YouTube動画において、

基本情報設定の項目は全て非常に重要なものですが、

大半のユーザーが「タイトル」「説明」「タグ」だけを設定したら

それで終わりにしていることが多いようです。

 

今回は、YouTube動画設定にある

スケジュール設定済み」設定の活用法についてご説明します。

 

 024

 

上記の画像のこの部分になります。

 

まず、スケジュール公開というのは

指定された時間に動画が公開されるようになる機能です。

限定公開の場合には使えない機能になるのですが、

公開時間を指定すると言うのは非常に利便性が高いです。

 

不定期投稿の投稿者の場合にはあまり使わないかも知れませんが、

定期投稿を謳っているYouTubeチャンネルの場合、必須の機能です。

 

というのも定期投稿の売りは、動画が毎日投稿されるために、

毎日アクセスする習慣付けをさせられるという点にあり、

視聴者が毎日アクセスしてくれた時に

新しい動画が投稿されていなければならないのです。

 

しかし、毎日アクセスしても

「YouTubeに動画が投稿されていたりいなかったりする」と

視聴者は本当に投稿されているのかわからなくなりますし、

何よりも毎日アクセスする習慣がなくなってしまします。

 

そこで、「毎日午後6時投稿」というふうにすれば、

毎日午後6時以降に

視聴者がYouTubeを確認する習慣がつくようになります。

 

とは言え、毎日午後6時にPCの前に待機して

YouTubeにアップロードするのも大変ですし、予定があるので

アップロード出来ませんでは視聴者は納得してくれません。

 

そこで、日付指定の公開という手法を取ります。

全ての動画で時間指定投稿するようにすれば、

アップロードの時間はいつでも良くなり、

時間のあるときにまとめてアップロードしておけば、

忙しくてアップロードし忘れるということもありません。

 

手慣れたYouTuberであれば、数日分のストックを作っておいて、

時事的なトピックがあれば日付を入れ替えてスケジュール公開

するというやり方も出来ますね。

 

もし投稿する順番が決まっているのであれば、

非公開のままにしておいて、日付が確定したものから

スケジュール公開するというのもアリでしょう。

 

このように、「スケジュール設定済み」という設定を使えば、

YouTube視聴者に分かりやすい投稿ペースを作ることが出来ます。

仮に毎日投稿するつもりが無いユーザーだったとしても、

ある程度の定期性は確保するのが好ましいです。

 

朝の6時でも、昼の12時でも、夕方5時でも良いですし、

平日のみでも、月水金でも良いので

視聴者にいつ来て欲しいのかを分かりやすいように

YouTubeのチャンネルを作っていきましょう。