YouTubeの再生リストは非常に便利な機能です。この再生リストの機能はYouTubeの配信者だけではなく、視聴者も使える機能で、

視聴者が独自のお気に入りの再生リストを作り、

それを公開した上で

様々な人とリストを共有することも出来るようになっています。

 

例えば、

お気に入りのミュージシャンの曲を一つのリストに集めてみたり、

アニメや映画に関連のある曲や動画をリストにすることもあります。

また、俳優や女優の出てくるシーンの動画をリストにする

ということもあるかもしれません。

 

何にせよ、Youtube動画を「まとめる」という意味で、

再生リストは非常に重要なツールなのです。

 

視聴者が独自に分類した再生リストを共有するというのも

便利な使い方ではありますが、配信者にとって再生リストは

それ以上に重要な存在です。

 

まず、Youtubeの再生リストは

チャンネルのトップページに動画を並べる際に

再生リスト毎にセクションを作って表示する事ができるように

なっていますので、人気のシリーズをチャンネル前面に出して、

自分の気に入るコンテンツがあるかどうかの判断をしやすいように

なっているのです。

 

問題は、再生リストに入れる動画をどのように分けていくかです。

 

「Call of Duty実況動画」とか「BioHazard実況動画」であれば、

ゲームタイトル別に動画をまとめるのは簡単です。

 

また、「沖縄旅行記」のように、イベントや場所でまとめるという

のも一つの手です。

 

しかし、あくまで動画を「コンテンツ」だけで分類するというのは、

Youtubeの再生リストの効果的な使い方ではありません。

 

再生リストには、「オススメ動画」など、

コンテンツ的には全く関連性のないYoutube動画をリスト化して

まとめてしまうことも出来るのです。

 

「そういう使い方で良いのだろうか?」と思うかもしれませんが、

YouTube側が推奨している使い方でもあり、

多くのYouTuberが実践しています。

 

例えば、「人気の動画」という再生リストに、

再生数の多いYouTube動画をたくさん詰めておけば、

視聴者は話題の動画を手早く見る事ができます。

 

また、再生リストのサムネイルは適当に選ばず、

目立つサムネイルを選んで行くようにしましょう。

場合によっては、大きな文字が入っていても良いです。

人気の動画リストであれば、「人気」と大きく書いてあれば、

それがどんなリストなのかひと目でわかります。

 

また、長編シリーズや、タイトルや再生リストの概要説明だけでは

わかりにくいような再生リストにはプレビュー動画を入れるのも

一つの手です。

 

短いPV動画を使って、再生リストの内容を説明すれば、

視聴者はその再生リストが自分の見たいリストなのかどうかが

簡単にわかるようになりますね。