で分かりやすいのですが、

複数の検索単語からヒットさせるSEO的な応用は難しいでしょう。

 

よく使われるのは動画説明にキーワードを入れるやり方です。

動画説明の最初の数行は検索時に動画の説明として表示されるので、

再生リストやSEOというよりもユーザーの目を意識した

説明にすると良いですね。

 

再生リストやSEO向けのキーワードは、

YouTube動画説明の下の方に記載し、

「可愛い、動物」のように記載するとよいでしょう。

 

ただ、説明に追加するやり方は汎用性が高いのですが、

やや確実性に欠けるので、おすすめは出来ません。

 

基本的には、タイトルやタグを中心に

YouTubeの再生リストの自動化をしましょう。

 

何らかの拍子に誤って動画がリストに追加されていた場合、

動画をリストから削除すれば(動画自体は削除されません)、

リストからはちゃんと消えるので心配ありません。

 

YouTubeの再生リストへの自動追加は

動画がアップロードされた直後」だけ有効なので、

勝手に条件に当てはまる動画が

検索されて追加されることはありません。

 

追加漏れがあれば手動で追加できますし、

誤りがあれば問題無く削除できます。

 

自動化した後も、時折チェックしておくと良いですね。