YouTubeには多彩な動画編集機能が搭載されていて、

設定できる項目も多岐に渡っています。

その各種機能の設定について、見てすぐ分かるものもあれば、

わからない物もあるので、解説していきたいと思います。

 

まずは、「情報と設定」の「基本情報」の項目から

ご説明していきましょう。

 

YouTubeの動画管理画面から、動画の編集をすると

「情報と設定」のタブが開かれて表示されるはずです。

 

そして、まず始めに表示されるのが「基本情報」の項目です。

 

022

 

基本情報画面で入力する情報は、

YouTubeの動画再生画面で表示される

「タイトル」「説明」「タグ」に加えて、

公開・限定公開・非公開の設定、

再生リストへの追加設定などになります。

 

また、非公開や限定公開の場合は動画の情報を通知する相手を

指定する事もできます。

 

公開する場合や日付指定で公開する場合にも

追加で日付を入力する項目が出来たり、

SNSでYouTube投稿を通知する項目も増えるようになります。

 

入力する項目はそれほどありませんが、

これらの項目は全て非常に重要な設定になります。

 

タイトル」は言わずもがな。

YouTubeの検索に引っかかるかどうかを左右しますし、

検索結果や関連動画として別の動画の脇に表示された後にも、

このタイトルで視聴者は動画を見るかどうかを決定します。

キーワードやターゲットを考慮したタイトル付を心掛けましょう。

 

説明」欄も視聴者が様々な情報を得る重要な要素です。

自分のホームページを持っていたり、

動画内で商品の宣伝を行っていたり、

動画の補足説明が必要であったり、

非常に様々な場面で様々な内容を記載する場所になります。

 

特に自分のホームページや関連サイトのリンクについては、

全ての動画に記載するつもりでテンプレート化して

すぐに記載出来るようにすると効率が良いですね。

 

次に軽視しがちなのが「タグ」です。

タイトルに載せられない動画の要素をタグとして、

入力しておけば幅広い検索結果に参照される用になりますし、

よく使われるタグを入力しておけば、

他のYouTube動画の関連動画として表示される事も多くなります。

 

「だったら沢山いれよう」と沢山入れてしまうと、

動画の傾向をYouTubeに伝えにくくなってしまい、

他の動画が代わりに上位に表示される事になります。

つまり、タグを増やしすぎると検索キーワードなどとの関連性が

薄くなり、上位表示が難しくなるのです。

とは言え、複数の検索キーワードで検索される場合には、

タグが多いほうが結果に残り安くなって有利なので、

何事も使い分けが肝心です。

 

基本情報の中でも特に重要なのがその三点ですが、

次の記事では、YouTube動画の公開設定やSNS連携、

再生リストの設定方法についても

簡単に触れていきたいと思います。