せっかく綺麗に再生リストを分けて動画を追加していっても、

再生リストの存在に気づいてもらえなければ何の意味もありません。

 

そこで、YouTube動画をまとめた再生リストの存在を気づいて

貰えるようにするための工夫が必要になってくるのです。

 

再生リストをYouTubeの視聴者に見てもらうために、

最も有効な方法の一つがチャンネルの活用です。

 

YouTubeチャンネルのトップページには、

再生リストを掲載できるセクションがありますし、

チャンネル内の再生リストを一括表示できる

再生リスト専用のページもあります。

つまり、再生リストへ続くリンクが

最も多く配置されているのがチャンネルなのです。

 

また、ユーザーがチャンネル登録してくれれば、

YouTubeのフィードを通じて毎回の様に動画が投稿されますし、

新しく投稿される動画を見る度に、その動画が属する再生リストが

注目されるようになるのです。

 

さらに、一つのYouTube動画を複数の再生リストに

またがって追加するというのも非常に有効です。

 

例えば、オススメ動画の再生リストから再生された動画が

面白いと感じたYouTubeの視聴者が最も面白い動画を探すために、

動画が属するシリーズの再生リストの視聴を始める事があります。

つまり、オススメ動画の再生リストから、

別の再生リストへ繋げる事が出来るのです。

 

また、再生リストを再生している際に動画に追加されたコメントは、

再生リストに関連付けられるので、コメントを見て訪れた視聴者は

必然的に再生リスト通じて動画を再生する事になります。

 

加えて、YouTubeには共有用のリンクを生成する機能がありますが、

この共有用のリンクには再生リストを含んだリンクが生成されます。

つまり、再生リストを再生中に共有でリンクを作ると、

リンクをクリックした人は再生リストと共に

動画を再生することになるので、続けて動画を視聴してもらえます。

 

テクニックとして活用していきたいものの一つが、

YouTube動画に再生リストのリンクを埋め込むという手法です。

 

オススメ動画の再生リストやシリーズ別の再生リストなどを

動画の最後にアノテーションなどを使って挿入すれば、

どんな経路でその動画にアクセスしたとしても、

再生リストの存在に気づいてもらうことが出来ます。

 

EDなどに定型の映像を使っている場合、

定型の映像に再生リストや別の動画へのリンクを挿入できるような

スペースを予め用意し、

適宜必要なリンクを挿入できるようにします。

 

総括すると、YouTubeで再生リストを

視聴者に見てもらうための方法は大きく分けて、

「チャンネルの活用」

「複数の再生リストへの追加」

「コメントや共有リンクの活用」

「リンクの動画埋め込み」

 

があるということです。