YouTube講座の設定編では、

各種設定について順番に説明してきました。

 

今回は、YouTube動画の「配信オプション

についての設定についての説明です。

 

YouTubeの配信オプションには、

埋め込みを許可」と「チャンネル登録者に通知

という項目があります。

 

埋め込み許可と言うのは、YouTube動画を

別のウェブサイトに埋め込んで再生できるかどうか

という設定になります。

 

埋め込み動画の場合、動画広告が表示されなくなる事があるため、

埋め込み動画が中心に再生されると、収益に影響する事があります。

自分でウェブサイトなどを持っておらず、

埋め込み動画を殆ど使っていないような場合は

チェックボックスを外して不許可にするのもアリですね。

 

ただ、やはり埋め込み動画はYouTubeの外にあるウェブサイトに

設置されるものなので、チャンネルや他の動画への入り口にもなり、

基本的には許可しておきたい設定です。

 

特にアクセス数の多い人気ブログサイトなどに

動画が埋め込まれた場合、埋め込み動画から流入する

視聴者の数は計り知れません。

 

YouTubeの広告収入がメインでなければ、

当然有効にするのが当たり前ですし、広告収入を得ている人でも

埋め込み動画を不許可にして得られる収益と

許可した結果得られるアクセスによる収益を考えれば、

許可しておく方がメリットは大きいです。

 

また、「チャンネル登録者への通知」と言うのは、

YouTubeチャンネルの登録者フィードに通知するかどうか

という設定になります。

 

いち早くチャンネル登録者にYouTube動画の投稿を通知するには

必須の設定です。チャンネル登録者によっては、

新着動画が通知されるからこそチャンネル登録している

という人もいるでしょう。

 

もちろん、このチェックボックスはオンにするべきなのですが、

チャンネルのメインコンテンツではない場合は通知しない方が

良いということもあります。

 

例えば、その動画がプレビュー用動画、埋め込み用動画、

または未登録者向けの紹介動画の場合、

YouTubeの新着動画リストに載せられたとしても、

それはチャンネル登録者にとっては不要な動画です。

 

そう言った動画が通知されてしまうと、

登録者は不要な動画が投稿されていると感じ、

チャンネル離れを引き起こしてしまいます。

 

チャンネル登録者への通知は大切ですが、メインコンテンツと

紹介用コンテンツは明確に区別するべきですね。

 

これらのオプションはどちらもデフォルトはオンになっています。

 

また、多くの動画でオンのまま変更してなくても良い設定です。

ただし、これらの効果をきちんと理解してオンにするのと、

最初からオンになっているからオンにしておくのでは話が違います。

 

きちんと設定を理解して使うようにしたいですね。