YouTube動画の基本情報設定に、

再生リストに追加」や「動画にメッセージを追加する

という機能がついているかと思います。

 

人によってはこの機能を一度も使った事が無い

という人もいるかもしれません。

 

実際、YouTubeチャンネルの傾向や方針によっては全く使わずに

投稿し続けられるような事も多いです。

 

しかし、上手く使いこなせればユーザーへのアプローチ

チャンネル作りの幅が広がる事になりますので、

使い方は簡単に覚えておくと良いかもしれません。

 

まず、再生リストに追加では、

既存、もしくは新規の再生リストに新しく投稿する動画を

追加することができるようになります。

 

再生リストに動画を追加することの重要性については

ここでわざわざ言うまでも無いかもしれませんが、

それを動画投稿時にやっておければ作業効率は上がります。

 

また、YouTubeに時間指定による定期投稿を行っている場合、

投稿直後にチャンネルを訪れるユーザーも少なくないはずで、

そう言ったユーザーに「この動画が何の再生リストに属しているか

を分かりやすくしておくというのは、大切なことでしょう。

 

 

次に、メッセージを追加する機能についてです。

このメッセージというのは、

基本的にはチャンネル視聴者向けのメッセージなので、

それ以外の一般視聴者がメッセージを見ることはありません。

 

どういうところに表示されるかというと、

ユーザーの登録チャンネル上に表示される最新動画のリストに

動画説明には無いメッセージが載るようになるのです。

 

ただ、実際にはYouTubeの動画説明に記述すれば良いことなので、

あまりこの機能を使っている投稿者はいないのですが、

活用方法は色々あるので面白い機能ではあります。

 

例えば、YouTubeの動画説明に

動画とは無関係な情報を載せることは出来ませんが、

メッセージには動画と無関係な内容でも載せることが出来ます

 

また、多くの場合、登録チャンネルの新着動画投稿リストなどに

掲載されるメッセージになるので、

動画説明とは違って、時系列順に読まれる事が多いです。

 

そのため、近況報告のようなものを動画投稿と一緒に

メッセージとして送付する事が出来るので、

メッセージ機能を通じてYouTubeの視聴者との距離感を

縮めることができるようになるでしょう。

 

また、Twitterのアカウント情報を入力することで、

このメッセージと一緒にTwitterやGoogle+に新着動画情報を

載せるようにする設定も可能です。

 

これはつまり、YouTubeそのものをSNSの一部として

活用することが出来るということを意味します。

 

あまり使われない機能ではありますが、

上手く使えれば他のチャンネルとの差別化が出来るかも知れません。